初めてのデンバー

  • 2018.12.17 Monday
  • 21:44
オーバーブッキングの恐怖にさらされた出発だったが、ユナイテッドのデンバー行きは 無事に離陸。

満席のはずが 隣の席は無人というなんとも狐につままれたようなラッキーに恵まれて始まった旅。

飛行時間は2時間強。

窓越しに見える広大な砂漠にアメリカ大陸の大きさを改めて感じる。






しばらくすると ロッキー山脈がうねうねと続くのが見える。
そして、思い出した。
「ロッキー山脈はアメリカの背骨」というフレーズ。
確かに、と納得の景色。


そうこうしているうちに デンバーへと降下が始まる。

どんなとこかな?
のどかな田舎町に違いない。
きっと 畑しかないんじゃないの? と、勝手に想像を膨らませる。

だんだん地上が近くなる。

と、住宅密集地も見受けられる。
が、やはりロサンゼルスに比べるとだいぶゆとりがありそうだとわかる。

飛行場の周りには建物がない。季節的にも冬だから 草木は枯れている。
なんか田舎だぞ!

ロサンゼルスの喧騒からはほど遠いなあ。田舎かも。
なんだかすごく広々している。

無事にランディングして 駐機場に到着。

機体が止まると 乗客たちは、順番に飛行機の外へ。

出かける前に、どのくらい寒いのか娘に聞くと、
「寒いよー!家の中は暖かいけど」
との返事。
寒いんだろうなあと警戒しつつ 、普段のオレンジカウンティでは 全く用のないダウンのコートを着込み いざ、外へ。

機外の空気 やっぱ、冷たい!
寒い!どんだけ〜。
なーーんて思いながら 到着ゲートを出る。

さあて これからどっちへ行ったら良いのやら?

とりあえず、バゲージクレーム(預けたスーツケースの受け取り場所)の表示に従って歩く。

デンバーは アメリカで一番大きな飛行場と聞いている。
果たして荷物を無事に受け取って娘に会えるのか?

しばらく歩くと バゲージクレームの矢印は エスカレーターで下に降りると出る。

素直にエスカレーターを降りると電車(モノレール?)のホームへ。

乗るの?電車に?
わけがわからない!

けど、バゲージクレームへというのをたどってここに来たから乗るしかないよね。

で、ちょっと待つと 直ぐに電車が来る。 どうやら電車は、地下を走っているらしい。

乗り込むと 自分が到着したのがゲイトBで 電車は ゲイトCからAとターミナルを繋いでいると分かる。

きっとバゲージクレームはターミナルにあるのだろう。

と考えているうちに 電車はターミナルに到着。
電車を降り 又しても巨大なエスカレーターで上の方へ。

ロサンゼルス空港も大きくて迷子になりそうだが それ以上だ。
キョロキョロ見回しながら進む。

娘と会うためにはまずは、荷物を取らなくては。
それからどこかで待ち合わせだろうなあ。

さてさて、ジョンウェイン からの荷物はこの広大なターミナルのどこに出てくるのか?

感を頼りに 進む。
と、スーツケースがレールに乗って運ばれてくるあのお馴染みの場所に出る。
よっしゃあ!
あれかな?
でも、空っぽだなあ。
マンモス空港で 大丈夫か?私は。

と、ちょっと不安になりつつ。。。
が、その日の私は ついていた。

空っぽのバゲージクレームから次のマシンの方へと目を移すと ちょうど自分のスーツケースがレールに乗って運ばれているのが見える。

やったあ!荷物ゲット!

そして 娘に電話をする。
「荷物も取れたよ。どこに行ったら良いの?」
と。


すると、次の瞬間、なんと彼女がそこに。
彼女は 私が迷子になるに違いないと踏んで そこまで迎えに来てくれていた。

あはは!
こんなこともあるのね。
超ラッキー!

ということで 、デンバーという巨大空港を難なく通り抜け なんともスムーズに 娘に会えて びっくりぽん。

数分後には、娘の運転する車に乗って 彼女の新居へと 夕暮れのデンバーを走り抜けていた。。。


続く

デンバーへ(恐怖!オーバーブッキング)

  • 2018.12.16 Sunday
  • 22:11
昨日からデンバーへ来ている。

10月に 次女が 北カリフォルニアからこの地に引っ越したので
クリスマス前に 陣中見舞いというか 様子を見に来たのだ。

アメリカ生活24年目だが アメリカ国内を旅行することは ほとんどない私にとっては大冒険。
まだ見ぬ土地への一人旅である。

チケットは 11月の早い頃に 格安サイトで 買った。
よくわからずに買ったが まあなんとかなるだろうくらいのお気楽なもの。

地元のジョンウェイン 空港からデンバーへの直行便で
飛行機会社は ユナイテッドエアー。

日本へ行く時と違って LAX(ロサンゼルス空港)まで行く必要がないので 楽。
家から ジョンウェイン までは 車で20分。

しかし、出かける前日になって 少し心配になる。
ユナイテッド、大丈夫か?
アメリカの航空会社はオーバーブッキングが常だ。ひょっとして乗れないなんてことないよね。

離陸2時間前、結構時間に余裕を持たせて 家を出発。

空港に着き 機械で セルフチェックイン。
安いチケットゆえ バッグは機内に持ち込めず 30ドル払って預けることに。
(往復で60ドル払うわけだから 本当にそのチケット料金が安いのかどうか疑問)
これも機械で支払いをするとシールがプリントアウトされる。
自分でそのシールをバッグに貼り付けカウンターまで持って行く。
そこにいるのは 荷物をチェックインしてくれるおじさんスタッフ一人。

荷物を預けたら セキュリティチェックだ。
保安検査場には クリスマス前の週末ということもあり
いつもより長い(といっても 普段をそれほど知っているわけでは
ないが)検査待ちの行列が。

大人しく行列に並び セキュリティを抜けて 出発ゲートへ。

搭乗時刻にはまだだいぶある。余裕で ゲート前の椅子に座る。

しばらくして、ゲートのカウンターに 航空会社のスタッフが 現れる。
そして、座席番号がないチケットを持っている人は
呼び出しがあるのでお待ちくださいとのアナウンス。

そして、ふと思い出した。機械でプリントアウトされた自分の搭乗券に座席番号がなかったことを。

しばらく待つ。
が 、なかなかアナウンスはない。

どうしたんだろう?と少し不安に思いながら その搭乗券を眺めていると
隣の席のお姉さんが 座席番号がないなら カウンターに行った方がいいと
教えてくれる。

やっぱり聞いてみようと思い 早速 カウンターに行き、チケットを見せて
座席を振り当ててくれるよういうと
「もう少ししたら 呼びますから」
とあっさり追い返される。

まあ まだ時間もあるし。。。と 余裕で待つ。

が、それからが 長かった。
なんのアナウンスもないうちに どんどん時間は過ぎて行き
あと数分で搭乗時刻という時 まだ何も言わない。

そこで またまた カウンターのところにいって スタッフに 座席は?と聞く。

またまた、もう直ぐだからと言うだけで、相手にしてくれない。

えっー、どうしたんだろう?
と思っていると
カウンターでのスタッフのやり取りが聞こえる。
「我々には ボランティアが必要だわ。一人でいいと思うわよ」
と言っている。

あーーあ、やっぱり オーバーブッキングをで 乗れない人が出たんだ!
どうしよう?乗れないかも。
安いチケットだから こんな目にあうんだろうか?
と オロオロ。

すると、いきなり アナウンスが始まる。
「だれか ボランティアで席を譲ってください。替わりの飛行機チケットと500ドルを差し上げます」

すると 程なくなんと隣に座っていてカウンターへ行った方がいいと教えてくれた
あの親切なお姉さんと もう一人の男性が 席を譲っても良いと申し出る。

へえ。いるんだな。席を譲ってくれる人が。
と 思いつつ、座席が決まっていない私は ヒヤヒヤしっぱなし。


座席番号が書いてないチケット



その間にも優先搭乗が始まる。
その後、グループ1から順に 他の人たちは順番に 搭乗して行く。

そして、座席を譲ってくれるという二人のボランティアの人の手続きが終わると
やっとカウンターのスタッフが私を呼ぶ。

そこでようやく座席番号が書いてあるチケットを渡されて 一安心する私。
チケットには最終グループと表記されているので 搭乗は最後となる。
座席番号は12Fとある。

12列目の窓側らしいとわかる。

満席で隣が大きな人だったらしんどいだろうなあ。
なーんて思いながら 乗り込む。

座ってみれば なんとラッキーなことに 3列で並んでいる座席の中央には誰も座らず 満席ぎゅうぎゅう詰めのはずが、隣が空席なんて 嘘のよう。

おまけに先程 座席を譲るボランティアをした女性も男性も 問題なく乗り込んで同じ機内の座席に座っている。

結局全員乗れたわけ???
ということは あの座席を譲って貰える500ドルはどうなったんだろう?

などなど なんだか狐につままれたような気がしながら
飛行機は デンバーへと飛び立ったのだった。



途中、窓から見えたアメリカの背骨と称されるロッキー山脈




続く http://americajijo.jugem.jp/?eid=1218

花沢の里(ふるさと自慢 その2)

  • 2018.05.27 Sunday
  • 14:50


静岡に来てくれたIさんに 
「どこか行きたいところある?」
と聞くと
「花沢の里に行きたい」
という。

「花沢の里?聞いたことないなあ」
というと、

「焼津近辺といって調べたら真っ先に 花沢の里が出てきたよ。

地元なのに知らないの?」

と言われてしまった。

 

「へえ、そうなんだ。どんなところかわからないけれど

行ってみよう!」

と車のナビをセット。

 

国道150号線、焼津市野秋交差点から山へ。

ナビに従ってしばらく行くと 花沢の里観光駐車場がある。

車を停めて 沢沿いに上っていくと

古民家集落が・・・。

 

石垣がきれいに積まれ なかなか風情のある景色。

沢の水も澄んでいる。

辺りの空気も そこはかとなくオゾンをいっぱい含んだ森林の匂い。

 

 

 

東京生まれ、東京育ち、

「田舎には住めないけど田舎を訪ねるのは 好きなのよ」

というIさんも 大満足の様子。

 

パンフレットを見ると、石垣作りの家々がしばらく続き 

その最後のほうに 「庭カフェカントリーオーブン」があるらしい。

 

「そこまで登って行って そこで一服するのはどうだろう?」

というと Iさんも すぐに賛成してくれる。

 

川のせせらぎを聞きながら 坂道を上る。

黄緑色の柔らかい新緑の葉っぱを通して

5月のお日様が キラキラと降り注ぐ。

石垣と沢の間の細い道を少し汗ばみながら ゆっくりと上る。

 

そういえば、子供の頃のうちの周りはこういう家ばかりだったなあ。

懐かしい!

 

庭カフェの先客は、お子さん二人を連れた若いママ。

お店の人は??

いない。

 

声をかけると 奥の方からその家の嫁ちゃまが登場。

聞いたら お嫁に来て二十数年だという。

手作りのクランブレーとコーヒーを注文。

コーヒーは、丁寧にドリップで入れてくれ

おいしい水と相まって 大変美味。

 

旅人は 気楽だ。

センチメンタルに 子供時代を思い出して

郷愁に浸るだけでいい。

 

半面、こういう家に住んでいたことがあるだけに

そこに住み続けている人たちは大変だろうなあ。

と その大変さが分からないでもない。

複雑な気分。

 

が、それでも、

こういう逆らわない生き方ができるって素敵!

 

 

 

パンフレットによると、

 

花沢の里は、

平成26年に静岡県で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

奈良期の東海道と言われる街道もはしり 多くの旅人が行き交った場所。

 

万葉集の歌碑には、

 

焼津辺(やきつべ)にわが行きしかば駿河なる

阿部の市道(いちじ)に逢いし児(こ)らはも

 

=かつて焼津に私が行ったとき、阿部の市へ通う道で

逢った娘たちがいたが 今頃どうしていることだろうな・・・

 

春日蔵首老(かすがのくらのおびとおゆ)万葉集

 

 

 

JUGEMテーマ:お出かけ

飛鳥寺

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 13:58
奈良観光は 初めてだ。

どこに行ってみようか悩んだ末に 飛鳥寺へ。

蘇我氏の氏寺だそうで
小さくて 可愛くて 素朴な雰囲気。





写真撮影もokというので ご尊顔をぱしゃり!
なんと1400年以上のお年だという。





思っていたより お顔が大きい!

聖徳太子生誕の方角を向いて鎮座しているのだそう。
ちょっと斜めを向いておすわりになっている。

ぐるりと道順をたどって お宝を拝見。









外に万葉の池があり お地蔵さんが3体。





家内安全、子供の成長、夫婦円満をお祈り。


昨日からの雨で お天気がイマイチではあるものの
素朴な佇まいが 素敵な 初めての奈良見物。



蘇我入鹿の首塚






やっぱり日本はいいね!

高知へ(その2、その3)

  • 2017.11.04 Saturday
  • 11:26
高知に行ってみたいその訳は。。。

その2)

コーヒーショップ 「土佐力舎」の深層水コーヒーを飲んでみたい。
土佐力舎というのは 今年(2017年)夏、南国市に新しくできたお店。
「深層水で淹れるコーヒーが売り」
コーヒー豆は イッタコーヒーが提供している
というので 是非行ってみたかった。





お洒落なお店。
コップに出されるお水も 深層水。
そのお味は?
気のせいなのか?なんかちょっと不思議な味。

そして、 コーヒーは?




美味しい!やっぱり微妙で不思議な味がした。


その3)

ブラタモリでやっていた高知、龍馬の生まれた町を歩いてみたい。

ということで 桂浜へ。




県立龍馬記念館の標識に沿って出かけて行くと まだ工事中!!!





だったけど。。。

がっかりしながらも その隣の国民宿舎「桂浜荘」の展望レストランへ。

入口の「リョウマ(ローマ?)の休日!」に大うけ





そして、
国民宿舎桂浜荘 展望レストランで「龍馬カプチーノ」




たっすいがは、いかん

  • 2017.11.03 Friday
  • 09:39
高知に行きたい理由 その1

「たっすいがは、いかん」
=味が薄いのは ダメです
この有名なフレーズを生んだ町や文化に触れてみたいと思った。
これは、キリンビールの悪戦苦闘 営業サクセスストーリーから
有名になった一言。

「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」というラジオ番組を
インターネットラジオで聞いていて 興味を持った。

「キリンビール高知支店の奇跡」田村潤著
営業所の女性事務員さんが 飲み会の席で 営業所を訪れた本社社長に
こう言って直談判したというフレーズを うまく宣伝文句にのせて
高知でのキリンビールの営業を盛り返した(それだけじゃないけど)と
高知営業所所長さんだった田村氏は書いている。


ラジオからの受け売りで 本は読んでいないけど
所長をはじめとする営業所のスタッフの気迫溢れる奮闘ぶりが凄い。

時間外労働が騒がれている昨今、時代錯誤も甚だしいと言われそうだが
女性の事務員さんまでもが、自ら営業に回って
売り上げに貢献するという気迫あるその姿!
とにかく 高知では、女性が強い!元気!だという。


で やってきたというわけ。。。


美味しい鰹のタタキが食べられる!
というので「ひろめ市場」に行くと
あった!
あった!
巨大な広告が。





ひろめ市場のバーで飲みながら カツオの塩たたき





地元の方とも仲良くなり。。。



バー ファミーユ




隣り合わせた地元の方から 「四万十川より仁淀川だ!」
という情報をゲット。
とにかく 水が綺麗!
とのこと。
やっぱり地元でないとわからないことって多いのね。

ということで。。。
バーで出会ったスウェーデンから四万十の写真を撮るために
日本に来ているというご夫婦に「仁淀川がいいよ!」と教えてあげたり。。。






最後は近くのオールディーズのバー(サリーズバー)へ。





ホテルへ戻る途中 しめに紅茶を。

シフォンケーキ 美味しかった!





かくして 高知の夜は楽しく更けて行ったのである。。。

丸亀城

  • 2017.10.30 Monday
  • 22:32
四国 香川にやって来た。

岡山を通って 瀬戸大橋を渡り。。。





丸亀城へ。





小さなお城だが なかなか立派な門構え。





急な坂道を登り 天守閣へ。
(足の手術から一年経過し こんな坂道も登れるようになったことに
改めて 日々遅々たる歩みでも 治りつつあることに気付かされる)

「一国一城の主」という言葉の重みを感じる素敵なお城だ。




友人に お城めぐりをしている人がいる。
丸亀城に来ていると写真を送ると。。。

しばらくして 「地震は大丈夫?」
という返事が返ってきた。
縁起でもない。。。

とはいえ、2年前の出来事を思い出した私。
「熊本頑張れ」
http://americajijo.jugem.jp/?eid=997

格安サイトの落とし穴

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 15:13
今回のお出かけでは ほんと いろんなことがもちあがった。

信じられないAirbnbの突然のキャンセル↓で
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1147
宿を取り直したのだが。。。

辿り着いた宿がひどかった!

格安サイトの罠にはまり 取りたいホテルではなく
その近くの安宿へとまんまと誘導されてしまい
7時間近いドライブの果てにやっと辿り着いた場所は
なんとも ひどいものだった。

おっとっとはどうしてこんなところを取ったのかとご機嫌斜めになり
そんなつもりではなかったのだと説明したが。。。
あまりわかってはもらえなかった。

それにしても すごい!自分でも 呆れてしまった。

ひとしきり文句をのたまわった挙句に おっとっとは
疲れておとなしく寝る事に。

私は 顔を洗ってから寝ようと 洗面所で支度をしていると
なんと天井から水漏れが。。。
えーー!
信じられない!

慌てて フロントに電話をかける事に。。。

が、室内電話が 無い!
どこを探しても無い!

まさに 泣きっ面に蜂。

フロントに歩いて行くのは 足が痛いので行きたくないし
おっとっとはすでにグロッキーで当てにはならず。。。

仕方がないので スマホのウェブサイトでホテルの電話番号を調べて電話。
「天井から水漏れしてる!」
と訴えて 部屋を換えてもらったが。。。

その折に
「部屋に電話が付いていなかった」
と部屋に来てくれた受付嬢にいうと
「そんなはずはない。付いてるはずだ」
というので
「どこにも電話はなかった」
というと ごめんなさいでもなんでもなく
「教えてくれてありがとう」
という信じられない返事が返って来た。

そして 交換した部屋も これまたひどいもので。。。

3泊分の予約を この際 キャンセルしたかったが
何しろ格安サイトを通している上に
よもやキャンセルなどする必要があるとは思わなかったので
キャンセルできないというさらに格安値段の予約(らしかった)。
これから違うホテルに行ったとしても 返金はされないという袋小路。

くたびれ果ててそれ以上の文句を言う元気が出ず。。。

あーーあ、なんておバカなんでしょう!
ちょっとお得なお値段で泊まれるかもなんて思ったけど こんな事になるなんて!
涙!

とにかく 次女の結婚式が 無事に終わってくれさえすれば
こんなことも後で笑い話で終わるに違いない!

くよくよするより前を向くべし。。。

しかし、アメリカの宿泊事情のお粗末さ!
一流ホテルではこういうことは起きないかもしれないが
宿のスタッフの応対は 客商売というにはあまりにもお粗末だし
やっぱり今回もエクスペディアの予約システムの落とし穴に
まんまとはまってしまった気がする。


トイレが無い?

  • 2017.08.06 Sunday
  • 20:26
お出かけすると 思いがけないびっくりに遭遇する。

今回はおっとっとと二人 車でサンホゼへ。

その道中のことなど。。。

先ず 朝からバタバタと愛犬ケニアを ペットホテルへ預けた後 出発。
家を出たのは 10時30分ごろか?

北へ。フリーウェイ5をひた走る。

しばらくは 調子よく走れたが、
ロサンゼルスカウンティへと入る頃から渋滞が始まる。

のろのろ、のろのろ。
止まっては走り また止まり。。。
グーグルの渋滞状況を調べると 真っ赤っか。

このロサンゼルスの渋滞は 年々ひどくなるように思う。

おっとっとも私も渋滞が大嫌い。
だから ロスのダウンタウンには足が向かない。
どうしてもお出かけ嫌いに拍車がかかる。

しかし、今回はそんなことを言っている場合ではない。

ダウンタウンを過ぎてロサンゼルスを抜けない限り
北カリフォルニアには行きつかない。

渋滞が続き 走り始めて2時間ほど経ち
とにかく 渋滞が終わるところまで走ってから
やっとトイレ休憩を取るためフリーウェイを降りる。

ガソリンスタンドを探し ガソリンを入れながらトイレを借りる事に。

が、なんと !
「トイレはどこか?」
とスタンドについているお店らしき窓口で聞くと
「トイレはない」と断られてしまう。

あたりの雰囲気も なんだかとても物騒。
俗に言う良くないエリアだと言うことが一目瞭然。

そこでのトイレ拝借は諦めて
道の反対側の小さなホテルでトイレを借りる事に。

客でもないのにトイレを貸してはくれないだろう。。。
と思ったけど。。。予想通り
やっぱりここでもトイレはないと断られてしまう。

泣きそう!になりながら
隣のジャックインザボックスというファーストフード店へ。

お昼時とて お店は混んでいる。

お客に紛れて 運良くトイレが借りられて ホッと一息。

出発したばかりなのに トイレ一つ借りるだけのことに
こんなあたふたして大丈夫か?

お出かけし慣れていないと 本当に いちいちショッキング!

でも、まだまだ旅は始まったばかり。。。


Airbnbの裏切り

  • 2017.07.24 Monday
  • 21:49
次女の結婚式まで二週間を切った。

来週半ばには 式を挙げる北カリフォルニア サンノゼへ。
式の準備もあるので 4泊する。

重大イベントなので だいぶ前から 宿を確保。
何泊もするのだからと ホテルではなく Airbnbで一軒家を借りることに。
一軒借りる方が 安いかもしれないし。。。

家を借りれば 料理もできるし 娘たち家族も集まれて良いし。。。

いよいよ近くなってきた。。。

数日前 もう一日 滞在を伸ばしますか?
というEメールが Airbnb から届いた。
一泊伸ばすと結構な散財となるので それはしなかった。

Airbnbを使うのは今回初めてなので よく知らなかったが
ほとんど間際になってから 家の詳しい情報を送って来るという。

ふーん、そういうものですか?
と呑気に構えていると
今朝になって突然 Airbnbから以下のようなEメール。

ーーーーー
家主がキャンセルしました。
あなたの宿泊予約は取り消されました。

同じような場所で x日からx日の宿泊できる家を用意しました。
140ドル追加で こちらの家はどうですか?

或いは
全額返金は こちらから
ーーーー


と、狐につままれたようなメール。

どうする?

ふざけんじゃねえ!
何ヶ月も前から 大事なイベントのために手落ちがないようにと
予約してるのに。。。

どうすりゃ良いんだ!

よくAirbnbを使うという娘たちに
こんな土壇場のキャンセルってあり?
と聞いてみる。
娘たちも初めてだという。

なんでだろう?
なんで?
数日前に 「もう1日滞在を伸ばしますか」
と 聞いてきたばかりだったのに?

信じられない!

騒いでも仕方がない(騒ぎ方がわからない)ので その辺りのホテルを探す。

なんとか見つかった。

最初っからホテルを取れば こんな思いをしなくてもよかったかも。

それにしても オーナーが 借りるのがアジア人だとわかると
貸すのを嫌がって拒否するって???
どこかで聞いたけど もしかして それ?
それともダブルブッキングで 条件の良い方に乗り換えたとか?

私の中でAirbnbの信用は地に落ちたね。
もう2度と使いたくない。

それにしても 信じられないことが起こるもんだわ!


例えばこんな感じ↓

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM