病気なのにI'm fine?

  • 2017.08.18 Friday
  • 14:23
フィジカルセラピーといえば 思い出すことがある。

まだ日本からこちらに来て日が浅い頃、1995年の秋頃?だったと思う。

突然、 首が回らなくなった。

子供を迎えに行こうと テーブルから立ち上がると
「イテテ!」
後ろを向けない!
首が痛くって 痛くって 角度を変えることが出来ない。

これには困った。

1番の問題は、何をするにも 車に乗る生活、買い物も 子供達の送り迎えも、
車に乗る=後方確認が必要=首を回して振り向かねばならない。

それなのに 首が動かない。

そこで ドクターのところに駆け込んだ。
「この首を何とかして下さい!」
このホームドクターは日本語がわかる日系の先生だった。

診断は
「ストレスです。フィジカルセラピーに行きなさい」
だった。

ストレス?
そう言われても、その時は 自覚症状はなかった。
毎日 慣れないアレヤコレヤに 一生懸命だった。
しかし、異文化生活は 結構 大変だったらしい。

その頃の私は、アメリカ生活を始めたばかりの超初心者で 英語勉強中、
話せない、聞こえない、読めないという3重苦。
初々しかったな。あの頃は。

(あれから22年。英語力については、未だに 目覚ましい進歩はないが、
度胸と慣れと鉄の心臓で 今は何とかやっている。アハハ!なんとかなるもんだね)

3重苦で、突然 英語しか話せないフィジカルセラピー???

とにかく寝起きから 家事仕事から、子供の世話から、首が動かないでは
どうにもならず 行けと言われたフィジカルセラピーに
行くことにしたのはいいのだが ここでも問題勃発。


首の回らなくなった原因がストレスなら
英語しか通じない環境で 治療を受けることは さらにストレスなわけで。。。

まず セラピストに会うと
How are you?

と聞かれ

I'm fine.

と答えながら
「ファインじゃねえから来てんだよ。ここに!」
と心で呟く。

これは 単なる挨拶の言葉で 意味なんてないのだが
それは その後何年もかけて だんだん理解するにいたるわけで。。。

初心者は素直だから
「何で具合悪いのにFine!っていうのかなあ?」
と ストレスを感じたものだった。

そして しばらく そこに通い。。。が、首の痛みなどそうすぐに良くなるわけはなく
通い続けていると 突然、
「保険がこれ以上払わないと言っていますが どうします?」
とドクターに言われた。
少しは状態が良くなったので 治療はそこで終わった。

何より 英語の治療から解放されるということが嬉しかったような。。。

今だったら それほどストレスなくて受けられると思うけどなあ。
かわいらしかったね。私。

女子会のプチ飲み おもてなしプレート

  • 2017.08.17 Thursday
  • 18:22

「ダッシュ」とかいう番組で 山梨の桃で作っていたが
カリフォルニアの硬い桃で真似てみた。

前菜1

桃のシソの葉と豚肉巻き






前菜2


ブラータとトマトのサラダ






前菜3

焼き えんどう豆


まだ盛り付け前だが





ゴロゴロ野菜たっぷりのスープ






蕎麦の実をスープとともに





ヘルシーメニューで 女子???力アップ 間違いなしだわん!

超ポジティブシンキング(アドラー流)?

  • 2017.08.13 Sunday
  • 11:39
なんかなあ。
運動できないし でも痩せたいし。。。

と始めた食べ物を工夫して体重を落とすダイエットだが
そろそろ飽きてきた。

結婚式も終わったし
目標体重はクリアしたし
(の割に結婚式の写真の端っこに写っている自分の姿は
ダイエットしたってほどのことはなく。。。がっくり!)
いっそのこと ダイエットに終止符を打とうか?

美味しいものが食べたいよう!

食いしん坊の虫がムクムク!

。。。ところで、私 そんなに真面目にダイエットしてたっけ?

考えてみると。。。

いや、やってない。

それはそれは とーってもいい加減なダイエットで。。。

ただひたすら 嫌いな納豆を工夫して食べる努力をしただけのこと。

それに、ダイエットで美しくなろうなんて大それたことを考えたのが
そもそもの間違い?
もう、ここまでおばちゃん(ばあちゃん?)になっちゃうと
どうでもいいか?何をしても無駄か?

悔し〜い!

けど。。。認めるっきゃない。
(今頃わかったの?って言われるかな?)

ここで アドラー的に考えると。。。

今この瞬間、過去ではなく 前を向くわけで。。。

写真に写った自分にがっかりしているのは 自分だけ。
他人がどう思うなんてことは問題ではなく
一定の成果はあったのだから 満足することが大事。

そして、これからどうするかに フォーカスして。。。

よーし、納豆の効能は十分に体験できたので 続けるぞ!

甘いものを食べなくても 過ごせることを 学んだし
(すぐに元に戻りそうだけど。。。)

納豆だけでなく好きじゃない素材を工夫すること=チャレンジを
これからも続けよう!

アドラーって 結構ためになるわん!


残り物カプレーゼ冷製パスタ↓




マグロの竜田揚げ)↓

おめでとう(次女の結婚)

  • 2017.08.10 Thursday
  • 22:33
結婚式の日 次女は 輝いていた。

式は 夫となる人の両親の家の裏庭で 執り行われた。

式には、彼の親戚、新郎新婦のごく親しい友人たち、
そして 二人の親兄弟、その家族が一堂に集まった。

前日まで苦虫を噛み潰していたおっとっと、
=花嫁の父は きっと心で大泣きしたに違いない。
が、表面上は 平気そうな顔をして バージンロードを花嫁の手を支えて歩いた。

私は バージンロードを歩く二人を見て 涙が込み上げた。

思い起こせば22年前、突然日本からカリフォルニアに引っ越してきた時、
次女は 中二になったばかり、英語力は中学で一年間 学んだけで ほとんどゼロに近かった。
こちらの生活は それはそれは大変で 3年経っても日本へ帰りたがった彼女。

でも、頑張るしかなく。。。

その頃の彼女を支えてくれたのが 日本語学校(朝日学園)で
仲良くなった日本人のお友達だった。

その友人のうちの何人かはすでに日本に帰国 こちらに残っている人は少ないが。。。
彼らは 日本から、そして、オレンジカウンティ(南カリフォルニア)から
彼らの子供達と共に 式に参列してくれた。

そして、彼らに囲まれた娘は 嬉しそうで誇らしげだった。

これが あの頃
「こちらに居たくない。一人でもいいから日本へ帰りたい」
と泣いていた娘なのか?

その後、彼女が こちらでやっていこうと覚悟を決めたのがいつなのか 私は知らない。
が、彼女はいつの間にか 立派に自分の道を突き進み いつの間にか自信をつけ
新たな友人知人、良い上司に恵まれ 人生を共に歩むパートナーまで見つけた。

「親がしっかりしていないと子供はしっかりするのよ」
と 私は 普段うそぶいているのだが。。。

彼女の努力なしには 今日の日はない。

親のやれることなどしれている。
どんなに頑張っても 私は呑気すぎて いつまで経ってもダメ親だ。

ダメ親は これからも 口出しをせず 邪魔にならずにそこにいようと思っている。

おめでとう、XX子!

奇しくも 長女も今月で結婚10周年。

そして、なんとおっとっとと私もルビー婚式だって。。。驚き!
(若かったなあ、結婚した頃は。もしかして 子供だったんちゃうの?)

若い二人(っていうか マチュアなお二人)に習って 結婚生活見直そう!

なーんてさ。ほんとかな?


格安サイトの落とし穴

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 15:13
今回のお出かけでは ほんと いろんなことがもちあがった。

信じられないAirbnbの突然のキャンセル↓で
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1147
宿を取り直したのだが。。。

辿り着いた宿がひどかった!

格安サイトの罠にはまり 取りたいホテルではなく
その近くの安宿へとまんまと誘導されてしまい
7時間近いドライブの果てにやっと辿り着いた場所は
なんとも ひどいものだった。

おっとっとはどうしてこんなところを取ったのかとご機嫌斜めになり
そんなつもりではなかったのだと説明したが。。。
あまりわかってはもらえなかった。

それにしても すごい!自分でも 呆れてしまった。

ひとしきり文句をのたまわった挙句に おっとっとは
疲れておとなしく寝る事に。

私は 顔を洗ってから寝ようと 洗面所で支度をしていると
なんと天井から水漏れが。。。
えーー!
信じられない!

慌てて フロントに電話をかける事に。。。

が、室内電話が 無い!
どこを探しても無い!

まさに 泣きっ面に蜂。

フロントに歩いて行くのは 足が痛いので行きたくないし
おっとっとはすでにグロッキーで当てにはならず。。。

仕方がないので スマホのウェブサイトでホテルの電話番号を調べて電話。
「天井から水漏れしてる!」
と訴えて 部屋を換えてもらったが。。。

その折に
「部屋に電話が付いていなかった」
と部屋に来てくれた受付嬢にいうと
「そんなはずはない。付いてるはずだ」
というので
「どこにも電話はなかった」
というと ごめんなさいでもなんでもなく
「教えてくれてありがとう」
という信じられない返事が返って来た。

そして 交換した部屋も これまたひどいもので。。。

3泊分の予約を この際 キャンセルしたかったが
何しろ格安サイトを通している上に
よもやキャンセルなどする必要があるとは思わなかったので
キャンセルできないというさらに格安値段の予約(らしかった)。
これから違うホテルに行ったとしても 返金はされないという袋小路。

くたびれ果ててそれ以上の文句を言う元気が出ず。。。

あーーあ、なんておバカなんでしょう!
ちょっとお得なお値段で泊まれるかもなんて思ったけど こんな事になるなんて!
涙!

とにかく 次女の結婚式が 無事に終わってくれさえすれば
こんなことも後で笑い話で終わるに違いない!

くよくよするより前を向くべし。。。

しかし、アメリカの宿泊事情のお粗末さ!
一流ホテルではこういうことは起きないかもしれないが
宿のスタッフの応対は 客商売というにはあまりにもお粗末だし
やっぱり今回もエクスペディアの予約システムの落とし穴に
まんまとはまってしまった気がする。


トイレが無い?

  • 2017.08.06 Sunday
  • 20:26
お出かけすると 思いがけないびっくりに遭遇する。

今回はおっとっとと二人 車でサンホゼへ。

その道中のことなど。。。

先ず 朝からバタバタと愛犬ケニアを ペットホテルへ預けた後 出発。
家を出たのは 10時30分ごろか?

北へ。フリーウェイ5をひた走る。

しばらくは 調子よく走れたが、
ロサンゼルスカウンティへと入る頃から渋滞が始まる。

のろのろ、のろのろ。
止まっては走り また止まり。。。
グーグルの渋滞状況を調べると 真っ赤っか。

このロサンゼルスの渋滞は 年々ひどくなるように思う。

おっとっとも私も渋滞が大嫌い。
だから ロスのダウンタウンには足が向かない。
どうしてもお出かけ嫌いに拍車がかかる。

しかし、今回はそんなことを言っている場合ではない。

ダウンタウンを過ぎてロサンゼルスを抜けない限り
北カリフォルニアには行きつかない。

渋滞が続き 走り始めて2時間ほど経ち
とにかく 渋滞が終わるところまで走ってから
やっとトイレ休憩を取るためフリーウェイを降りる。

ガソリンスタンドを探し ガソリンを入れながらトイレを借りる事に。

が、なんと !
「トイレはどこか?」
とスタンドについているお店らしき窓口で聞くと
「トイレはない」と断られてしまう。

あたりの雰囲気も なんだかとても物騒。
俗に言う良くないエリアだと言うことが一目瞭然。

そこでのトイレ拝借は諦めて
道の反対側の小さなホテルでトイレを借りる事に。

客でもないのにトイレを貸してはくれないだろう。。。
と思ったけど。。。予想通り
やっぱりここでもトイレはないと断られてしまう。

泣きそう!になりながら
隣のジャックインザボックスというファーストフード店へ。

お昼時とて お店は混んでいる。

お客に紛れて 運良くトイレが借りられて ホッと一息。

出発したばかりなのに トイレ一つ借りるだけのことに
こんなあたふたして大丈夫か?

お出かけし慣れていないと 本当に いちいちショッキング!

でも、まだまだ旅は始まったばかり。。。


ケニア(犬)のお出かけ

  • 2017.08.05 Saturday
  • 10:39
今回はおっとっとと二人 車でサンホゼを目指す。
次女がめでたく結婚するのだ。
4泊の旅になる。

家族揃っての移動なのだが ケニアはお留守番。

ケニアは 一人でお家にいられないので ペットホテルへ預かってもらう。

ベットマートというペットショップがやっているペットホテルだ。

以前一度だけ預けたが だいぶ昔のことで すっかり忘れていた。

ホテルの予約は 一週間前に電話で。 幸運にも 予約はスムーズに取れた。

それからがちと面倒だった。

先ず 予防接種をしているか?を聞かれる。

大丈夫だ
というと
予防接種の有効期間の証明書を 掛かりつけの動物病院で
書いてもらいあずける日に持ってくること。
それがないと預かれないから 忘れないように。
と言われる。

その証明書は 動物病院のレターヘッドに書かれた正式なものでないと
いけない
と言われ
ちょっと面倒だなあ
と思う。
(これは掛かりつけの動物病院に電話をして 送ってもらうよう手配)

次に、
飲ませている薬はあるか
と聞かれ
咳が出るので薬を飲ませてほしい
というと
飲ませる薬の名前を教えてほしい
という。
薬の容れ物を見ると「cough medicine 咳の薬」と書いてあるので
それを伝える。

1日に何度飲ませるか
というので
朝晩2回
というと
薬を飲ませるには1日に何ドルか余分にかかりますがいいか?
と聞かれ いいも悪いもお願いするよりないので
わかりました
と返事。

その後、ペッツマートと 何度か確認の電話のやりとり。

慣れないことをするのって やっぱり面倒。

さて当日の朝、出かける前に ペッツマートへ。

ペットホテル受付カウンターでサインアップ!

書類に色々書き込んで。。。
絶対に忘れるなと言われた証明書も提示して 受付終了!

ケニアは全く嫌がる様子もなく スムーズに
お世話をしてくれるお姉さんと一緒にペットホテルへ。

問題なく行ってくれるのはいいことなのに 人間の勝手な思いで
こちらとしては なんだか拍子抜けの寂しい気分。

なーんか えにいわれぬ喪失感。
ケニアも家族なんだから 一緒に結婚式に出られると良かったんだけど。。。


火の竜のごとく

  • 2017.08.03 Thursday
  • 22:18
短歌を詠むとき、
限りなく自分自身をそこに投影させる。
が、そこはフィクションの世界。
グロテスクでえぐい作品を詠んだとしても 
それは百パーセントの自分ではない。

そこには必ず遠くから自分を見るもうひとりの自分がいて 
脚色したり演出している。

それが短歌を詠む楽しさ。


毒を吐く 火竜のように 怒気荒く
気分爽快 五分の後悔



(高木みつこ)


一か八かのフィジカルセラピー(出会いは偶然から)

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 12:32
昨日 フットのドクターから紹介されたフィジカルセラピストに行くと
保険が払われないかもしれないからと遠回しに受診を拒否された。

ショックを受けて 別のセラピストを探し予約を取り早速行くことに。

そこも家からさほど遠くなく 通うには便利な場所だ。

80近くリストアップされた中から
近くてわかりやすい場所というだけで選んだ。

果たして いいセラピストなのかどうか? 腕のほどは未知数。

が、歩くのに痛いし このままにしては置けない。 前に進むしかない。

もし 気に入らなければ また変えればいいことだし。。。
くらいの気持ちで望んだ。

時間通りに 到着。 オフィスには先客がいて 治療を受けている。

早い時間なので セラピスト(男性)の先生が1人。

先客の治療の合間に 初診時のペーパーワーク。
セラピストがインタビュー形式で記入してくれる。

フットのドクターの紹介状を見せ 日本で受けた手術のことを話し
手術後のレントゲン写真を見せる。

なかなかテキパキとしている。

大分時間が過ぎて やっと中(施術所)ヘ。

先ず どこが痛いか?どうすると痛いか?など聞かれ その後歩いて見せる。

すると、
「ちゃんと歩いてないね。歩く時 正しく筋肉を使ってないよ」
と先生。

自分としては歩いているつもりだったが 先生は、
「歩く時、体を使って 体重移動して痛い左足をかばって歩いているが
足の筋肉を使ってないね」
と指摘。

だから 一部の筋肉だけに負担がかかって痛くなる、とのこと。

確かに!

「これから週3回 正しく歩く練習から始めるよ!」
と先生。

歩く練習だって 痛くないわけじゃない。
けれど なんだか 希望が持てそうだわ。 思い切って行って良かった!

まだ 一度行っただけだけど 良さそうなセラピストに出会えたと思う。

ちなみに 受診拒否をした昨日のフィジカルセラピストは
ブルーシールドのくれたリストに 載っていた。

ただただオバマケアの患者を診たくなくて いちゃもんをつけたのだと判明。

つまり、儲け主義のセラピストってわけ。

断ってくれてありがとう!
そんなセラピスト こっちからお断りさ!


アメリカの健康保険 どうなってるんだ!

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 17:17
今日は ちょっと差別を受けてショック!

なかなか調子よく歩けるようにならないので
フィジカルセラピー(リハビリ?)に行こうと思って
足の専門医に行き 家の近くのフィジカルセラピーを紹介された。

予約を取って 出かけて行くと。。。
先ず 保険証と免許証の提示を求められる。

そして、保険証を見るなり 受付の人が 保険料が払われるかどうかを
チェックしたいからといって ブルーシールドに電話し始める。

そして、電話をかけ終わると、
「この保険は、インネットじゃないから 代金は 受診のたびに
全額支払って 保険会社が支払った後に
そのぶんを返金することになるけど良いか?」
そして、
「あなたを診察したくないわけじゃないのよ」
と付け加える。

なんとまあ。

日本とは違う受診費用について説明すると
オフィスコーペイという受信のたびに払うものは
いつも請求されてその場で払い
それ以上の費用は病院が保険会社に手続きを取り
払われなかったものが患者の負担。
後になってから請求される。

。。。というのがアメリカの医療システム。

面倒といえば面倒だけど 。。。

最初に自費で全額払って
その後 返金だなんて 今まで聞いたことない。

私の健康保険は オバマケアのブルーシールドというやつだが、
PPOというドクターを選ぶのにあまり制限のない保険のはず。

こんな扱いするとは、ひどいなあ。

で、結局、そう言われてまで そこで診てもらわずともいいや!と
そこのオフィスを後にする。

せっかく予約を取って 時間を作って 出かけたのに
少し悲しくなる。

このままでは 引き下がらないぞ!

そこで 家に戻ってから 保険証のカスタマーサービスに電話。
インネットのフィジカルセラピストを教えて欲しいとお願いして
Eメールでリストを送ってもらった。

家から近いところに あるある。いっぱい。
いいドクターかどうか???
は わからないけれど。。。

でも、まあ一か八かだ。

その中の一つに電話。
明日の予約を取る。

さーて、どうなる???

それにしても 決して安いとはいえないというか 高すぎるほどの
保険料を払っていてこの扱い!

健康保険は 日本の方が アメリカの100倍、いや、1000倍いいと思う。

今日は、久しぶりにアメリカ暮らしの不便さを噛みしめることに!





calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM