「火花」 又吉直樹著

  • 2016.01.04 Monday
  • 17:39

 

「火花」は、去年(2015年)の話題作だ。

この本で一躍有名になったお笑い芸人又吉直樹初の中編小説で

2015年の芥川賞を受賞し お笑い芸人など知らない人たちにも 

又吉の名を 一気に知らしめることになった。

 

私も彼のことなどまったく知らなかったうちの一人で 

それほど有名でない又吉君など あまり芸能人に興味のない

ましてや アメリカに住んでいて 日本の情報が少ない環境にいるので

よほど有名どころでない限り 知っているはずもない。

 

彼が小説を書き それが芥川賞の候補になっているなどと

バラエティー番組か何かで 聞いたのがきっかけで

やっと、彼を意識するようになったわけだが、

彼を初めてしっかりと見た時に、

真ん中分けしてだらりと肩まで伸ばした髪形で 地味な顔立ちだち、

どちらかといえばおとなしくて 幽霊みたいだと思った。

が、バラエティー番組の中の彼の受け答えは かなり好感が持てた。

 

そして、なんと彼は 芥川賞を受賞してしまった。

「びっくりポンや」だった。

 

芥川賞が作家の登竜門であることは 周知の事実。

実力のある大勢の物書きが何度も何度も挑戦し 

「いつかは自分も」と思いつつ、頑張る憧れの賞だ。

 

そんな凄い賞を あまり売れてない芸中堅どころの芸人の又吉君が

とってしまったとは・・・。

 

芥川賞がどんな小説に送られようが いつもは気にもとめないのだが

今回は、お笑い芸人がお笑い芸人のことを書いた小説だ

というので おもしろそうだなと興味をそそられた。

世間の流行り、話題作「火花」を読みたいと思った。

 

思っていると願いが叶うらしい。

先日、日本からの友人から 読み終わったからとそれを頂いた。

で、読み始めた。

 

売れないお笑い芸人の話が 延々と続く。

お笑いの世界って こんなに普通の人の日常と違うのかあ!!

あまりにも違いすぎて 理解できない。

理解できないからおもしろくない。

いつになったら面白くなるんだろう?

いつ?

延々と主人公と敬愛する生活破綻者の先輩との交友が綴られている。

地味な元吉君と主人公がダブってしまう。

いつだろう?いつ、この話は展開するのだろう?

と、突然、急展開が起こる。

はあ!

そして、読み終わった。

お笑いの世界のことは 最後まで分からなかった。


JUGEMテーマ:読書
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM