日本よりも日本(詩吟)

  • 2015.06.15 Monday
  • 14:26
 LAダウンタウン、リトル東京に 久しぶりに行った。
 

数日前、詩吟の公演があるから 是非にとお誘いを受けた。

詩吟??

門外漢で まったく解らないし 興味もない、

ダウンタウンへ自分で運転していくのも無理、

と、お断りをしたのだが、

日本からの師範の先生たちが来て吟ずるのでかなりのものだから

と、熱心にお誘いいただき 

おまけに 連れて行ってくださるという。

 

そこまで言ってもらったら 

これも何かのご縁 行ってみようじゃないの。

取材だ!

ということになり 出かけたのだった。

 

公演を見るまでは

詩吟???

メロディーもないし なんだかうんうんうなっているだけだし

というぐらいにしか思っていなかった。

が、違った。

 

まず、ここオレンジカウンティーにも 熱心に詩吟に励んでおられる人たちが

かなりの数、居ると知った。

知り合いのご夫婦も熱心に詩吟に通われていて 

たいそう楽しんでいるとうのは知っていたが・・・。

 

聞いたところによると、

太平洋戦争の時、日本人の人たちが送られた強制収容所で

詩吟は熱心に 行われていたという。

日系人の歴史 そのものというか

それは、日本よりも日本らしい日本文化がここにある理由というべきか?

興味深い。

 

人間いくつになっても 初めて体験することに出会う。

この詩吟の公演もそのひとつになった。

 

今日のイベントの内容は・・・

「日米親善吟剣詩舞道交流会」

南カリフォルニア詩吟連名と日本からの市銀連名の人たちによる吟詠と

「かぐや姫」という詩吟と剣舞で構成された出し物の3部仕立ての

公演だった。

 

何の知識もないど素人でも 楽しめた。

 

実のところ耳心地がよくて

居眠りしてしまった。

(熱心に詩吟を勉強されている方たちには申し訳ないと思いつつ

睡魔に勝てなかった私。すみません)

 

詩吟が あんなに耳心地がよいものだとは驚きだ。

剣舞も切れがあって かっこよくって

素敵だった。

 

そうそう、公演中に居眠りする私のような不埒なやからはさておき

会場は 満員御礼。すごい賑わいだった。

南カリフォルニアの詩吟の人気に びっくり!

1時の開場時刻の30分前から 公演開始を待つ人で 

シアターの周りには 行列ができていたし

久しぶりに訪れたリトル東京もすごい人出だったし

アメリカに暮らす日本人のパワーを感じた一日だった。


sigin.jpg


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM