ソチオリンピックとスーパーボール

  • 2014.02.09 Sunday
  • 10:23

いよいよソチオリンピックが始まった。

昨夜の開会式、楽しそうだったなあ。

いつの頃からか一大娯楽イベントと化しているオリンピックの開会式、

見ているほうは楽しいけれど 

オリンピック=スポーツの祭典=努力の結晶=血と涙と汗=感動

(なんていう連想をする私は 古いのか?)

というものとは かけ離れすぎているのでは??

と、ちっと疑問が沸く。

 

今回のオリンピック、テロに狙われたり

オバマ大統領は開会式への出席を断るし

大会ぎりぎりまで 工事が間に合うのか?とか

肝心の雪が少なくて 大丈夫かな??との心配もあり

かなりはらはらどきどきの開催となっているよう。

 

でも、いろいろあっても、やっぱりオリンピックはオリンピック。

選手たちには がんばって欲しい。

 

というわけで どきどきの開会式を昨夜は迎えた。

見逃してはならじと録画をして・・・。

 

なんだけどね。

アメリカにいるとオリンピックがいまいち盛り上がらない気がするのね。

冬季オリンピックといつも同じ頃に行われるスーパーボール

(=アメフトのアメリカ一が決まる試合、毎年2月の第一日曜日に開催)

にアメリカ中が熱狂するのに比べると とっても地味な気がする。

観戦チケットを手に入れようと思ったら ものすごい競争率で 

ものすごくお高い。

だから ほとんどの人は テレビの前で応援になる。

友達、親戚 みんな集まってパーティーしながら、

スーパーボールを観戦する。お祭り騒ぎだもの。

 

でも、オリンピックは・・・。それに比べるととっても、地味。

 

そして、日本との違いは、アメリカには、NHKのような国営放送が

ないので 放映権を勝ち取った一局でしかオリンピックをやらない。

視聴率重視だから、開会式の放送などは 

みんながテレビの前に座れる夕方のゴールデンタイムまで

お預け(早く見たいのになあ)だ。

 

もうひとつ 個人的に盛り上がれない理由がある。

開会式は それでも全世界の選手の入場をはしょらずに

映してくれたから 日本選手団も映ったけど

これからの種目別の放送は 期待できないなあ。

アメリカの選手しか映らない。

当たり前のことだけど ここはアメリカだからね。

アメリカの選手しか映らないのはしょうがないかあ。

 

というわけで 一応 録画はしているけど 

日本選手を応援する身としては

とっても物足りないことになるわけで・・・。

 

それにしても、昨日の開会式、

本番では、5輪のマークのひとつが開かなくて 残念だったね。



ロシアの国営放送は なんとリハーサルの映像に差し替えて

完璧に五輪が花開いた絵を放送したそうだ。

プーチンさんの威信がかかっているからね。

失敗は許されないんだろうなあ。

機械なのだから 運が悪かったよね。

聖火の点灯などはばっちりうまくいったし

ひとつくらい うまくいかなくたって 感動は変わらないじゃない?

なんて アバウトな私は思う。

あるがままに受け入れるってのが 個人的には好きだなあ。

差し替えは 「ずる」じゃないの?

永久保存版の映像に残すなら 完璧なものに差し替えるのもありかと・・・。

それをさっそく当日の放送から 差し替えたとは 「らしい!!」

ロシアってそういう国なんだなあ。

そのほうがマイナスなイメージじゃない?

それとも、国家プロジェクトに絶対失敗は許されない・・・のかなあ?

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM