ボストン爆破事件のその後

  • 2013.04.21 Sunday
  • 15:25
 昨日ボストンの爆弾事件の犯人、ロシアからの移民で

26歳と19歳の兄弟が、兄は警官との打ち合いで死亡し

弟も銃撃戦の末に 民家の裏庭のボートに隠れているところを

逮捕された。

 

彼は、警官との撃ち合いで怪我をして 重態で

病院で治療を受けているが、身柄を確保され

一応の解決をみたのを受けて 今日のニュースは

それ関係のニュースで 忙しい。

 

あるテレビ局は、ロシアに住んでいる容疑者の父親のところに

早速インタビューに 駆けつけていた。

父親という人は 車に乗ったところに マイクを突きつけられて

いたが ほとんど何も言わず 苦しそうに車の窓を閉めていた。

犯人とはいえ 息子たちが、一人は 死んでしまったし 

もう一人も重態で、犯人の親だといわれても、

寝耳に水なのだろうなあ。

それにしても、すごいなあ。マスコミ魂。

 

ニュース以外にも、ドラマ仕立てで被害にあった人たちの

「あの時」が物々しくお涙頂戴風に作り上げられていて

なんだかよそよそしい。

紙一重で 生死を分けた人々 一人ひとりにドラマが

あるに違いないから いくらでも 番組ができるに違いない。

それにしても、あまりにも作られていて 

見ていてなんだか空々しい。

マスコミの過剰放送は 逆効果じゃないだろうか?

 

たまたまそこに居て 巻き込まれ亡くなられた犠牲者と

その家族、そして、怪我をした人たち

どんなに辛いめにあっていることだろう。

やるせない気持に違いない。

それは 分る。


しかし、分らないのは、

事件が解決したとお祭り騒ぎに なっていること。

なんだかなあ。もっと 静かにできないのかしら?

静かに 悲痛に 厳粛に でも、希望を持って。

と、思うのは 私が日本人だからなのだろう。


この国の人々には そんな観念は 無いみたい。

どんな悲劇があっても 日常は 動いていく。

時は その前と同じように 進んでいく。

あまりにも 同じように進むので むごいように思える。

 

それでも、希望を失わないで 生きていくために

景気づけしないといられないのかな?

アップダウンが激しいのね。

われわれが思うより ずっと、ずっと。

 

今日ボストンスタジアムで行われた野球の試合では 

被害にあった人の代表やボストンマラソンでボランティアで

働いた消防士たち、などなどが招かれて 試合前に

観客に紹介され 厳かに 国歌が斉唱されて 

試合が開始された。

 

愛国心が 鼓舞されること 限りなく・・・。

ここぞとばかりに。

 

そして、事件の解決に向けて

犯人の背後に誰がいるのか?

FBIの捜査は まだまだ続くらしい。

 

ちなみに 去年 ボストンに行ったとき

あのゴール近くに泊ったってことをニュースを見ながら思い出した。

歴史のあるとても素敵な町並みで 有名大学なども多く

雰囲気は抜群だった。

あの町が 大騒ぎになっているなんて なんだか信じられない。

「ボストンは教育の街」↓

http://americajijo.jugem.jp/?eid=442


コメント
マスコミの便乗報道、誇張してる部分あるかもしれませんが、概ねまともにやってると思います。解決したとお祭り騒ぎになったのではなく、自宅から外に出れないほど危険だったのが解かれた、かつ、犯人が生け捕りにできたので喜んでるのです。
  • けけいこ
  • 2013/04/22 12:56 AM
けけいこさん<

これからの捜査でどんな真実がでてくるのでしょう?

アメリカはすばらしい国ですが 闇の部分も多いと私は思います。

アメリカが抱える問題が、こんな事件を起こさせるのでしょう。
古くは イスラエル問題にはじまり、そして、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン戦争、イラク戦争などなど アメリカ社会の奥深くにすくう膿が 時々 あふれ出てくるような・・・。

話はまったく違いますが 税金に腹を立ててIRSのビルディングに突っ込む人がいたり、どうしても揶揄したくなってしまいます。

  • Mitsuko
  • 2013/04/22 1:44 PM
もうひとつ、クリストファードーナー事件の情報提供の報奨金ですが
裁判沙汰になっているようですね。
これも 聞きかじりなので 詳しいことはもう少し調べないといけないですが・・。
金額が金額だからこういうことになるんだろうけど、
裁判やったところで 弁護士が儲かるだけなのに。

税金ですよ。税金。
裁判すれば お金がかかるのに。
なんだか判然としません。
  • Mitsuko
  • 2013/04/22 1:56 PM
日米比較じゃないですが、どちらの国も同じくらい闇の部分があるのは知っています。「聞きかじった」ニュースというのが、そもそも危険です。あとは画面にいる人たちの印象、なんとなく「こんな風に言ってるのかな?」くらいにぼんやりと印象だけで結論を出す。この手法を突いて上手く人々を扇動したのがかのナチのプロパガンダ担当のゲッペルです。「民衆のほとんどは裏チェックしないで信じ込む」と言っていた人です。ニュースはReuter、CNN、WSJのような中立的立場で正確に報道する記事をしっかり意味を確かめてから発信するべきではないでしょうか・・・・・発信しているという立場と自負を持っているのならば。

揶揄の点ですが、もちろん揶揄するしないはMitsukoさんの自由ですよね(言うまでもなく)。私には、Mitsukoさんの事件に関する見解というのが、後だしジャンケンのような、横からチョイチョイと足を絡めてくるだけの冷やかし感の中に「アメリカってこんなに単純な国なのよ。やーねー。」みたいな味が加味されていると感じたのです。そういうのが多いですよね、Mitsukoさんの書き方は。私はアメリカも日本もどちらも好きですが、アメリカにお世話になってる私たち新移民が、そんな風に無責任に日本に向けて発信するのは、いかがなものか?という疑問が湧きました。
  • けけいこ
  • 2013/04/23 9:29 AM
聞きかじりについて
自分の聞き取りの力には大いに疑問があるので、大事なことはウェブのニュースをチェックします。
どちらでもいいことは、それほど入念に調べません。

アメリカについての見方は
多少意地悪かもしれません。
本当に感動することがあれば 正直に書いているつもりですが・・・。

住めば住むほどアメリカ社会の矛盾を感じるというのが今の私です。
  • mitsuko
  • 2013/04/23 10:19 AM
祖国に戻る選択もありますよ。英語をしっかり聞き取る、読み取る。深い考察力、洞察力を駆使しながら現地のニュース・ソースをくまなく追って初めて事件や時事関連に言及できるのですよ。そうじゃなきゃただの日記として気軽にSSNなんかにアップしとけばいいだけです。私もちょっと疑問を感じていましたので書きました。建国に関連したイベントで殺傷事件を起こせば、日本で起きたとしても愛国心を逆撫でされるでしょう。アメリカはだからダメだという書き方は読んでいて恥ずかしくなります。そういう人は日本にいても、同じで日本を茶化したりするのでは。この方の場合、時事関連はあまり書かない方がいいと思います。
  • Sashimi
  • 2013/04/24 12:40 AM
Sashimiさん、ケケイコさん、

ご意見、ご忠告、
ありがとうございます。
  • Mitsuko
  • 2013/04/24 12:54 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM