「ナンバーズ」

  • 2013.03.31 Sunday
  • 01:59
「ナンバーズ」にはまっている。

テレビの刑事物シリーズの一つ。
再放送だ。

FBIのエージェントを兄に持つ天才数学者が
その恐るべき数学力でFBIに協力して
難事件を解決してしまうというお話。

舞台はロサンジェルス。

どんな難事件もその数学のロジックを使って
解明する。

例えば、飛行機事故の落下物の飛散状況から
荷物が足りないことに気がついたり
犯人の行動パターンを数字で割り出して
先回りして 犯人を待ち伏せしたり。

数字の組み合わせでこんなことまでできるのかと
感心してしまう。
凡人の私にはちっとも訳のわからない計算式で 人間の心理まで 探るのだ。

テレビだからね。
実際にどうかはまた別の話だと思うけれど。

そうは言っても、テレビ番組だとわかっていても
その鮮やかな解決方法にびっくりする。

しかし、計算式で 事件を解決?
アメリカらしいなあ。
人間を数字で割り出すなんて 非現実的。
だけど、アメリカなら やりかねない。
そんな気がする。

それにしても、アメリカというのは 不可解な国だ。

日本人は 暗算が得意だし普通にだれもが簡単な計算は出来る。
これ常識。

しかし、アメリカでは?
ほとんどの人たち(一般の人たち)は 計算が出来ない。
彼らの計算能力たるや 怪しいことこの上ない。
お店のレジで 現金を使ったら かなりの割合で
お釣りを間違える。
これ、常識。

そうかと思えば このドラマの主人公のような
天才がうじゃうじゃいる。
世界中から天才が集まっているのだ。

変な国だねえ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM