キャディーの鬼ごっこ

  • 2013.02.03 Sunday
  • 06:23

2日ほど前 テレビ中継のゴルフトーナメントを見ていた夫が突然、

「あーー、こんなことまでする!!」

と叫んだ。


フェニックスオープン予選の一こま。

 

台所で食事の支度をしていた私、その声に思わずテレビを見ると

ゴルフバッグを担いだ若者とそうでない若者が 走っている。

 

「何が起こったの?」

とわけの分らない私に 夫は録画画面を少し戻してくれた。

 

ちなみに、残念ながら、今回は予選落ちした石川遼君も

木曜日の予選の画面には ちらちらっと出ていた。

 

問題の二人は どうやらそのトーナメントに出ている選手のキャディーたち。

顔を見合わせる(よーいどんの合図らしい)と二人は走り出した。


重たいゴルフバッグを抱えて懸命に走る二人。

と、一人が遅れを取った。

と思ったら遅れたほうのキャディーは 

自分の背負っていたゴルフバッグを脱ぎ捨てて 懸命にダッシュ。

最後は グリーンに向かって スライディング。

 

それから判断するに「どちらが 先にグリーンに到達するのか?」という

勝負だったらしい。

タッチの差だった。どっちが早かったかは定かでない。


それは、ちょっとしたキャディー同士のお茶目な戦いだったようだ。

 

夫は「ここまでするかあ??こんなの始めて見た」と大うけ。

 

先ごろ富にアメリカナイズが激しいのだけれど

根がまじめな日本人の私はそれを見て思った。

 

まじめなゴルフの試合の真っ最中に(テレビ放送もされているのに) 

キャディー同士がかけっこ???

そして、負けそうになったからって 

大事な選手のゴルフバッグを かなぐり捨てて 走る???

日本じゃ、絶対 ありえへん! 


さすが アメリカ人(アングロサクソンか?)は 負けん気が強いなあ。

選手同様 確かに キャディーも同じ気持で 戦っているんだろうなあ。

凄い!


しかし、もしこれが日本での試合で 起こったとしたら??

非難ごうごう???になりそう。

 

それ以前に 真面目過ぎる日本人の間では 起こりえないか?

 

ゴルフの中継の一こまを見ながら いろいろ考えてしまった私。


そして、今日はそのトーナメントの決勝一日目だ。
テレビで やっている。

見ていたら、真相が明らかになった。

フェニックスオープンの最終ホールのキャディーの鬼ごっこは
どうやら 毎年恒例のもので 許されているらしいと判明。

そういえば 女子のトーナメントでも 
優勝者は 池に飛び込むのが
恒例行事になっているものもある。

見ているものを楽しませてくれるファンサービスってことらしい。

ファンあってのスポーツだからね。
エンターテイメントが徹底しているね。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM