ディッシュウォッシャー(食器洗い機)なんとかしないと その1

  • 2012.11.08 Thursday
  • 14:06

ディッシュウォッシャーから 変な音がしだして

使わなくなってから どのくらいになるだろう??

なんだか音がし始めると同時に 洗ったはずのお皿が

汚いままだったりして もしかしたら壊れたかな?

と、思ったのが 今年のはじめごろだった気がするので 

もしかしてかれこれ1年になるかもしれない。

いや、もっと前かな?それ以上かも・・・。

 

食器洗い機は 主婦の見方。便利な電化製品のひとつだ。

それが壊れたのにこんなに長い間 放っておくとは??

我ながら 不思議。

 

それが使えていたときは 毎日 欠かさず使っていた。

鍋も食器も すべてその中に入れて 上手に使っていた。

 

しかし、使えないと思い始めてからは 使わないのが

いつの間にか 普通になっていた。

普段は 小人数なので どちらかといえば機械を使わずに

手で洗った方が早いし、綺麗になるので マシンが無くても

そんなに困らなかった。たまに 大人数になると

ちょっとだけ 不便だと感じるくらいだった。

 

しかし、2週間後にサンクスギビングを控えてさすがの私も 

そろそろ修理をしたほうがいいかもしれないと 考えた。

今月は サンクスギビング、その一ヵ月後12月はクリスマスだ。 

 

最近家族が増えたので イベントのたびに どっと大人数になり

主婦としては そんなときは猫の手も借りたい。

汚れた食器をがんがん突っ込んで 文句も言わずに洗ってくれる

食器洗い機は やっぱり必要かも。

 

どうして 壊れて一年近く放っておいたのか?

 

理由は、修理が面倒だから。

何がそんなに面倒だって???

電気製品の修理のサービスって 本当に面倒なんだよね。

 

最初に メーカー指定のサービスに電話して 

修理の日にちを決めるのだが・・・、

メーカーの指定というけど いったいどこに電話するの?

から始まるわけで・・・。

 

今回も どうしようかなあと思いつつ いつの間にか

一年近く経ってしまったのだった。

 

しかし、私の場合、重い腰を上げたら 早いのよね。

 

早速、ウェブですぐに来てくれるのは???と、探すと、

今は 電話なんてかけなくていいのね。

サービス会社のウェブのフォームに書き込んで

進んでいくと アポイントメントが取れる。

 

費用は、訪問し 修理の見積もりをするそれだけで

75ドル(約8000円)だという。

 

あせっているので あんまり考えずに 翌日の朝の予約を入れる。

待ち時間は7時から10時。

早い時刻を指定する。朝の7時は早すぎるかと

思ったけれど、今まで、何度か大型電気製品を 

修理してもらっているが、アポイントメントの最後の

時間切れすれすれにやってくるというのが

お決まりのコースだった。

7時は、早すぎるかもしれないと思ったが 

どうせ早くは来ないと たかをくくった。

 

が、そんなときに限ってきっちりサービスは

朝一番にやってくる。

 

まず、朝 7時前に電話が鳴った。

ルルルルル!

こんな時間になんだろう??と不思議に思って

「もしもし」と電話に出ると、

録音の機械がしゃべりだした。

Sxxxのサービスです。あなたの予約時間は

今日の7時から10時です。順番は一番ですから

修理の人はもうそちらに向かっています。

もし、予約時間を変えたいなら・・・・」

 

ひえ〜〜、早いねえ。もう来るの??

 

<その2へ続く>↓

http://americajijo.jugem.jp/?eid=652


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM