風邪を引いたら

  • 2007.01.26 Friday
  • 03:59
久しぶりに風邪を引いている。
どうやら 娘からもらったようだ。
今、この手の風邪がはやっている。

というわけで、今日は 病院のお話。

ウチの娘は いつも元気。
人より体力もあり 風邪を引くことなどめったにない。

が、今回は例外らしい。
のどが痛いと言い出したのは 火曜日の午後。
学校からかえると、
熱っぽくのどが痛いという。

しかし、おなかがすいたといい
夕飯は いつものように食べる。

食欲があれば 大丈夫。
少々熱があろうと
心配はない。
いつもなら 寝ておきたら けろっと良くなる。

タイレノールという薬屋さんで買える解熱鎮痛剤を飲ませ
頭を冷やしながら、早めに寝かせる。

さて、子供が熱を出したとき どうするか?

こちら(アメリカ)では、まず3日は様子を見る。
高熱でふうふう言っているからとすぐにお医者さんに行っても 
一日目では薬も出ない。

処方箋なしで買える解熱剤などを飲ませながら
もう2日ほど様子を見なさいと
何もせずに帰されるのが普通だ。

病院へと駆け込むタイミングは
高熱3日目、
緑色の鼻水、
中耳炎で耳が痛くなる
など、
このどれかの症状がないといけない。

大人の場合もしかり。

日本から来てすぐの頃は
このタイミングがわからないので
いつも難儀をした。

日本の場合
いくら薬屋さんで解熱剤や風邪薬が買えたとしても
大人ならそうするとしても、
素人判断で子供に解熱剤などの薬を飲ませて
様子を見るようなことはしない。

39度以上の熱が出たら
すぐにでも お医者さんに飛んでいく。
子供が小さければ小さいほど
お医者さんに駆け込む回数は多い。

日本と同じような感覚でいた初めのころ
わけのわからない英語を使って予約を取り、
予約といっても終わるまでにたっぷり1時間以上はかかる診察を受け
もう少し様子を見なさいといわれて
へとへとになって帰された翌日、
中耳炎を併発し、痛がり泣き叫ぶ子をなだめながら
またまた はじめからやり直しをするということを
何度繰り返したことか!!

遅かれ早かれ中耳炎になるとわかっているから
早めに診察してもらっているのに
なぜ、薬もくれないのだろう?
こんなに痛がるまで 待たなければいけないものなのか?

何度ドクターを恨んだことか!!

恨んでも文句を言っても、
抗生物質などを容易に出さないのが
アメリカ式。

薬をもらえる条件がそろわないと
いくら診察を受けても 抗生物質は処方されない。
病院にいくだけで疲れるし、まったくの無駄足となる。

それはそれで理にかなっているのだが
なんとも納得のいかない私だった。

12年前、末娘6ヶ月のときに
アメリカ生活を始めた私たち。
この病院事情を飲み込むのに
時間がかかった気がする。


さて、今回の風邪だが
翌朝、良くなるかと思ったが かなりの高熱となる。
測ってみると、102度に近い。
テストだったが、こんな状態では 無理なので
学校を休ませることにする。

が、熱が出てから2日目なので
病院へ行くのは まだ早い。

時間が経過、午前中のうちに熱が少し下がる。
この分なら、3日目にはけろっとよくなるかもと様子を見る。

3日目、朝方、まだ、熱っぽい。

若しかしたら
ストレップ・スロート=悪性で流行の風邪か?

1月の半ば 娘の学校から
「のどがはれて熱の出るストレップ・スロート
=悪性で感染性ののどの風邪が はやっている。
かかった子は学校にきてはいけない。
それらしい症状が出たらすぐに医者に見てもらうこと」
という緊急のお知らせが イーメールで送られていたことを
思い出す。

さすがに心配になり
朝一番に病院へ電話をすると
運良く12時の予約が取れて
診てもらう。

病院には 時間通りに到着。
待合室で少し待った後 
診察室に通される。

そこでも少し待ち、看護婦さん 登場。
電話で 熱と咳とのどの痛みが3日続いていると説明したはずなのに
また、来院の理由を聞かれる。

症状を説明すると
熱を測ってカルテに書き込み 
ドクターを待つようにといって部屋から出て行く。

また、少し待つ。

しばらくしてドクター(女医さん)の登場。
今日は、どうしたの?
と同じ質問。

またしても、同じ説明をする。

ドクターは、耳の中、のどを調べ
聴診器を当てて 肺の音を聴く。

結果はのどが赤いがただの風邪のようだが
念のためとのどの粘膜の細菌検査。
綿棒を巨大にしたようなものを使ってのどの粘膜を採取。
結果は数分すると出るから待つように
といわれる。

またしても待つ。

結果は?

悪性のものではないから大丈夫。
その後も3日以上熱が続くようなら また 来なさい
と、言われ 安心して帰宅。


その3日後、まだ、微熱がある娘。
またしても病院へ行く。

が、これも勇み足。
幸い、そのときも大丈夫との診察。
またしても取り越し苦労となる。

それはそれでうれしいことなのだが、
あーーあ、めったに熱を出さないから
どうやら母の勘が鈍ったらしい。


それから 一週間、
いまだに、娘とともに 風邪症状をぐずぐず引きずっている。


皆さんは、いかがお過ごしですか?
もし風邪を引いてしまったら
暖かくしてよく睡眠をとって
早めに風邪をやっつけてくださいね。





コメント
わかりますー。
ほんとタイミング大事ですよね。

でも、うちの場合はかかりつけのお医者さん、結構抗生剤を処方します。それくらいひどいことが多いのかもしれないけれど、熱がでると私は100度になればすぐ、病院にいってしまいます。それも金曜日とかが多いので、念のためというか…。
うちの小児科の先生がめずらいしのか、いつも子供たちが風邪をひくとひどいのか…。
どうなんでしょうか?
  • ぽんぴん
  • 2007/02/03 8:49 AM
お大事にしてください。
ぽんぴんさん<

ウチの小児科医が特に厳しいのかしら?

ずっとそこにお願いしているので
そこしか知らないのです。



カルちゃんのママさん<

もう、すっかり大丈夫です。
ありがとうございます。

  • Mitsuko
  • 2007/02/06 3:22 AM
Mitsukoさんへ

はじめまして。
アメリカの医療事情について調べてみようと、たまたまMitsukoさんのblogを見つけて、大変なこともあんなに面白く書かれて、思わずに笑ってしまいました。(失礼ですかなぁ)
また時々見ようと思います。
では、風邪を引かないように、体に気をつけて下さい。
  • Liuane
  • 2008/04/09 2:57 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM