ホワイトカラー(テレビ番組)

  • 2012.08.31 Friday
  • 15:44
 「ホワイトカラー」日本でもDVDが売られているようなので

初回のあらすじなど 紹介してみようと思う。

 

アメリカUSAの人気テレビシリーズの名前。

2009年の10月からシリーズ開始。

現在 アメリカでは シリーズ4が終わるところ。

 

ホワイトカラーというのは 頭脳犯罪。

簡単に言えば、詐欺だ。巧妙なうそで人をだまし

まんまと他人のお金を盗む。

 

犯罪者(時にニール)とFBI(ピーター)の知恵比べが面白い。

ロイヤルペインズと並ぶお気に入りのシリーズ。

毎回 これでもかこれでもかと犯罪者とFBIとの間に頭脳戦が

繰り広げられて 目が離せない。

 

第一話は 3年前に放送された。 

最初から息をもつかせぬはらはらどきどきの連続。

 

 

「第一話のあらすじ」

 

ニューヨーク近郊の刑務所にいる一人の受刑者(若い、美形の男)が 

脱走を試みる。

周到に計画された脱獄が 粛々と実行される。見事だ。

 

まんまと脱獄は成功。

脱獄者の名前は ニール・カフェリー。

詐欺師だ。どうやら頭もいいらしい。

それに 気が利いている。女性の扱いもうまい。

上流階級のマナーも身につけている。

 

ニールは 恋人の下へ急ぐが・・・。

しかし、それは巧妙に張り巡らされたFBIのわな。

再び捕らえられるニール。

 

ニールを捕らえたのは FBIの特別捜査官 ピーター・バーク。

前回 ニールを捕らえたのもピーターだった。

2度も逮捕されるとは、どうやらピーターのほうが上手のようだ。

再び刑務所へと後戻りのニール。

 

そのニールがある日、ピーターに呼び出され、

ある犯罪捜査に協力を要請される。

ニールの得意のホワイトカラー犯罪の捜査だ。

「毒には毒をもって制する」と、

ピーターはニールの知恵を借りようと彼を呼び出す。

 

犯罪者であることに変わりはないが、

捜査に協力する見返りとして 

ニールはニューヨーク市街のアパートに住むことが許される。

しかし、自由に動けるわけではない。

足につけられたGPS発信機で

どこにいるかをピーターに常に監視される。

 

この不自由な状態で まんまとピーターの裏をかいて

再び恋人の消息を捜し求めるニール。

 

昨日まで敵同士の二人が 難しいホワイトカラー犯罪を

次々と解決していく。

が、裏では 常に腹の探り合いをしている。

〜〜〜〜〜〜

 

とにかく、この知恵比べが見ていて楽しい。

本物の犯罪は こんなきれいなものではないと思うが・・・。

この話、似たような実話があるらしい。

アメリカの犯罪者への扱いは時々 ?(はてな)の部分も多い。

司法取引(大物犯罪者を捕らえるために情報提供すれば 小者はお咎めなしになる)

などは なんとも 納得がいかなかったりするのだが、

ホワイトカラーのニールには 寛大になってしまう。

あくまでもテレビ番組だからね。

常識で考えると、あんなに頭がよくて ハンサムだったら 

まともに生きていく道が ありそうだけど・・・。



本物のFBIのホワイトカラークライムに関するホームページ↓

http://www.fbi.gov/about-us/investigate/white_collar/whitecollarcrime


JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM