optometrist (眼鏡医)とophthalmologist(眼科医)

  • 2012.08.28 Tuesday
  • 14:54
 英語がわからないというのは悲しい。

お医者さんにかかるにも すぐに決心がつかない。

 

だけど 毎朝 鏡に映るでっかい目やに、

気になって 気になって 仕方がない。

 

日本の眼科医は 眼鏡屋さんとは違うが

アメリカの眼鏡医は 簡単な診察をしてくれて、

眼鏡もそこで作ることができる。

ずっとお世話になっていた目医者さんは 

日系人で 日本語がわかるので 助かっていた。

 

ところが、いつのころからか目のふちが赤くなって 

肌荒れのようになり傷になっているかのように

ちくちく痛んだ。

それに、目が時々無性にかゆかった。

その症状から アレルギーだと思っていた。

 

去年あたりから 目やにが出始めて、

それが だんだんひどくなった。

薬屋さんで売っているアレルギーの目薬を 時々つけていた。

しかし、目のふちの赤みも目やにも一向によくならなかった。

そんなに大したことではないと放って置いたら

症状がどんどん悪くなってしまい

さすがに病院にいったほうがいいと思うようになった。

 

友達にいい眼科医を教えてもらい

やっと重い腰を上げて 受診した。

日本語が通じないのが 難だけど・・・。

 

うーーん、やはり違うみたい。

眼科医の診察とその診断、今までに受けたことのないものだった。

目の中に塗る塗り薬を処方された。

 

これで でっかい目やにから開放されるだろうか?


それにしても 最近医者通いばっかり。

年だねえ。


JUGEMテーマ:健康

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM