唸っているうちに・・・

  • 2012.08.01 Wednesday
  • 13:22

 勉強会で 日本人の移民の人たちの川柳100年史

というものを知ってから 川柳に興味を持った。

http://americajijo.jugem.jp/?eid=478

 

それ以前の私は 川柳というと、毎年日本で選ばれる

「サラリーマン川柳」くらいしか知らなかった。

 

ぷーっと噴出してしまうようなものから

「そうそう、そうなんだよねえ」と

納得してしまうものまで ウィットに富み

ブラックジョークが入り混じり 自虐的なものから

お上を揶揄するものまで 楽しいったらない。

周知の通りサラリーマン川柳は文句なしに面白い。

 

今年の一位は

「宝くじ当たれば辞めるが合言葉」

実感こもる!

60万ドルが当たると聞いて 初めてメガロッテリーを

買ってみたばかりなので 身につまされる。

http://americajijo.jugem.jp/?eid=424

 

女子会と聴いて覗けば六十代(サラリーマン川柳)

 

うーーん、私たちの場合

まだ全員50代だけど 女子会もときどきね。

http://americajijo.jugem.jp/?eid=353

覗いた人は ひっくり返るのかな?

 

が、川柳を 自分で作ろうと思ったことはない。

川柳は どうも私には 合わないような・・・。

 

どうしてこういう発想ができるのかねえ!

と感心するばかり。

 

自分にも こんなセンスがあったらいいのになあ。

言葉遊びの中に 時事問題、幅広い知識

そして 一ひねりする頭の良さ。

 

頭が切れないとできないよなあ。

 

そんなしゃれたもの 私は まったく持ち合わせていない。

どちらかというと、糞が着くほど(汚い言葉でごめんなさい)

頭が固いらしく 冗談は通じないほうだし 

面白いこともいえないし 

つまらないやつなんだよね。私って。

 

「無理、絶対無理」と思っていた。

ひねっても何も出てこないし・・・。

 

そりゃあ そうですよね。

そんな簡単に出てきたら 困るだろう。

 

しかし、同じ勉強会にいた人たちが

張り切って投稿して 入選していると聞いた。

すごいねえ。皆さん。やるなあ。

 

そして、その川柳の会を主催している講師の

関三脚さんより 投稿のお誘いメールが 

届いたりしているうちに 

考えてみようかな?挑戦してみようかな?と

むくむくと冒険心が沸いてきた。

 

人生の辛い時期を 川柳で 笑い飛ばし

それを生きる糧にしていたかもしれない先達たちを

見習って 私もやってみようか?

 

根っからのお気楽性格、

そんなこんなで すっかりその気になってしまい

川柳に 初挑戦。

 

今月の御題は 「う」から始まる川柳ですって・・・

うーー、

うーー、

と唸っているうちに いくつか出来上がり、

締め切りも 迫っているので 投稿した。

 

結果が出たら ここでも紹介するつもり。

今は内緒。

 

その後にできたのが、これ。

 

うーうーと唸ってみたが句はできず(子猫)

(うーー、うーーと 唸り声のみ 繰り返す)

 

高木 子猫(川柳用の名前=柳名というらしい)

=こねまわすと猫の会の子猫をかけて こねこ(こね子)

 

お粗末!!

 

 

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM