キーボードのクラス

  • 2012.07.15 Sunday
  • 16:45

1998年の初めごろ、日本でも、インターネットが盛んになりつつあった。

コンピューターをインターネットにつなぎ イーメールでやり取りする。

PCは、仕事には欠かせないものになっていた。

少し遅れていたが、そのころ 日本でも そんな時代になりつつあった。

 

そんなころ、まぐまぐが 無料メールマガジンの配信というサービスを始めた。

私たちは それを使って 日本の人たちにアメリカでの暮らしを紹介しようと

アメリカ事情を書き始めた。

 

心配しながら応援してくれている日本の家族に 

私たちの日々の暮らしがどんな風なのかを

文章にして送ろうということではじめた。

 

生のアメリカ体験は 日本で思っていたのと違うことばかりで

目を白黒させられっぱなしだったから 伝えたいことはいっぱいあった。

 

最初の何通かは 家族全員で 書いた。

上の娘たちは高校生だった。自分たちの学校生活について書いたりした。

彼らは 授業でタイピングを習い PCへの打ち込みなど

難なくこなし、ちゃっちゃと書いていた。

 

そのころの私は、キーボードを打てなかった。

だから、最初は 娘に タイピングしてもらったり

キーボードを見ながら 右左一本ずつの指を使い

長い時間をかけて タイピングした。

 

 

同じころ、私は 必死こいてコミュニティーカレッジに通っていた。

目的は 日常最低限の英語の知識を身につけること。

「必要は発明の母」、がんばるしかなかった。

 

何十年ぶりに学校で勉強した。

そのとき、娘たちに進められて キーボードのクラスも取った。

あの英語力で ESL以外の一般のクラスを取るのは

ちょっと冒険だったけれど、がんばった。

 

おかげで タイピングを習得した私は アメリカ事情を書くのが早くなった。

 

キーボードを眺めながら 一本指で原稿を打っていたとき、

たとえクラスを取っても、不器用な私には 手元を見ないで

両手で 10本の指を使って 打てるようになるとは思わなかった。

どんな人でも打てるようになるからという娘の言葉を信じて

やってみたのだが、本当によかった。

 

そのとき、キーボードが打てるようにならなかったら

アメリカ事情は 今とは 違ったものに なっていたかもしれない。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM