日本語を学ぶ楽しさ

  • 2012.06.24 Sunday
  • 13:14
  ジョン キムさんは イリノイの11年生(高校2年性)。

「日本語や日本文化を学ぶ楽しさ」ジョン キム

セーラームーンが好きで日本語に興味を持った。
高校の日本語の授業で 日本語で「 千と千尋の神隠し」を見た時
千と千尋の英語タイトル 「Spirit Away」は違うということに気がついた。
Spirit Awayというのは どこか遠くに行ってしまうという意味で
千と千尋の神隠しの本当の意味を 表していない。
俳句も英語の直訳では その意味を掴むことがなかなか難しいが
授業で 先生が説明してくれたら やっと意味がわかった。
やはり日本文学は日本語で味わうべきだと思う。
もっと日本の文化を勉強して文学なども理解できるようになりたい
〜〜〜〜〜

ジョン キムさんの生スピーチ↓



確かに 日本のアニメを 英語で見ると「ちょっと違うなあ」と思う。
ましてや俳句の言葉だけを英訳しても ちんぷんかんぷんなのは当たり前。
俳句こそ 日本の風土 歴史 慣習 日本のすべてをわかってこそ
味わうことができるというもの。
俳句はわかろうとしない限り なかなか味わうことはできないかもしれない。
が、反対に わかろうとすれば日本人でなくても
日本人以上に 味わうことができるに違いない。

私達は 日本語が分かるだけに、
たくさんのことを 見逃しているのかもしれない。

日本語を操る楽しさ、
日本語で遊ぶ楽しさ、

日本人であることの誇り。

日本を離れていると見えてくるたくさんのものがある。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM