ハロウィーンがやってくる

  • 2006.10.27 Friday
  • 01:06
31日は、アメリカのお祭り ハロウィーン。


名前の由来は アイルランドのAll Hallows Eveなどからきていて
昔々のスコットランドのケルト族の土着のお祭りに
キリスト教のいくつかの宗教色が加わったもの
=(さまざまな土着の風習が混ざり合って出来上がったもの)で、
イギリスからの移民が、アメリカに持ち込んだこの風習は
今では、お国許をしのいでの大イベントとなっている。

日本人の私でさえ、
アメリカ生活12年目ともなると
薄気味が悪くて 気持ち悪いデコレーションで
家の周りを飾り
その日、「トリック・オア・トリート」と家庭を回る子供たちのために
お菓子を用意する。

この時期は、
さまざまに趣向を凝らした近所の家々のデコレーションを
見て歩くのも楽しい。

商業主義に踊らされているなと
思いながらも、
楽しんでいる。



さて、今年の仮装は
何にしようか?
コメント
 TRICK OR TREAT というのは、懐かしい。たまたまこの時は、校長の家にホームステイしていた。(明日は、HALOWEEN なので買い物に行く)という。
 で、この田舎町でただ一つの大型店に。
たくさんの菓子を買い込んで、HOLLOWEEN 専門店に。不気味なマスクなど、様々なグッズがある。
 当日、5時過ぎから、子どもたちの訪問。席の暖まる暇がない。過去、何人の子どもたちが、、と尋ねたら、100人くらいという。
 チャイムで日本人の私が出ると驚く子も中には、、。ほとんどの子どもたちは、こちらを知っているので、そんなことはないのだが、、。
 TRICK OR TREAT というのは、訪問する子どもたちが言う言葉。キンコーンと鳴ると 大きな声で叫んでいたのは、校長。
 普段、厳しい校長だが、職場を離れると、ユーモアたっぷり。菓子を渡すのは、私の役目。もう少し少なく渡して、、と。結局、菓子は余ったが、、。
 訪問者が少なかったようだ。
この校長は女性。異なる二つの州で小学校を見たが男性校長は一人もいなかった。教師自体が圧倒的に女性なのだ。
  • Shoji
  • 2006/10/27 6:02 PM
  27日のコメントで、HALLOWEEN のスペルが間違っていました。きちんと確認をしないで送信。
失礼しました。 この小学校40人余も教師がいて男性教師はたったの一人。土曜日、校長先生が、首都のWASHINGTON、DC迄、連れて行ってくれた。帰宅したら真夜中。
  • Shoji
  • 2006/10/28 3:40 PM
 28日の続編。Washington D、Cまで行った時はすでにホームステイ先が変わっていて、帰宅したら奥さんだけが起きて待っていて、玄関に着いたとたん、中からドアを開けられ、HUG、、、。
 帰国当日、まだ暗い、朝6時、別れをつげ外に出た。車庫までの途中で振り返ると、たたずんだまま、奥さんの顔に涙が、、。
空港までの長い道のり、ようやく明るくなった時は7時ころ。子どもたちとの日々、4軒のホームステイでのこと、想いだしたら涙が止まらなかった。
 これで、滞在、バージニアでのこと、終わりにします。
  • Shoji
  • 2006/11/03 5:19 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM