ばば業と親業

  • 2012.05.29 Tuesday
  • 16:56
この週末は メモリアルデーウィークエンドのため 3連休だった。

まごまごご一行様が おなりになり 楽しく過ごした。


長女が母親になって 2年が経とうとしている。

ということは 私のばば暦も2年というわけだ。

母親というのも、だんだんに母親になるわけだから 

ばばがばばらしくなるのにも時間が必要で 

2年も経てば、だんだんに ばばらしくなって当然なんだけど

いつまで経っても、頼りないばばである(自覚しております。はい)。

 

ばばとしては、娘の子育てを見ていると 自分が子供を育てた

ころを思い出すわけで・・・。

 

いつの時代でも 子育ては たいへん。

 

彼女は 良き伴侶を得て 本当に幸せそう。

婿殿は、すごく育児に協力的。手伝いの域を超えていて 

ちゃんと半々に参加している。すごい!国民性の違いか?

ドイツの人は 女だから育児 男だから仕事という区分けはないと

聞いていたが 本当だ。ちゃんと2人で親行をしている。

2人の息の合った子育てぶりには 感心させられる。

何でも二人で協力し合っている。


そういう生き方もあるのね。

自分にはできなかったけれど。

 

できなかったからといって 私を攻めないでね。

人それぞれ 立場も時代も違うわけで、わが娘たちは、親が頼りなくても

それぞれにいい子に育ってくれている(と私は思っている)。

そして、そういう結果が出ているということは 私の子育ても 

間違っていたわけでもなさそう(と自分を慰める)。              

 

娘たちはもっといい親であってほしかったと思っているんだろうけど・・・。

 

彼女たちの期待に沿えなくて申し訳ないけど、完璧な人間なんて

いないから、精一杯足りないところをがんばっているってことで 

勘弁してね。

 

そんなこんなで 不出来ながらがんばってやってきた子育ても 

もうすぐ終わりだね(末っ子が高校を卒業するときが私にとって

子育ての最終章)。

 

そして、子育てが終わらないのに始まってしまった ばばへの道。

なんだか切れ目がないね。


切れ目がないと子育てとばば業をごちゃごちゃにしそう。

でも、ばば業と親業とは違うわけで 

まずはそこをクリアにしないといけないね。


私としては 少し ゆっくりする時間がほしかったかもね。

欲を言えば・・・。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM