五千円ありがとうございます

  • 2012.01.20 Friday
  • 14:01
JUGEMテーマ:日記・一般
 
そのとき、私は友達2人とおしゃべりをしながら
楽しく お昼を食べていた。


一人の友達が小学校の子供を連れて 
日本へ里帰りしたときのことを 話していた。
それは、ちょうど選挙の真っ最中だった。
選挙演説のため街には立候補者の応援をする選挙カーが繰り出して
「ご声援 ありがとうございます。ごせいえん ありがとうございます」
と繰り返していたそうな。
子供がそれを聞いて 
「お母さん、五千円 ありがとうございますって何のこと?」
というので
「五千円じゃなくて ご声援なの。応援ありがとうってこと」
と説明したという。

「そうねえ。アメリカで育った子に『ご声援』は通じないね。
こちらで育つ子には やはり日本語は難しいね」
と、同感したのだが・・・

問題は、その話をそばで聞いていた私だ。

「ご声援ありがとうございます」が「五千円ありがとうございます」
にしか 私には聞こえなかった。
何度聞きなおしても 意味がわかった上で耳を澄ませても
「五千円 ありがとうございます」
と聞こえるのだ。

えーーっ!!
そこまで 日本語が怪しくなってしまったの?私。
私の頭の中から「ご声援ありがとうございます」は
消えてなくなってしまったということ?
だから 何度聞きなおしても「五千円」になってしまう。

昨夜は 最も日本的な行事のひとつだと思うのだが
初句会(の真似ごと)などと しゃれていたというのに、
そして、たぶん日本に住んでいる人より 
自分のことを日本人だなあと思っていたのに・・・、

このギャップたるや どうしてくれよう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM