誘拐事件

  • 2006.06.03 Saturday
  • 01:40


朝、テレビをつけると
ロスの地方局現地ニュースで、
「アーバインで 誘拐未遂事件があった」
というアナウンサーの声。

アーバイン(Irvine)???

わがオフィスはそのアーバインにある。
我が家から20キロくらいしか離れていない近くの町である。

そこでの事件となれば、これは由々しき事態である。

いつもは、
朝おきてからしばらくは現地ニュースを見て
6時半から始まる日本語ニュースに切り替えるのだが、
今朝は そのままそのチャンネルを見続ける。


事の次第は、・・・

昨日、子犬を連れ覆面をして長袖を着た180センチくらいの男が
12歳の女の子に、犬を見せてあげると声をかけ
腕をつかんで車に引きずり込もうとしたという。

女の子は、つかまれた腕を振り切り
何とかその男から逃げ、家まで走って帰ったということで
無事だったらしいが、
類似した未遂事件が何度か起こっている
とアナウンサー。


それにしても、安全な町として名高いアーバインで
誘拐未遂事件とは?


いくらのんきな私でも、ぞっとする。

日本でも、子供が犯罪に巻き込まれる事件が増えているが、
アメリカの場合、この手の犯罪発生率は 日本の比ではない。
悲しいことに子供の誘拐は日常茶飯事だ。

だから、アメリカでは 子供を守るために
毎日の学校への行き帰りは、親の送り迎えが常識となっている。

子供を監視の目のないところに放っておくことは
児童虐待=犯罪となる。


というわけで、
アメリカには、11歳以下のかぎっ子は 存在しない。


わが娘も例外ではない。
学校が2時半に終わったあとは
彼女は、学校内のデイケア(学童保育)に直行する。


ところが、今年、11歳になったのを理由に、
しきりに友達と一緒に
家まで歩いて帰りたいと訴えはじめ、
この間は とうとう近所の友達2人とともに
歩いて帰ってきた。

我が家は、丘陵地帯にある。
周りには、アップダウンがあり 学校からかなりの距離がある。

いつも送り迎えは車だ。

車に乗ってしまえば5分ほどの距離だが
歩くとなると30分以上はかかる。

歩くことなどめったにない生活で
いつもはほんの少しの距離を歩くのさえ嫌がる彼女だが
友達とおしゃべりしながら帰ってくるのはまた別物らしい。

どうやら、デイケアが面白くないというのも
歩きたい理由のひとつのようなのだが、
いまいち真相はわからない。

われながら いつものごとくのんきだが
わかったところでどうしようもないので
それ以上、追求しないことにしている。

その日、私は どきどきしながら家で彼女たちの帰りを待った。

授業の終了は 2時半。
3時を少し過ぎたとき、
私は腰を上げた。

いつもの道をたどっていけば
すぐに、どこかですれ違うはず。
もしすれ違わなければ、すぐに警察に連絡をしなくては・・・。

と、覚悟を決め 車に乗った。

家から出て、100メートルも走らないうちに
3人の子供たちが 元気に走っているのが見えて
ほっと胸をなでおろした。

それに味を占めた娘は その後も
「また、家まで歩きたい」を繰り返している。

歩いたほうが健康的だし
帰ったときに家にいられる日があれば
もう一度くらい彼女たちの冒険を許してやろうかと
思っていた矢先の今日のニュースだった。

やっぱり安全とはいえ、ここはアメリカ、危ないことこの上ない。
そんなリスクを背負ってまで
彼女たちの冒険を許すわけにはいかない。


なんといっても、安全が第一

コメント
この事件、ネットで知りました。
こういうのは初めてなんじゃないですかねぇ。
たまに事件はあったけど
この系のは聞いたことなかったですから・・・。
とにかく子どもさんの安全第一で気をつけてください。
  • カルちゃんのママ
  • 2006/06/03 4:27 PM
娘はちっともわかっていないようで
「いつ歩いてもいいの?」
と相変わらず聞いてきます。

が、心を鬼にして
「危ないからだめ!」
すると、
「じゃあ、学校が終わったらすぐに迎えに来てよ」
というので
「できたらね」
と、答えたのですが・・・。


はじめまして。mixiの足跡からまいりました。

うちの娘は12歳なので私もこういうニュースを
聞くとピリピリとしてしまいます。
最近、日本では道を尋ねた12歳の少女が犯罪に
遭いました。

携帯電話を護身の為に持たせたら友人間で使用して
莫大な金額の請求が来て頭を抱えています。
親心を子供は知っているのだろうか…。
自由を求め始める子供の傍にある危険から守る事は
なかなか難しいものだなと感じております。

Mitsukoさんも私も共に母と娘のお互いの心の
疎通がうまくいくよう頑張りましょうね〜。
  • Rita
  • 2006/06/23 3:54 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM