問題児なの?

  • 2009.01.24 Saturday
  • 04:46

一月ほど前のことになる。忙しい中にも平穏無事な日々が続いていた。が、人生そんなに甘くなった。昨年、指名手配犯のようにポリスに追いかけられる事件があったが、それと同程度の衝撃の事態に見舞われ、「あーあ、やっぱり人生いろいろあるもんだ!!」とまたしても思い知らされた。

 それは、・・・

 学校へと娘を迎えに行く途中にかかってきた夫からの電話で始まった。
夫、「学校の先生から なにかイーメールがきていたぞ」
私、「何??先生からイーメールが???大変だ。今度は何事???」


 なにしろ、学校から父兄宛の個人的なメールにろくなものはない。その前の学校からのイーメールは、何日も夜更かしを続けた結果 寝不足に陥ってしまった娘が「何度も授業中に居眠りをしている。このままではいけない。ちゃんと睡眠時間をとるように」という英語の先生からの警告のメールだった。彼女、つい先日十四歳になったばかり。日本の学校で言えば、中学二年生。ベイビーだとばっかり思っていたけれど 最近では、気難しいことこの上ない。寝る時刻もずいぶん遅い。平気で十二時ごろまでおきている。「早く 寝なさい」などと口をすっぱくしたって ちっとも聞きゃしない。「そろそろそういう年頃かあ」と、感慨にふける余裕を見せつつ「まあ、放っておくしかないか」と、様子を見ていたら 案の定 先生からの苦いお叱りだった。
 だから、今回も「何かまたやらかしたな???」と、直感したというわけ。娘の学校からは こんなとき 両親宛に同じメールが送られてくる。  

 家に戻ると早速イーメールをチェック。その内容は ハイスクールに行くためのコンファレンスだとの説明だった。今回は 居眠りをしているわけではないらしい。一安心。

 

 そのメールには懇談に都合のよい日はいつか?とあったので スケジュールを調整し 数日後に学校へ出かけていった。


 この学校での個人面談は初めてだ。いよいよ来年からハイスクールになるので 担任の先生と児童とその父兄との三者面談だと勝手に思い込んだ。
 担任のL先生のクラスにくるようにといわれていたので 約束の時刻通りに学校へ行く。が、駐車場についてから、「娘の教室はどこだっけ???」と、戸惑ってしまう。そういえば、「Back to School Night」という年度初めの説明会の時に 一度 学校へ行ったきりだ。その後は 送り迎えで学校へは行くが、車から降りたことがない。すなわち、それ以後 学校の敷地に足を踏み入れたことがないといういつものごとくののんきものである。
 担任のクラスは、どこなのか?うろ覚えだ。この期に及んで うろうろしてしまう。こうなれば、当たって砕けろ。片っ端から教室を覗くしかない。「ここかな?」と、ひとつの教室の窓から中を見ると、ピンポーン。大当たり。担任のL先生が ドアを開けてくれてて中へと通された。とりあえず、ほっとする。
 L先生、親切に「何か飲みますか?サイダーか水??」と聞いてくれる。お水をもらうことにする。水を渡してくれてから、もう数人がくるからと そこにある机と椅子を 円形にセットしはじめるので 手伝うことにする。
 椅子や机を動かしながら、「あれ、個人面談と思ったけど この説明会はグループで受けるのかな?他の父兄は のんびりだなあ。時刻はとっくに過ぎているよ。やっぱりアメリカ人は 時間を守らないなあ・・・」なんてことを考える。
 数分後、次々と面談の参加者が現れる。最初は、同じクラスの父兄かと思ったが、何か様子が違う。彼らは みんな胸に写真つきのIDカードをぶら下げている。彼らは、一般の父兄ではなさそう。PTAのボランティアをしている人たちかな??と、首をひねる。しかし、しばらくして それは頓珍漢な勘違いと気がついた。
 何人目だったか忘れたが、一人の先生が、「私は数学を教えています」と、挨拶した。次に、校長先生も現れた。
 なんとなんと!彼らは 全員が娘を教えてくれている各教科の先生たちだった。数学の先生、英語の先生、校長先生、スクールカウンセラー、担任のL先生は、社会科の先生。
 というわけで「えーー???何が始まるの???」と頭の中を はてなマークが飛び交う。訳がわからないままに懇談が始まる。
 まずは、世間話のような感じで 娘が学校でよくやっているという説明がある。これは 彼らのお決まりの方法で まずはじめにしっかりほめる。その後に、あれこれと問題点を持ち出す。

 家には誰と住んでいるか?兄弟はいるか?本人はアメリカで生まれたのか?などなど、まるで取調べのようだ。それに、いちいち答えていく。が、びっくりしっぱなし。
 話が進むうちに わかってきたことは どうやら 娘のリーディング能力が 
英語のクラスで問題になっているらしいこと。  

 去年受けた共通テストのスコアを見せられる。バーバル(話し言葉)は問題なし。しかし、読解力が低いと、如実に出ているという。そして、こんなにアンバランスなスコアーは変なのだという。

 つまり、この懇談が開かれることになったのは、娘の英語の先生が あまりにも進まないわが娘の本読みに 頭を抱えてしまったこと。さらに、幼いころのことを作文に書かなくてはならなかったのに、彼女は 小さいころのことを覚えていないといって課題の作文を書かなかったことが問題になったのだという。そこで、先生としては、「なにか異常があるのでは?」と心配してくれて「このままでハイスクールにいったらみんなに遅れをとるだろう。それは本人のためにならないから、なにか手を打ったほうがいい」と、この懇談が用意されたというわけ。
 「はは〜〜ん。そういうことだったのか」とそこまで来てやっとなんとかこの大げさな懇談の状況を理解する私。


 わが娘、日本生まれの日本人だが、生後6ヶ月から こちらで育っている。日本語より英語のほうが数段得意だ。が、そこは 両親そろって英語を話す人たちに比べれば 英語能力は、劣る。天才ならいざ知らず たとえ表面的に自然な話し方ができるとしても 努力なしに彼らと横並びにはなれない。しゃべれるけれど 内容は いまいちだ。だが、本人は、そんなこと ちっとも 気にしていない。それをどうにかしようという努力もしていない。
 その「努力」という言葉だが、彼女の中には存在しないように見える。努力とか必死でがんばるとかそういう日本的など根性の世界は 彼女にとって、最も遠いもののようである。
 小学校の低学年のとき彼女を教えてくれていた家庭教師のお姉さんが あるとき面白いことをいった。「彼女はいつもいつもどうやったら最短の道でゴールにたどり着けるか?と考えている。ひとつのことに時間がかかるのは、わからないんじゃなくて 考えている時間が長いだけなんだよね」
 それを聞いたとき、「考えている暇があったら さっさと取り掛かればいいのに。そうすれば、短時間で終わるのに。私ならそうする」と わが娘ながら 理解に苦しんだ。小学校低学年の宿題でさえ なんとか楽ができないものか?と考えていたやつである。三つ子の魂なんとやら、今だって 彼女は 同じことを考えている。どうしたら 楽をして問題を解けるか?どうしたら 楽に本を読めるか?特に嫌いなものをやらなくてはならないときに それが顕著に現れる。


 先生方といろいろ話していくうちに、わかったような、でも 本当のところは、わからないような・・・。たぶん、私は 豆鉄砲を食らったような顔をしていたに違いない。校長先生 熱心である。そこに集まった先生方に いろいろ聞いてくれる。算数は?問題なし。社会も アップダウンは激しいけどちゃんとやっている。問題の英語も、本読みが進まないだけで 他のところは 平均以上にできているという答え。
 そして、さらに質問は続く、家族に読書を嫌いな人はいるか?勉強するのが苦手な人はいるか?など、ちょっと失礼じゃないの?と思うような質問までされるが、どう答えたらいいんだろう?あーーあ、ここで日本語で説明できたらちゃんと答えられるんだけど・・・。
 その我が家族が勉強に向かうときの姿勢はというと、勝気でお勉強大好き人間が若干一名。それほど がんばらないとしても ちょっとは努力はするというやつが 一人(これは 私。いつもお気楽マイペース)、そして、残りは、勉強が嫌いというよりは 要領がよくて それほど努力をしなくても 無難にこなせるタイプ。
 彼女の場合は 三番目のタイプ。気が向かないと どんな簡単なことでもやらない。つまり、できない。反対に、やる気にさせることができれば かなりの能力を発揮する。なにしろ頑固で 一筋縄では いかないやつだ。英語では
うまく説明できず ほとほと困ってしまう。

 

 最後に、先生から 

「何が問題なのかがわかるようなテストを受けてみてはどうか?そのテストは 学校と関係ないからお金がかかる。が、強制ではないし 義務でもない。でも、このままだと ハイスクールに行ってから ついていけないかもしれないので、早いうちに手を打って できることがあるならやってはどうか?」

という親切な(???!!)お申し出がある。
 「本人、ご主人とも相談してテストを受けるかどうかを 決めてください」
といわれ 懇談はそこで終わり、無罪放免となり帰された。


 その夜、早速本人に話すと、「テストは受けない。本読みは嫌いだからやっていないだけで できないわけじゃない。大丈夫だから」と、娘からは予想通りの返事。
 それからというもの どうしたものかを考え続けている。親として どうしてやったらいいものか?子供の教育のことであるから いくらのんきな私でも
真剣にならざるを得ない。もしかして、懇談のとき、先生が言ったことの本当の意味を 私は、わかっていないんだろうか??英語だからなあ。日本語で言ってほしいよなあ。
 夫は「もう十四歳にもなっているのだから 本人が判断してもいいんじゃないか?」という。
 が、それはちょっと親として無責任だ。なんとしても、そのテストを受けるよう本人を説得するべきなのか?しかし、いやだといっているテストを無理やり受けさせるのは 不可能に近い。それ以前に、そんなテストを受ける必要が本当にあるのだろうか?どうしたらいいのだろう?


 異文化圏で暮らす苦労を 久しぶりにまたしみじみと感じる出来事であった。


JUGEMテーマ:学問・学校

コメント
話を聞いてかなり頭の良い子なんだろうな〜って言うのが私の印象です。要領がいいってすごく私自信はうらやましい。私はとにかくステップ1が完全に理解できないとステップ2に進めないっていうタイプで、でもコンスタントにコツコツやるタイプじゃない。だから試験前とか範囲はch4〜6なのに、これを理解するにはch1〜3を勉強しなきゃと張り切ってやり始め、結局時間がなくなるというパターンでした。さすがに母親になってからは、ある程度要領よくないとやっていけないので随分できるようにはなりましたが。まあ、長い目で見たら大して気にすることはないとは思いますけど。。。でも、やっぱり親としては。。。とう感じですよね〜。
  • マッコ
  • 2009/01/25 1:47 PM
マッコさん<

親ばかだけど、
彼女の場合、
実際 頭は悪くないと思います。

でもねえ。
努力できないって言うのは
問題じゃないかなあって
思わないこともないわけで。

成績もけして悪くないし
それなりにがんばってはいると思えるから
今までは、それほど心配はしていなかったのだけれど・・・。

上の子たちのときもそうだったけど
子供の代わりに
自分が勉強できるわけじゃないから
見守ることしかできないんだけど

日本と違って
先生の言わんとするところが
どこにあるのか
皆目見当もつかないのが
不気味な感じ。

思いっきり異文化経験というのか
歯がゆいです。
  • Mitsuko
  • 2009/01/25 4:43 PM
先生のおっしゃりたいことは、「リーディングのスコアを、高校に入る前に上げた方がいい。そのためにはスコアが低くなっている原因を知る必要がある。読書量の不足も考えられるが、どうもはっきりしないので、ひとつの解決策としてテストを受けてみてはどうか。」ということではないでしょうか。したがって、原因と対策さえ見つけられればいいわけで、テストをうけるかどうかはあくまでもひとつのオプションだと思います。
実際、高校に入ると勉強の内容は中学の時より格段に難しくなり、その時にカギになるのは読解力だと思います。
Nちゃんの読解力に問題があるのかどうか、もしちゃんと理解しているのにスコアが低いとすればその原因は何か、ということを考えてみても無駄にはならないと思います。
アメリカで大学に進むつもりであれば、ご存知のようにSATテストのスコアが大きくものをいいます。エッセイを書く力もかなり要求されます。したがって、理解しているのに点が取れないというのは、すごく不利になりますから。
先生方は教育のプロですから、両親が英語を母国語としない子供たちもたくさん見てきておられるでしょう。(特にカリフォルニアでは多いですからね。)Nちゃんひとりに5人もの先生が集まってくださるなんて、素晴らしい学校ですね。
英語での勉強に関しては学校の先生が一番よくわかっておられるはずです。しっかりコミュ二ケーションをとっていかれるのがいいと思います。英語で話しづらければ、誰かに通訳に入ってもらうなどされてはどうでしょうか。
「日本語より英語のほうが数段得意だ。
が、そこは 両親そろって英語を話す人たちに比べれば
劣るのは当たり前。」
Mitsukoさんはこのように書いておられますが、決してそんなことはありません。こちらで育って英語が優位になっている子供は、すべての思考の基本が英語です。幼児ならともかく、中学生になればもう親の第一言語は関係なくなると思います。
文面から判断しておせっかいにいろいろ書いてしまいましたが、もし見当違いの内容でしたらお許しください。
異文化での子育て、大変だけどお互いがんばりましょう!
ゆうこさん<

いい学校です。本当に。
だからそこの学校を選んだのですが・・・。

イーメールで先生にはテストを受けたくないと本人が言っているのでもう少し様子を見てくださいと伝えたら、それを尊重するとの返事が来ました。

しかし、本当にそれでいいのか?との思いもあり すっきりしないのです。
それがどんなテストなのか?先生にもう少し詳しく聞いてみようかと思っています。






  • Mitsuko
  • 2009/01/26 2:58 AM
びみょ〜な線ですよね。
やる気だけの問題なのか
そうでないのか・・・
親御さんとしては思案のしどころで大変だと思いますが・・・
カルちゃんのママさん<

本人は「本読みなんて必要ない」の一点張り。
どうしたら 本読みの面白さがわかってもらえるんだろう???
  • Mitsuko
  • 2009/01/26 12:35 PM
僭越ながら我が家にもこういう状態の子供が約1名いますが、テストを受けさせました。学校が我が子をちゃんと見ていてくれるというふうに理解しました。そのうえでテストを受けさせようと判断し、もし病気(語弊がありますが)ならそのように対処してくれますし、本人の努力の問題なら またそのように対処してもらえるということでした。頭が良い悪いの問題ではなく、今後の成長の事を考えましょうというお話でしたので成績には関係ないと思います。本人にも好き嫌いの問題ではなく、自分のウィークポイントが良くわかったようで、適切な指導を受けることができました。ので、、、考え過ぎないようにしてください。
  • Tinychan
  • 2009/02/02 1:04 PM
Tinychanさん<

受けたというテストはどんなものでしたか?

悩むところですが
本人がそんなものは受けたくないといっているので
しばらく 様子を見ようと思っています。

面白い本に出会ってくれたら
本を読むのも 区ではなくなると思うのですが
何を薦めてやったらいいのか??
思案に暮れてしまいます。

上の娘たちは
私が好きな本を
好きになってくれたのですが

彼女は???

アメリカの子供たちって
何を読むんだろう?

大草原の小さな家シリーズは
まったく気に入ってもらえなかったし
さとうさとるの
小さな人シリーズ
は、英語になっていないし・・・。

ハリーポッターは
私がドライブ中にCDで聞いていたので
読む前に 全巻聞いてしまい
そのため
映画は親に付き合って見ているけれど
だからといって 本を読むほど
夢中ではないみたいです。

先日も長女が帰ってきて
末娘に本読みは大事という話をしてくれました。
が、そこでも
本読みをすることは
時間の無駄とがんこに言い張っていました。

しかし、学校は気に入っているというし
勉強も嫌いじゃあないというので

ただいま、様子を見ているところです。

そのうち
花が咲くかなあ???と期待して
相変わらずののんきです。
  • mitsuko
  • 2009/02/05 12:56 PM
本人がテストを受けたくないと言っているのなら、やはり今回は見送るのがいいでしょうね。

嫌いなことはやらないけど好きなことはとことん集中する、というタイプのように思われますが、それなら彼女の興味があることに関連した本を薦めてみたらどうでしょう?自然科学でも、歴史でも、ティーン向けにおもしろくしたものが必ずあると思います。Barns & Nobles のような大型書店のTeen や Young Reader のコーナーは彼/彼女らの日常生活に密接した本が目白押しです。

ご参考までに、うちの11歳の娘とその友達の間で昨年大ブレイクしたのは、Stephenie Meyer のTwilightでした。映画も大ヒットしたのでご存知だと思いますが、イケメン(?)バンパイアのエドワードと転校生ベラのサスペンスロマンスです。続編のNew Moon, Eclipse, Breaking Dawnも一気に読破してしまいました。そんなに面白いのかな、と興味を持って私も半分ほど読んでみましたが、やはりプレティーンからティーン向きですね。中年のおばさんにはどうってことないように思われましたが。
ファンタジーの分野がお好きなら、近々映画公開されるCornelia FunkeのInkheart, それに続くInkspellのシリーズも面白かったみたいですよ。

いずれにしても、「本読みは時間の無駄」と考える彼女にとっては、本を読む時間を惜しんでやりたいことがいろいろあるのでしょう。その興味の芽を伸ばしてあげる方法として読書できればいいですね。
  • 2009/02/06 2:52 AM
ごめんなさい、先ほど名前を入れ忘れました。サンディエゴのゆうこでした。
ゆうこさん<

今どういう状態なのかと思い
さりげなく 娘にチェックを入れたら
何の本なのかわからないけれど
50ページ 2回読んだそうな。
それは、自分としては すごいことだというので
まあ、徐々にではあるけれど
いわれたことを 自分なりに理解しようとしているらしいと
判断することにしました。

とにかく すぐにわかったとはいわないんですよね。
かわいくないというか
頑固というか。

来年からはいよいよハイスクール。
ますます親としてできることは減っていくと思われます。

見守るしかないですね。

  • Mitsuko
  • 2009/02/06 2:36 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM