タイヤ修理 その後

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 15:54

ディーラーに新しいタイヤを買うしかないと言われた

釘の刺さったそれは、運良くタイヤ専門店に行き、

Free=ただ」で直してもらうことができた。

2時間半=修理の間、そこで待たなくてはいけなかったが)

 

兎にも角にも、散財を免れて 喜んで帰路についた私。

 

「なんだかとっても車が軽いぞ!まるで弾むような感じ」

メンテナンスに出した後、車の調子が急に良くなったように感じるのが

常だが、今回も 同じようにやけに軽い。

4本中の1本といえども 空気圧が下がって警告ランプがつくくらいの状態で

それまでは ずりずりと重たい感じで走っていたので

余計に軽く感じるのだけど それにしても すごいハネ感!

 

そこで、走りながら 空気圧をチェック!

警告ランプが点く以前は 全く気にしたことなどなかったが

2ヶ月間というもの減り続ける空気圧をチェックするのが

習慣化している私。

 

すると、おや、まあ!

見たことがないほど 大きな数字が そこに。

40???えーー??いくらなんでも高すぎる。確か しばらく走って

タイヤが温まった後でも32くらいだよねえ。道理で跳ねるはずだわ」

家に向かう20分ほどの時間 高すぎる空気圧に

「タイヤがパンクするのでは?」

と、びくびくしつつ、

「タイヤ専門店で やってくれたことだから大丈夫なのかな?」

とも考え直したりして・・・。

 

でも、ディーラーで 調節してもらったときは

27ぐらいから始まって 上がったときも30くらいまでだったことを

思い出し、やっぱりちょっと心配になる。

 

そこで、ウェブで調べる。

この車の適正な空気圧は??

 

車のドアののり面に空気圧の表示があるということを 突き止め

確認すると なんと冷たい状態(走り出して直後が)で

29 PSIとの表示が。

「やっぱり40はないよなあ」

 

かくして 数日後、そのタイヤ専門店へもう一度出向き

タイヤプレッシャー フリーチェックとの看板が

出ているところに並び、

「タイヤの空気圧 高すぎるからなんとかして!」

と訴え、圧を抜いてもらう。

 

その後、現在は走り続けると34という値に上がる。

それでも高すぎるような気もするが・・・。

まあ、大丈夫かなあ。

それにしても、車のことを全く知らないで乗っていたけど

なにかが起こると ちょっとだけ知識が増えるもの。

 

当分空気圧のチェックは癖になりそう!

 

車のドアにある表示↓

 

 

JUGEMテーマ:気になること

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM