春眠

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 13:21

春の夢あくびの向こう犬が待つ 高木みつこ)  

季語 春眠(春睡、朝寝、春の夢、春を寝る)=四月・春

春の夜の眠りは心地よく、朝方になってもなかなか目が覚めない。

いつまでも布団から離れがたいのである。唐の詩人・孟浩然も

「春眠暁を覚えず、処々啼鳥を聞く」と詠っている。

 

 

 

 

 

 

カリフォルニアは 昨日から夏時間に。

夏時間は 明るい時間を有効に使おうというアメリカの政策で

春は 一時間早くなり 秋には 時計を元に戻す。

毎年のことながら 朝が一時間早く明けると面喰う。

携帯電話の時計は自動的に変わるのでいいとしても

面倒くさいのは 家中の時計をそのたびに合わせないといけないこと。

 

 

〜〜〜〜感情はモノを通して描写する 「俳句入門」金子兜太著より〜〜〜〜

 

俳句では感情を直接述べないように。

 

「うれしい」「寂しい」などの直截的な言葉を使うと、

句に深みがなくなります。

その代わりに、「うれしさ」「寂しさ」を感じさせるモノを描写するようにします。

モノに託すことで、読み手は作者の抱いている気持ちをいろいろ想像できます。

読み手に想像させる余地を残すことで、句に深みも出ます。

モノの描写を生かし、豊かな味わいのある句に挑戦してみてください。

 

コメント
サマータイムって一時間進めるんですよね。
3月11日に2:00→3:00にするんでしたっけ。
  • kakei
  • 2018/03/15 11:18 AM
多分。
そうだと思います。

アバウトですが 寝ている間に時計が進むので 正確には 何時から気にならないですが。。。
  • Mitsuko
  • 2018/03/15 12:22 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM