火の竜のごとく

  • 2017.08.03 Thursday
  • 22:18
短歌を詠むとき、
限りなく自分自身をそこに投影させる。
が、そこはフィクションの世界。
グロテスクでえぐい作品を詠んだとしても 
それは百パーセントの自分ではない。

そこには必ず遠くから自分を見るもうひとりの自分がいて 
脚色したり演出している。

それが短歌を詠む楽しさ。


毒を吐く 火竜のように 怒気荒く
気分爽快 五分の後悔



(高木みつこ)


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM