春はいつものメランコリック

  • 2008.03.16 Sunday
  • 00:38
「春はいつものメランコリック」    
                         
春が来た。
いつものように 
春が そこに。

去年と同じに
黄色い洋辛子の花が 
一面に風に揺れている。
きれいだ。


春なのに 
私の春はいつもメランコリー。

あの子が往ってしまった季節だから。
春になると思い出すから。

胸の中の大きな穴が
もっと大きくなって
冷たい風が通り抜けるから。

でも、
生きていける。
大きな暗い穴を持っていたって。

いつも冷たい風が吹いているわけじゃない。
いつもは、暖かい風で満たされている。
だから、寒くない。

でも、春になると
春なのに
冷たい風が吹いてくる。
悲しい思い出が
どこからともなく戻ってくる。

寒い!!
 
コメント
朝晩だけは寒いですからねぇ・・・
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM