クーラーを使う前に!

  • 2017.07.10 Monday
  • 16:53
いつの間にか 7月。
そう思っていたら あっという間に10日だ。

カリフォルニアは 日本に比べると湿気がないのでかなり過ごし易い。
朝晩はとても涼しくて 寒いくらいだ。 が、日中は 普通に暑い。
先週から 日中の外気温は90度F(32.5度くらい)を超える暑さだ。
さすがに暑い!

家の中の気温が26℃を超えたら やっぱりクーラーをつけたくなる。

そのクーラーだが、
アメリカのアバウトさ というかアメリカのほとんどの家がそうなのだが
我が家のエアコンは 一台しかない。
セントラルエアコンシステムだ。
各部屋ごとにエアコンがある日本と は様子が違っている。
これを動かせば家中一気に冷えるという代物。

が、効き方にむらが出るし なんたって無駄。
エネルギーの無駄遣い!
日本でちまちま育った私は 未だに
「もったいない」と思いつつ スイッチを入れる。

もったいないけど 暑い時には それを使うしかない。

どういう仕組みになっているかというと
異様にでかいエアコンの室外機が 居間の窓の外に設置されている。

家の中にコントローラーがあり
暖房とクーラーと切り替えられるようになっている。

クーラーのスイッチを入れると
室外機とハーネス(空気を家中に送り込む機械)が
動き出し 冷たい空気を家中に送り出す。
(暖房の場合はガスが燃えて暖かい空気が家中に送り込まれる)
ハーネスもクーラーの室外機も機械がでかいので
それらを回すと騒音も相当のものになる。
ハーネスは暖房の場合もクーラーの場合も両方に使う。

そんなわけで 一年の大半 ハーネスは動いている。

そのハーネスに エアーフィルターが付いている。
これを綺麗にしないと 困ったことが起こる。

数年前のこと、毎年のようにエアコンが壊れて
修理を度々呼ぶことになった。

3度目に壊れたとき 修理の見積もりを取ることになり
でっかいクーラーの室外機を交換し
ハーネスもかなり古くなっているから新しいものに交換と言われ
その工事費は総額2万ドル(220万円)以上という。

びっくらこいたわあ!

あんまりびっくりしたので 他の修理屋を呼んだ。
若いお兄ちゃんがやって来て 一生懸命になおしてくれて
最後にハーネスのフィルターをみてくれた。
すると
あな おぞましや!
12年近く交換していなかったフィルターが 真っ黒!
中央部分は5センチくらいの厚さに膨れ上がっていた。
エアコンの不調の原因はどうやらそこだったらしい。
つまったダストが空気の道を塞いでしまって
エアコンにたいそうな負荷がかかっていたのだった。

そのお兄ちゃんに教えてもらうまで
フィルターが そんなところについているなんて 知らなかった。

無知とは怖いものだ!

以後、「フィルターは交換すべし」は教訓となったというわけ。

今年も クーラーが必須となる前にフィルターを交換しなきゃ!

ハーネスの蓋を開けて



古いフィルターをはずし
ホームデポに行き
新しいフィルターを買う。
綺麗なものを取り付ければ。。。




天井のダクトから出てくる空気も 爽やか〜に。
なんとも言えず安心な気分。

皆さまもフィルターのお掃除 気をつけてくださいませね!


古いフィルターと新しいフィルター


こんなに黒くなってた!??
コメント
外国で暮らすということはそれ相当の覚悟が
いるように思いますが・・・。
  • 紅ちゃん
  • 2017/07/11 8:41 PM
エアコンも湿気がない分 風があるときは つけなくてもいいくらいですが
家の作りもアバウトというか 日本のように南向きとか関係なく建てられていて
一事が万事 慣れるまでいろいろ大変でした。

23年目になりますがここの暮らしに慣れたような いつまでたっても慣れないような・・・。
  • Mitsuko
  • 2017/07/14 4:23 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM