お掃除ロボットで大助かり

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 11:10
最近のお気に入りは 掃除ロボット。

毎朝 起きると同時に 「GO」スイッチを押す。
と、律儀なその子は動き出す。

ガーーーーという音をさせながら グルグルぐるぐる、ぐるぐるグルグル パワーが続く限り
働いて働いて 電池切れの前に 自分でステーションを探しておうちに戻る。
戻ると同時に充電が開始して 翌日の為に 準備万端に。

なーーんてお利口さんでしょう!

関心しきり。
足が痛くて なかなか掃除にまで手が回らない私は 大助かりしている。

なぜに掃除ロボットごときにこんなに感心しているのかというと。。。

掃除ロボットとわが家の歴史はとても古い。
ルンバ1号機は、開発されてすぐに 我が屋にやって来た。
物珍しがり屋のおっとっとが 購入したのだ。
その時、何事にも懐疑的な私は お値段も高いこととて 反対したが、
そんなことにめげるおっとっとではない。

案の定 それは 人間が掃除をするのに 敵うはずもなく全く役にたたず
ほとんど使わないのに充電池が使い物にならなくなり あえなく廃棄。

しばらくして 性懲りも無くおっとっとは2台目も購入。
が、これも 私のお眼鏡にはかなわず ほとんど使わずにまたまた 廃棄。
何しろ 初期のルンバは使えたものではなかった。

が、あれからずいぶんの時が経ち ルンバ君の性能はメキメキと上がって。。。
本当に人工知能の行く末や恐ろしい!

ちなみに、わが家のお掃除ロボット君、ルンバ君ではない。
無名、すなわちルンバ君より安いのだとおっとっとの弁。
私の留守の間に 性懲りも無くまた調達したという。

最初は どうせ大したことはないだろうとタカをくくっていたが 私が 他のことをしている間に
床のゴミが、完璧とは言わないまでも、綺麗に吸い込まれて行くのだから大助かり。

自分がいつものように動けたら こんな風に思わなかったかもしれないが。。。
今回に至っては まっこと気に入っている。

小さいだけに引っかからなければ机の下も綺麗にしてくれるし
健気なその働きに なんだか愛情さえ芽生えてくる。

そういえば、だいぶ前の話になるが 日本のニュースでルンバを家族のように扱う人がいるっていうのを見て
「そんなバカな!信じられない!」
と思ったものだが 今ならその気持ちわかるかも。

「この子に名前はをつけてやれ」
とおっとっと。
なので今は亡きわが家のワンコにちなんで「ととろ」ちゃん。
笑ってくださいませ!

ステーションに戻って大人しく充電中のお掃除ロボット君

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM