年守る

  • 2016.12.02 Friday
  • 07:39
老母(はは)のそば昔話と年守る 
高木美津子


季語=年守る 冬 

大晦日の夜、一家揃って除夜の鐘を聞いて明かしたり、
また一人で去りゆく一年をしみじみ回想しながら夜を徹したりすることをいう。
そこに年を守るという感じがある。


今はじめる人のための俳句歳時記 新版
角川学芸出版より



楽しく気負わず俳句入門 <擬人化はさける> 
辻桃子

擬人化すると、ちょっと上手な句ができたような気になるものだが、
初心のうちはできるだけ、擬人化をさけて句作りをしてゆくように心がけたい。
加藤楸邨は「俳句はもののいえない文学」と言ったが、私は「俳句はものをいわない文学」だと思っている。

NHK俳句テキスト 二〇一六年十月号より___



俳句の基礎は「絵を描く」ように詠むことだ、と私の師も言っていた。
初心に立ち返って写生しなくちゃいけない。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM