細川ガラシャ夫人 三浦綾子著

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 20:59
先日、同三浦綾子氏の「千利休とその妻たち」を読んで
深い感銘を受けた。その続きのような気分で これも読み始めた。

細川ガラシャについての知識といえば 利休と同じ時期、戦国時代を生きた人物、
キリスト教徒として 非業の死を遂げたと言うことぐらいで それ以上の知識はなかった。

ガラシャは洗礼名。名は玉子。


物語は、玉子の両親 明智光秀とその妻煕子の結婚から始まる。
父光秀と母煕子は その時代には珍しい 仲睦まじい夫婦であった。
そんな彼らに慈しみ育てられた玉子は 幼い時から美しく聡明であった。

いかに光秀が優れた武将であったかが語られる。
その娘と生まれた玉子は美しく聡明にすくすくと育っていく。
細川家は明智家とは盟友で 共に織田信長に使えていた。
信長の命により忠興と玉子、二人の結婚は決まる。
嫁いだ後に悲劇は起こる。

物語は明智光秀が なぜ主君の信長を倒さずにいられなくなっていったか?
光秀は主君信長を倒した極悪非道の悪臣として世に知られているが本当は?
戦国時代の複雑な領主同士の力関係、人間模様を詳細に語っていく。

光秀の三日天下。秀吉の活躍で 光秀は直ぐに 敗れた。
結果は無惨であったから 破滅に向かうその辺りを読んでいくのは辛すぎて
時間がかかった。

玉子は光秀の娘、殺されてしかるべきだったが
忠興の玉子に対する執着が彼女の命を救う。
が彼女は、夫と子供たちと離れ 人里離れた山の中に
数年間 隠れ住まなくてはならなかった。

戦国時代の女たちが いかに 男たちの戦争の道具として扱われ
心など無いもののように扱われたか?
絶望と寂しさと 思うようにならない生き方を強いられ
簡単に命を奪われ。。。

そんな中で 玉子が だんだんとキリスト教に救いを求めていき
時代の波にもまれて果てるその時
彼女は信仰ゆえに 静かに終わりを迎える。

信長、秀吉、家康以外の 中小の大名たちの物語。
華々しく歴史に名を残さなかった逆臣 明智光秀を別の観点から見ていて面白い。


コメント
情報ありがとうございます。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM