生足じゃ!

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 14:01
装具を作る

11時を過ぎて リハビリに行かなくちゃ!
と思っていると 院長先生が 回診に来た。

私のカルテを見て
「今日は装具を作る日だね」
と言いながら私の足を診察し 看護婦さんに
「ギブスカッター 持ってきて!」
と叫んだ。
え〜〜、 今 ギブス切るの?

昨夜、看護婦さんに確かめたときには リハビリも終わって お昼過ぎに 装具屋さんがきてくれて
ギブスを切り 生足の型を取って 真っ二つに割れたギブスを包帯で仮止めする。。。
はずだった。

そんな!
突然すぎて 心の準備が。。。

といっている間も無く 看護婦さんはギブスカッターを持って来て 病室のベッドの上に 敷物を敷いて
院長先生、
「はい、ちょっと斜めなって!」
といったかと思ったら ガリガリ、ガリガリとギブスに切れ目を入れていく。

怖〜い!
と 思いながら 観念してベッドの枠にしがみつく。

キュィーン、ガリガリ、ガリガリ、キュィーン。
あっという間に切れ目が入り ぱかっと ギブスが割れる。

ギブスの内側の保護のためのクッションをハサミでチョキチョキ切り裂くと 上半分のギブスをぱかっと取り除く。

スルッと下半分のギブスも取ってしまう。

ワーオ!

手術以来初めて見る自分の生足。
ブワーーと腫れている。
汚い足だわあ。
手術の傷跡が生々しい。
なんとも無防備で頼りない感じ。

「じゃあこのまましばらく待って、装具屋さんに型を取ってもらって」
と 言い捨てて院長先生は去っていく。

生足じゃ!5週間ぶりの。
と写真を撮る。
腫れているわ、汚いわ、これは人には見せられないかも。

すると、装具屋さんがやって来て まず生足に 足のひらから足首までラップを巻く。
そして石膏のついた包帯でぐるぐる巻いて 型を取る。
何?石膏?
最近の型取りは石膏ではなく マイクロファイバーの包帯だとばかり思っていたので ちょっとびっくり。
遅れてる???

装具といっても靴の中敷を入れるだけになるらしい。
あの仰々しいロボット足のようなブレイスとは本当の本当におさらばってことになるらしい。

とにかく生足は心もとなく 下半分のギブスに包帯をぐるぐる巻いて その場しのぎ。
明日 Kドクターが来てくれてギブスをもう一度巻くまで 気をつけないとね。






続く
脱皮(ギブス巻き直し)
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1056


入院初日は
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1024
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM