「後妻業」 黒川博行著

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 09:39
「後妻業」黒川博行著

病棟の小さな図書コーナーで 話題の本を発見。「後妻業」

夏に映画化されて 話題になった「後妻業の女」の原本だとすぐにわかった。カバーもご丁寧に映画の配役の顔入りで二重になっている。
映画の前宣伝では、大竹しのぶが後妻業のエース、豊川悦司が結婚相談所所長という配役で なかなか面白そうだった。

暇潰しになるだろうと借りて読み始めた。

えぐい。

えぐすぎて なかなか読み進めない。

映画を見た人が 「コメディー仕立てで面白かった」と言ったけど 原作は これでもかこれでもかと醜い人間の欲望を形にしていく。

普段ならこの時点で 本を放り出すところだが。。。

何せ病院ぐらし 時間はいっぱいある。毎日、チョットずつ読み進む。少しずつ進み。。。

少し前に進むと 推理小説というか探偵小説のような運びになり 軽快に物語が進み始める。
悪者二人、後妻業の女と結婚相談所所長の悪行が 元マル暴の警官だったという興信所の悪徳探偵によって 暴かれていく。

この辺りから 一気に読んだ。

悪は 正義に駆逐されるのだろうか?

しかし この物語 悪ははっきりしているが 正義は振りかざされていない。

結末は どんでん返し。

面白かった。

お勧めです。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM