ドキドキが止まらない

  • 2018.06.15 Friday
  • 13:22

ドキドキする。

 

ちょっと前まで(だいぶ前か?)、「ドキドキ」といえば、恋?

なーんて可能性もあったけど(無いか?)

今は、何か大きな失敗をしそうで ドキドキしてる。

なんだかなあ。

自信喪失して 憔悴しきって・・・。

事の始まりは 車の鍵。

置いてくるはずの鍵を うっかり持ち出してしまった。
持って歩く=紛失の可能性 大。

との自覚症状 有り。

 

そこで、バックから出して保管。

 

「無くしたらいけない」と何度も確認して
次必要な時に忘れないようにと目のつくところに置いた。。。

はずだった。

数週間が経ち。。。
さあ、鍵を持って出かける日、
あれ?
鍵は?
どこ?

無い!!!

鍵は 姿を消した。

ここに置いたはず!
無い?

「無くしてはならじ」と、思うあまり 別の場所へ片付けたのか?
これが良くあるのよね。大事なものしまい込み事件。

 

全ての荷物をひっくり返し 探す。引き出しのものも。

散らかしてあるすべてのものを片付ける。


無い!どこにも無い!

やってまった(半分青い風に)

それが ドジのトルネードの始まり

ドジの階段を転げ落ちる第一歩だった。

探しまくった。が、無いものはしょうがない。

傷心を抱いて 移動。大阪へ 向かうことに。

キャリーバッグを引きづって 新幹線ひかり号 大阪行きに乗る。
最近の新幹線 ひかりの数が少ない。
1時間に一本だ。
ギリギリだが、なんとか運良く乗れそう。
残り時間5分。
足の手術から一年半、やっと少し歩けるようになったが まだスピードは出ない。
切符を手にホームへ急ぐ。
やっとの思いで エスカレーターで上がっていく。

 

「良かった。間に合った!」

はずが・・・

 

なんと!
上ってきたホームは、東京行き上りホーム!

反対側のホームを見れば 大阪行きひかりが発車を待って停まっている。

ばかばか!あんぽんたん!

思いっきり自分のドジを呪う!

が、なにしろ時間が無い。
出発までに残り2分、下りホームへ移動しなくちゃ。
時間があれば エスカレーターか エレベーターを使うけど
とにかく時間が無い!

足が不自由だから 階段は極力避けている昨今だが
この非常時、よちよち歩きでも、

エレベーター、エスカレーターまで移動するより

階段を自力で降りる方が速いと決断!
下り始める。

が、もし ここでけつまずいたりして落ちては元も子もない。
冷や汗かきかき(きっとすごい形相だったに違いない)
鬼のように急ぐ!
しょせん亀の歩み。
よくも階段を踏み外さなかったものだ。

危機一髪で 間に合ったが、相当ドキドキした。

翌日 ショッピング。
買い物は どうしてもの場合しか行かないが 
それは 年に一度あるかないかのどうしてもの事態。

はるばる梅田(大阪)へ。
1日がかり やっとの思いで お目当てのものを見つけて 帰宅。
夕飯食べて ホッとして 買って来たものをチェック。

えっ?
サイズが違う!
 

「また、やっちまった!」

 

「どうする?といっても もう一度行くしかないか。歩くのもリハビリのうちだわ」

と、自分をなだめて 仕方がなく、翌日も梅田へ。


正しいものに替えてもらって 事無きを得たが。。。

なぜ?

その後も いろいろ細かく「やっちまった!」の連続。

そして、最後通告のように 

持っていなくてはならないものが カバンの中にないことが発覚。

一体 それはどこに置いて来たのか?

置いて来たに違いないが。。。探そうにも その場所は遠い。

瞬間移動でもできたらいいのに。。。
すぐには 探せない。
それにしても、パニック状態。 どこに置いたかを思い出せない。
これっぽっちも 覚えがない。
最悪!

またまた自分を呪う。

「どこかなあ??」と考えていると、

次々と最近の小さな「やっちまった!」事件が思い浮かび・・・
完璧に打ちのめされ、自信喪失!
クッタクタになり。。。
気持ちはどんどん落ちていき。。。

 

そして、翌日は 足の不具合でお世話になっている病院の診察日。
その日、たまたま脳のMRIを撮ることになっていて・・・。

 

検査の後、結果はすぐに判るという。

 

「脳からの異常は無いですね」

と検査の映像を見ながらドクターは言う。

「大体 なんで足の悪いのが脳で分かるのかな?」という疑問もあって 
「何が判るのですか?」

と聞くと

「何かあるかどうかを見たかった。脳の萎縮もないようだし正常です」

との返事。

「最近、うっかりが多くて心配してたのですが 正常ですか?」

と食い下がる。

「小さな曇り(数か所、小さな針の穴ぐらいの白濁)はありますが

正常な範囲です」

とドクター。

認知症じゃなかった!

と、ちょっと安心した私。

 

その後、また移動して静岡へ戻る。

そして、最後に発覚したあるべきはずの大事なもの(車の鍵ではなく)は 

探したら出てきた。

良かった!本当に良かった。

 

少し、自信を取り戻し・・・

ドキドキは とりあえず 収まっているような・・・。


同じドキドキでも 恋のドキドキならいいのに

と、柄でもないことを考えるわけで・・・。

 

 

 

JUGEMテーマ:気になること

 

しおさいの詩

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 14:50
昨日の夕方
眼下の海を見ていたら
現地の人が
「そこにウミガメがいるよ」
という。
目を凝らして見たけれど
まだ目撃にはいたっていない。


潮騒が 絶え間無く聞こえ
つい小椋佳の「しおさいの詩」を
ユーチューブで聴いてみたが
いまいち違った。



今更だが、潮騒だけで 満足すべきと学んだ。

昨日は急に蒸し暑かったが
今日は打って変わって爽やか。

目の前に広がる海が うねり
風が潮騒を運んでくる。

時として牙を剥くであろう海。

が、今日は とても穏やかで 優しい。


山火事で・・・

  • 2017.10.14 Saturday
  • 20:55

先月から日本に来ている。

あちらを留守している間に 北カリフォルニアと南カリフォルニア(家の近く)で

大きな山火事。

 

北カリフォルニアでは ワインの産地 ソノマカウンティー、サンタローザや

ナパで大きな被害が出た。

同時に 南カリフォルニアの家の近くでも山火事は起こり 

その近くを走っている有料道路が 当分の間 封鎖とのお知らせが 

イーメールで送られてきた。

 

カリフォルニアでは 山火事は毎年のように起こり 

そのたびに怖い思いをする。

 

幸いにして、今回も直接の被害に遭わなかったことに感謝。

 

さて、サンタローザであるが 

今をさかのぼること、130年前、薩摩出身の日本人、長澤鼎が

ワイン作りに成功し、ワインのプリンスと呼ばれ 

現地の人々の尊敬を集めていた。

 

彼の生きた証は、パラダイスリッジというワイナリーの展示室に

保管されていたのだが、

今回の火事で焼失してしまったという。

 

ワインのプリンスに憧れて かの地を訪れたのは 3年前(2014年)の夏だった。

 

形あるものは 壊れ命あるものは死にゆくのが定めだと分かってはいるが・・・。

悲しい。

 

こんな時だから、今一度、思い出は永遠・・・

 

きっかけは、

「ワインのプリンスに恋」(2014年4月)

http://americajijo.jugem.jp/?eid=871

 

 

「やっと会えたプリンス、長澤に」(2014年7月)

http://americajijo.jugem.jp/?eid=892

 

 

「ラウンドバーン(ワインのプリンスの馬小屋)」

http://americajijo.jugem.jp/?eid=891

 

いにしへの苦難を思ひ心するプリンスと呼ばれし薩摩人(さつまびと)  ___みつこ

 

いつまでもおしゃれに

  • 2017.05.19 Friday
  • 15:06
久しぶりに東京へ。

義母(88歳)に 会いに行く。

色々話をしていると どうやら
「髪の毛が伸びて美容院に行きたい、けれど 1人ではなかなか出かけられない」
と言う。

だんだんに話を聞いて行くと、
「行きつけの美容院は 静岡 沼津市なのだが もうそこまで出かけて行くのはままならず
そこの先生を頼んで 出張してもらったこともあるが 今では そこまでしてもらうほどでもない。
二月ほど前に 孫が来た時に 一緒に行った近所の美容院に行きたいが 場所がよくわからない」
と言う。

「じゃあ、一緒に行きましょう」
と言うことになり 美容室へ電話。

翌日の予約状況などを確かめると その日なら空きがあるとの返事。

その日、「もう疲れちゃったから出かけるのは嫌」と言っていた義母だったが
その日しか予約が取れそうにないことがわかったら 出かける気になる。

予約は1時間後、2人して出かけることに。

あいにく にわか雨など降り出したが 動き出した気持ちは止まらない。

1時間後 美容室へ到着。

2人して 鏡の前に座り。。。

義母は パーマとカットを、
隣で 私はカラーとカットを頼む。

3時間ほどで カットとパーマが完了。
先に終わった私は時間調整の為 トリートメントを勧められて するするツヤツヤの髪に。

義母は
「1人じゃ来れなかったけど よかったわあ」
とご満悦!

普段 なかなか会えないけれど こんな風に一緒に美容室へ出かけられるのも女同士だから。

幾つになっても女はおしゃれをすると心が浮き立つわけで。。。


デイケア介護サービス

  • 2017.04.27 Thursday
  • 14:13

今朝 母はデイサービスのお試しに出かけて行った。

去年の夏、母は腰椎の圧迫骨折を起こし、

それに続いてヘルニアから 腸閉そくになった。
かなり苦しんだ挙句に緊急入院し、手術でヘルニアの治療を受けた。
そのまま退院しては 日常生活が困難ということで
その後、リハビリテーション病院へ転院。
弱ってしまった体力の回復を目的としたリハビリを受け、
今年になってから退院した。

退院後は、骨粗鬆症のため「屈む」という動作が

危険(圧迫骨折の危険あり)で、できなくなってしまった。

屈めないと普段の生活は 不便がいっぱい。

家事と身の回りのことが なかなか大変な状態だ。

そこで、介護サービスを使ってお掃除などを
手伝ってもらうことで 何とか家で一人暮らしを再開。

その後、リハビリを続けるべく 

その病院が経営するデイサービスを利用しているが
「そこでは、思っていたようなリハビリが受けられない。
体力をつけたいけれど 備付けの器具も自分に合ったものがない」
と 最近、不満を漏らしていた。 
「施設が古いから 暗いイメージだし・・・」
と、母。
なによりの不満は 
「そこでは 自分より重症の人が多く 話し相手がいない」
ということのようだった。

幸い近くに去年出来たばかりの新しい介護サービス施設のチラシを目にしたので
「見に行こう」
というと、母も、
「行きたい」
という。


施設に電話をすると さくさくっと話が進み
翌日には 施設の見学をさせてもらい 
今朝、早速お試しに出かけて行くことになった。

今までのところも「ぜひに」とこちらから希望して行き始めたので 
そこを「気に入らない」と不満を言うのは わがままを言うようで
ちょっと気が引けたが いやいや行くのではどうかと思えた。

我が身を振り返るに この辺の即決、即行動はアメリカ暮らしで得た
合理主義的考え方なのかもしれない。
「ダメもとで 何でもやってみる。言ってみる。
ごり押しをするつもりではなく 単なるわがままでもない。
自分に合わないものを改善する努力を惜しまないだけのこと」

もしかしたら、日本ではこれをわがままという???

おりしも、今朝のNHKの「アサイチ」の話題も
「介護サービスの使い方」という特集だった。
残念ながら、朝のこととて みっちりしっかりは見られなかったが
本人に合ったサービスを探すことは大事なことと言っていた。

さーて、夕方 お試しから帰ってくる母がどんな感想を述べてくれるだろうか?

 

止まらないポジティブ思考暴走す(高木子猫)


久しぶりに配信

  • 2017.03.20 Monday
  • 08:24

「アメリカ事情」というタイトルでメールマガジンを配信し始めてから

19年が経ち 発信した記事は 524。

最近の傾向としては ブログは更新するが メルマガの配信は減っている。

 

そんなわけで、

気が付けば、2017年度 メルマガ初めての配信。

なんと、すでに3月も後半。

ちょっと間があきすぎているなあ。

最近ますます時間が すり抜けていく感じ。

ぼやーーっとしていると1年が知らないうちに過ぎている。

 

これは余談だが、我がおっとっとは 自分の年を一年分忘れていて 

「次の誕生日でxx歳だね」

というと、

自分はいつそんな歳になったのか?と首をかしげて

本気で悩んでいた。

 

さて、私は、去年(2016年) 一大決心をして足首の手術を受けた。

足が痛いと我慢している人が 私以外にもたくさんいるんじゃないかと思って

入院初日↓から ブログに書き綴った。

http://americajijo.jugem.jp/?eid=1024

 

事の始まりは5年前に「足の専門医へ」↓行ったのが始まりだった。

http://americajijo.jugem.jp/?eid=537

 

手術を受けようと決心するまでに4年を費やしたが、

おかげさまで 足は徐々に良くなっている。

 

とはいうものの回復状況は、亀の歩み。歯がゆい。

が 焦ったところでどうにもならない。

まだうまく歩けないけれど、手術前のような足の痛みはなくなった。

あの絵も言われぬ痛みから 22年ぶりに解放されたのだと

この頃やっと自覚して、

手術を受けて本当によかったと思っている。

 

そうそう、話をメルマガに戻そう。

前回の配信は「お取り寄せのすご技」↓だった。

http://americajijo.jugem.jp/?eid=1077

 

配信後、しばらくして、宅配問題が勃発。

すったもんだの末、宅配料金が値上げという事態になるらしい。

日本の宅配は 本当に凄い!

日本で暮らしていると当たり前のサービスだと思ってしまうが、

それは、ドライバーさんたちの努力のたまもの。

値上げだけでなく、本当に大変なお仕事をしている方たちが

報われるような形の改革がなされるようお願いしたい。

 

今日もカリフォルニアは良いお天気。

最高気温は予想では22度。

最高の過ごしやすさ。

こんなに快適でいいのかしら?

 

もともとのんびりしている上に、快適すぎてぼーーっと一日が過ぎ、

二日が過ぎ、一週間、一か月、一年・・・。

そして、

「何をするのも面倒になってしまう=老化現象」

これ、ちょっとやばくない?

解決策は「新しいことを始める」のがいいという。

どんな挑戦をすればいいのか?

模索中。

 

が、とりあえず、アドラー流に「今を生きよう!」

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のこと

パーキング空き待ちから。。。

  • 2016.12.08 Thursday
  • 00:21
診察予約時間は10時。
ホテルを9時に出て 車で病院へ。
5分の距離だが 駐車場の待ち時間 40分を覚悟して出かける。

案の定、病院の駐車場はすでに 満車。
空きを待つ車の列が 病院の正面をぐるりと取り巻いている。
いつ開くとも知れない空き待ちだが さすが秩序を守る日本人、
皆 大人しく駐車場の順番待ち。

車の列を誘導する警備員さんが3名、
最後尾、中央部、パーキング入り口で交通整理。

数回 診察に来ているので 一筋縄では入れないことはわかっているが
脚の手術では日本で屈指の病院だというこの病院のこの駐車場事情は
なんとも お粗末という気がする。

この病院の診察開始は 8:30。
正面玄関に隣接したパーキングの数は限られている。
9時過ぎに到着では 絶対に待たずに入れるはずはない。

最後尾に並ぶ。

小一時間、気長に待つ。
時計の針はすでに10時を回った。

診察時間前に なんとか駐車できるかと思っていたが 甘かった。
が、少し遅れてなんとか順番が回って来る。
パーキング入り口の警備のおじさんに誘導されて
自動の機械からチケットを取り 駐車場のバーをくぐって やっと中へ。

ラッキーなことに 玄関に一番近い場所に空きがあった。

診察予約時間を少し過ぎてしまったが 走れるわけでもなく 杖を頼りに 受付へ。
手術日から3週間ほど入院していた古巣へ6週間ぶりの帰還。

診察券を再診受付マシンに入れると 名前と予約時間、担当医の名前が表示される。
確認ボタンを押すと 番号札が出てくる。

ここまではスムーズに。
それからどうするんだっけ?

近くにいた案内のスタッフにその札を見せて
「これからどこへ行ったらいいですか?」
と聞くと
「レントゲン撮影をしてから診察ですね」
と教えてくれる。

レントゲン室は確か遠かったなあと思い出し
「玄関にある車椅子を使って良いですか?」
と聞くと そのスタッフの方が 取りに行ってくれる。
杖でよちよち歩くより 勝手知ったる病院の中は 車椅子移動の方がいい。
これから診察までどれだけ待つかわからないから 体力の温存にもなるし。





続く
レントゲンを撮る
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1081

隠れトランプ(今更だけど)

  • 2016.11.10 Thursday
  • 08:49
隠れトランプ

卑怯なようだが トランプ氏が勝って しみじみ自分は隠れトランプ支持だったなと思った。

彼が共和党の代表候補として候補者選挙戦に出た最初の頃、
めちゃくちゃな演説をした時に この人が選ばれるようなことになったら面白いのに。。。
と密かに思った。

候補者に選ばれるかどうかも危ぶまれたのに なぜかアレヨアレヨと言う間に
名だたる政治家たちを差し置いて 彼は 大統領候補になってしまった。

そして 民主党の代表はヒラリー女史と言うことになった。

女性初の大統領になるか?
全くの政治素人、ハチャメチャトランプか?
面白い組み合わせの対決で盛り上がるはずだった。

が、蓋を開けたら 二人とも不人気この上なくて 二人が対決する討論会も 中傷合戦。

まるで昼間のワイドショーさながらで。。。

こんな二人のうちのどちらかが大統領になるなんて
アメリカはどうなっていくんだろう???

ヒラリー女史は 8年前にオバマと代表候補者戦を戦った時が旬だったと思う。
若かったし 魅力的だった。

が、時は過ぎ。。。

ヒラリーが選ばれなかったのは まさかトランプにはなるまいという
暗黙の了解のようなものが 彼女に隙を与えたのかも。

嫌われ者同士の対決は 瓢箪から駒が出て トランプに。

トランプが大統領で大丈夫?
たぶん 大丈夫。
だって 優秀な側近たちが彼を支えるに違いない。

その証拠に 当選の勝利演説、うまかった。
シナリオを書いてくれる人がいるとしても それに魂を込めるのは彼。
そのくらいの力はあるってことを彼は証明してみせた。

どんなふうに彼が支えられて それを操っていくか?
なんか楽しみ。

病院のガールズトーク

  • 2016.11.05 Saturday
  • 17:44
病院友達

入院生活も1ヶ月を超えた。
転院して早10日。
二つの病院を経験して思うのは 病院の週末というのは とても暇だってこと。
普段日には リハビリ、ドクターの回診、入浴(シャワー)と洗濯などの間に三食の食事がキチッキチッと配膳される。
1日があっという間に過ぎて行く。

が、週末は 特に日曜日は なーんにもない。
あるのは 検温と三食の食事のみ。
三食 口を開けて待っているだけ。
他には なーんにもない。

テレビでも観る?
本を読む?
フェイスブックを開ける。
しかし、
時間がちっとも進まない。

と思っていると 二人の病院仲間が出来た。
みんな足首の手術をして 同じ病院から転院してここに居る。
年齢もほぼ同じくらい。

彼女たちの方が先輩(私より数週間早く手術している)。

先輩のお言葉は嬉しい。
役に立つ。
リハビリの先生が 新参者の私に転院数日後に お二人を紹介してくれたのだが
数日ですっかり仲良しになり 暇だと思う時は ガールズ(ばばあ???ズではない)トークに花が咲く。

持つべきものは お友達。

退屈な病院生活を ガールズトークで乗り切るぞ!



入院初日は
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1024

長い夜(入院4週間)

  • 2016.10.31 Monday
  • 12:00
松山千春の歌ではない。
昨夜は 文字通りの長い夜だった。

4週間前に 手術をしてから 寝るときは 睡眠導入剤を飲んで 9時に寝て 夜中1-2回トイレに起きながらも
5:30ごろまでは寝て すっかり早寝早起きの生活に慣れた。。。と思っていた。

スリーピングピルは 病院から出してもらった。

4週間も経ったのでそろそろ 薬がなくても寝られるに違いない。
眠っているような気分でいるけれど 充分寝ているはずなのに 疲れたような顔をしているのは
きっと薬で寝ているせいなのかもしれない。ここらで薬を飲むのをやめてみよう。

と、昨夜は 決断し 自然の力で眠ることに。

でも、甘かった。

だいたい 柄にもなく神経質で 環境が変わるとすぐに便秘になるし 枕が変わったら眠れなくなる。
病室は3人部屋で 始終物音がする。
眠れるはずがなかった。

最初の数時間は 浅い眠りの中で看護婦さんが 何度も見回りに来て 掛け布団を直してくれているのを感じた。

9時に寝始めたのに 最初に起きて時計を見ると まだ11時半ごろだった。
それからウトウトして 夢を見た。
夜出かけようとすると そこは日本なのに 漫画のような姿形のコヨーテがウロウロしていた。

また目が覚めた。12時過ぎだった。

そこから延々長〜い夜だった。

ギブスの左足は 痛くはないものの 寝にくい。寝返りを打つのも一苦労。
ごろごろ、ごろごろ うとうと、うとうと。

今夜は やせ我慢はやめて やっぱり一服飲むことにしよう!



入院初日は
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1024

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM