でかい!デンバー国際空港

  • 2018.12.27 Thursday
  • 21:56
デンバー空港はアメリカ一らしい。

広大な敷地に 3つのゲートとメインターミナルが配置され 電車(地下鉄)で繋がっている。

空港の周りには 民家もなく その地下には 有事の際に 大統領がそこから指令を出すような施設があるという噂も。

リフト(白タク)を使い30分ほどで 空港のユナイテッドエアーのセクションに着く。

ここからが また初めて体験。

建物に入るとそこには 長い行列が できている。





1、荷物タグをプリントアウト

2、荷物をチェックイン

との表示。
普通のチェックインは?
と 初めての私は 戸惑う。

うろうろしつつ 周りを見渡すが チェックインの場所は 他には見当たらない。

落ち着こう!
時間はたっぷりある。
並ぶ前に トイレに行こう!

ちょっと落ち着いたところで やはりここがスタートだとにらんで 行列に並ぶ。

早めにきて良かった。

行列は徐々に進み セルフチェックインのマシンのところへ。

やはりチェックインはここでよかった。一安心。

予約番号を打ち込む。
と、フライトを変えるボランティアには300ドルとか400ドルとか選ぶ画面。
「NO」を押して次へ。
スーツケースを預ける30ドルを払うと荷物タグとチケットが印刷されて出てくる。

やはりオーバーブッキングなのね。
チケットには、やはり座席番号はなくまたしても出発時のことが思い出される。
しかし、一度経験済みなので まあなんとかなるに違いない。

出てきた荷物タグを そこにいた係の人が手際よく貼ってくれて 直ぐに荷物を預けるカウンターへと移動する。

混んではいるが割合スムーズに手続きが進む。

荷物を預けたら 次はセキュリティチェックだ。

いったいどこ?
どっちへ行けばいいのか?
しばし考える。
全く親切じゃないなあ。
案内が 分かりにくい。

またちょっとうろうろ。

どうやらこっちの方角らしいと当たりをつけて進むと。。。
ピンポーン!

角を曲がるとまたしても大行列が現れる。

オレンジカウンティのような小さな地方空港とはまるで違うロサンゼルス国際空港に匹敵する大きさのセキュリティチェックエリアに大勢の人が並んでいる。

いくら時間に余裕があるとしても これは侮れないとびっくり。

順番は程なく回ってくる。
が、荷物を乗せるトレーが足りなくてトレーを待たなければならないほど。

そこでは、靴を脱ぐ必要がなく(アメリカの空港のセキュリティチェックでは 靴を脱がされるところが多い)、やれやれと思ったら 何故か金属探知機に引っかかり MRIのような体を一周スキャンされるマシンで もう一度検査。
またしても そこで時間をくう。

そこでは、同じように金属探知機に引っかかる人が続出。
皆 体をぐるりとスキャンされている。
ご丁寧に その後 セキュリティスタッフにボディーチェックされる人も。

私は、ぐるりと一周のみで そこもなんとか無事通過。

いよいよ搭乗口を目指す。

これから先は来たときの逆を行く。
しばらく進み 地下へと降りる巨大なエスカレーターのところへ。





地下を走る電車に乗り Bゲートへ。


なんとも広い通路の動く歩道




時間をチェックするとお店によってスナックを買うくらいの時間はある。

朝ごはんもお昼ご飯も軽かったので 何かお腹に入れようと売店を物色。
こんな時おにぎりがあればいいのに。
そんなものはない。
フルーツカップと水を買う。




そして、ついにジョンウェイン 行きの搭乗口に着く。

出発ゲートのカウンターには すでに 航空会社の地上スタッフが。
座席番号を貰わなくちゃ。
くれるかな?
ダメ元で聞いてみる。

一緒に乗る家族はいますか?
と聞かれ
「いいえ、一人です」
と答えると すぐにチケットが発券される。
おや、来たときとはえらい違いだ と思いながら もらったチケットを確認すると 真中の座席番号が。

一難去ってまた一難。
窮屈なフライトになりそう!

まあ、来たときのようにドキドキはないけど 座席のラッキーもないってことね。

それから 数十分後 オレンジカウンティを目指して 飛行機は無事に飛び立つことに。

そして、2時間半後、五泊六日のデンバーへの旅は 無事に終わった。


オーバーブッキングの恐怖
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1217

リフト(白タク)で空港へ(at Denver)

  • 2018.12.21 Friday
  • 14:30
「忙しいから一人で帰ってね」
と娘。
「ごめんね。送って行けなくて」
とも言っていた。

デンバー空港から飛び立つのは初めてだ。ちと不安だが なんとかなるだろう。

送ってもらえないということは 空港まで車で30分ほどの距離を公共交通機関を使って移動しなければならない。
日本と違って こういう場合 電車よりバスより 車での移動が便利だ。

つまり、タクシー。

タクシーといえば 昨今は スマホアプリで呼ぶ白タクが 早くて安くて便利。

リフトというスマホの白タクアプリを使って 車を呼ぶ。

このアプリ、本当に便利。
リフト以外にも白タクを呼べるアプリはいくつかある。

以前は ウーバー(Uber)と言うアプリを使っていたが、スマホを新しくしてから 白タクを使う機会がなく 何年か使わないでいた。

今回新しくアプリをダウンロードしたのだが 新しいものを使ってみようと思い リフトにした。

使い方は 極めて簡単で、

アプリをクリック
目的地を入力
スマホの画面に現れた近くにいる車のマークをタップする
料金は その場でわかり 支払いはすでに登録してあるクレジットカードで払われるという仕組み。

なんとも簡単。

近くにいる車をタップすると 到着まで1分と表示される。

早い!
外に出なくちゃ。

娘に声をかけて スーツケースを持ってもらい 階段を降りる。
仕事をしていた婿殿にも挨拶をして 外に出ると 白タクがそこに。

予定通り出発!







続く http://americajijo.jugem.jp/?eid=1229

日本食へ(at Denver)

  • 2018.12.20 Thursday
  • 11:33
ナッツクラッカーはダウンタウンのオペラハウスだった。








8:30にナッツクラッカーが終わり 遅い夕食へ。

家の近くに評判の良い日本食があるというのでそこまでUber(白タク)で戻る。

なかなかファンシーなお店だ。



水曜日の夜なのに お客さんの入りはまずまず。

野菜天ぷら、あん肝、キャタピラーロール、ちらし寿司セット、刺身サラダなどなどを 三人で食べる。













娘は白ワイン、私と婿殿は 濁り酒の小瓶(600ミリリットル)を 二人で飲む。

時刻も遅いし みんなで少しづつつまんで 大満足。

三人とも食いしん坊ゆえ お料理の写真を撮るのをついつい忘れるが いくつかはなんとか。。。

そこから家までは 歩いて5分ほどの距離だろうか?
腹ごなしを兼ねて 冷たい夜の街を歩く。





続く

http://americajijo.jugem.jp/?eid=1226

一人でショッピング(in Denver)

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 22:28
これから 娘たちと「ナッツクラッカー(くるみ割り人形)」を観に行くのだが。。。

ナッツクラッカーというのはバレーの出し物で 魔法にかけられてナッツクラッカー(くるみ割り人形)にさせられてしまった王子様をクララという女の子が助けそのお礼に 雪の国とお菓子の国に連れて行ってもらうというストーリー。

クリスマスの時期、家族で楽しむ演目の定番。




昨夜、今日の予定を確認している時 娘が
「明日の夜はおしゃれするよね」
という。
「えっ?この格好しか持ってきてないよ」
と私。
「ナッツクラッカーを観に行くって言っといたよね」
と彼女。
「おしゃれ着が必要だったの?」
と私。
「だって おしゃれした方が楽しいじゃん」
と彼女。
確かに。
出かける言われてはいたが、寒いということばかりに気を取られ そこまで気が回らなかった。失敗、失敗。

よし、じゃあ。明日 買いに行くことにしよう!
女はショッピングが大好きなんだから。

で、出かけた。車で20分。
デパートへ。
いつもオレンジカウンティで行っているのと同じNデパート。
きっとそれならなんとかなるだろう。

が、

知らない街、初めての道、他人(娘)の車。
大冒険だ。

グーグルマップで道を調べて いざ出発!
ドッキドキ。

でも、今夜のイベントをより楽しむために。

一人ショッピング。

なんとかたどり着き ドレスを一着調達し 2時間ほどで帰路に。




帰り道、フリーウェイの出口を間違えて うろうろしたものの グーグルナビのおかげで無事に順路を修正。

結構 気を使ったけど 無事に家にたどり着き めでたし めでたし。

お出かけ着を ゲットして 今夜のナッツクラッカーはきっと楽しいものになるだろう。



続く
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1225


ラリマースクエア(at Denver)

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 14:19
山から降りてきて午後は ダウンタウンのラリマースクエアへ。

数百メートルのラリマー通りの通り沿いに歴史的建造物が残る一角。



ダウンタウンのそこだけに1850年代の建物が残る。

スクエアというから 四角い公園スペースでもあるのかと思ったら無い。

「マーケット」とそのまんまのネーミングの店に入って お茶を飲む。

小さなスーパーマーケットだが そこで買った食べ物やレジでお茶(コーヒー)を買ってお店の脇にあるテーブルで食べることができる。



なんか昔懐かしい作りだわ。

デンバーのダウンタウン




続く
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1224

レッド・ロックス・パーク(in Denver)

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 13:35
この日は娘が休みを取って くれた。

どこへ行く?
どこ行こうか?
と言いつつ 車を走らせ
レッドロックスパークがいいから行ってみよう!
とフリーウェイに乗る。
右も左もわからないので彼女の運転に任せるがまま。
しばらく走ると 山の方へ向っているらしいとわかる。

空が青い!
カリフォルニアの空も青いがこんなに濃い青ではない。

フリーウェイを抜けると 山道。

前方に巨大な赤い岩の塊が ゴロゴロ。



一番上の方のパーキングまで行くと そこは二つの赤い縞模様の巨岩のすぐそばだ。

車を降りて 岩の方へ。
見おろすと そこには自然の地形を生かして作られた野外劇場が。

ミュージアムと書いてある建物に入るとそこはロックミュージシャンたちの殿堂らしいとわかる。





なんと 1964年に あのビートルズもここに来たとある。







ボードには、ピーターポールマリー、サイモン&ガーファンクル、スティービーワンダーなどなど1965年ごろの出演者は 懐かしい名前が並んでいる。





ジーーンときてしまう。


最初のコンサートは1910年





ここでは、野外劇場だけでなく ハイキングトレイルも楽しめる。

岩が大きすぎて写真に収まりきらない。




ロック(音楽と岩と)を堪能して山を降り





小さな麓の町を散策。




なんと小川に氷が張っている。 暖かいと言っても やっぱりコロラドなんだなあ。





続く


http://americajijo.jugem.jp/?eid=1223

ディナー(at Denver)

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 17:59
日曜日の夜.娘夫婦とディナーへ。

Yelp(アメリカ版食べログ)で調べると歩いて行けるところに 良さそうな店がある。

そこに決まるまでには ちと手間取る。
なにせアメリカンな食べ物は苦手なのだ。
見た目に量が少なそうなこと、がっつり油っぽくないことが条件。

で選んだのがその店。

地中海料理。「エルファイブ」 名前の由来は ビルの5階=L5=エルファイブ。




まずはカクテルから




お料理もまずまず。
カクテルの後は、三人でワインを一本。

楽しく美味しいディナーでその夜は 更けて行く。

続く

http://americajijo.jugem.jp/?eid=1222

デンバー美術館(デンバー3日目)

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 15:47
デンバーの見どころを調べると 美術館が出てくる。





3日目の観光はこれ!

美術館巡りは楽しい。

日本ではお目にかかれないものに巡り合えるのが楽しい。

入場料は、州外からの大人13ドル。

特別展示はフランスのデザイナーディオールだという。






面白そう!
追加の入場料を払い 見ることに。

女は幾つになっても ファッションに魅せられるもの。









だが、展示されている大量のオートクチュールに すっかり疲れてしまう。

やっぱ 柄じゃなかったかも。

次は レンブラントの展示。

レンブラントのエッチングの数々。
拡大鏡が備え付けてあり 小さくて細かい作品を 大きくしてみることができる。

レンブラントは 絵画をビジネスにしたとの説明に
「へーー!」

エッチングって 中学の頃の美術の時間にやってみたことがあったかも。。。

絵描きというものは 生きている間は認められず貧しいとばかり思っていたら 彼は違うらしい。

などなど。

これも大量の作品があり エッチングの技法を学ぶ人には貴重な資料だろうなあと思いつつ。。。さすがに疲れが出る。

2時間強をそこで費やし 帰ることに。

続く http://americajijo.jugem.jp/?eid=1221

クリスマスフリーマーケット(at Denver)

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 12:59
娘の新居は ダウンにほど近い場所にあり 便利が良い。
家の中は暖かくいい感じ。




標高が高いからか 少し頭痛がするものの まあまあよく寝られた。

翌日、日曜日、運良くとても暖かな日だ。

デンバーユニオンステーションで開かれるクリスマスフリーマーケットに 娘夫婦と出かける。





ロサンゼルスからアムトラックに乗れば ここまで来ることもできるということらしい。

日本の鉄道のように便利ではないが 車で走ってくるよりは良いかもしれない???

そのフリーマーケットは 駅前の広場を使って開かれている。

チケットは娘があらかじめ買っておいてくれた。
手首にチケットがわりのテープを貼ってもらい入場。






それにしても、のんびりしたマーケットだ。
わが町、オレンジカウンティのこの時期のこういう場所は 人だかりが凄い。 良いよね。こののんびり感。

お昼は ステーションの中にある人気店 snoozeで取ることに。
人気店だけあって一時間半待ち。
その待ち時間をフリーマーケットで潰す。

お店をいちいち見て歩く。





オレンジカウンティから出ることがめったになく 24年もアメリカにいるのに こういうアメリカらしい場所に出てくることも少ないので すっかり楽しむ。

そうこうしているうちに レストランの待ち時間も消化し 娘おすすめのsnooze(スヌーズ)で美味しい お昼ご飯(いつもは食べないとってもアメリカンなランチ)となる。



続く
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1220

初めてのデンバー

  • 2018.12.17 Monday
  • 21:44
オーバーブッキングの恐怖にさらされた出発だったが、ユナイテッドのデンバー行きは 無事に離陸。

満席のはずが 隣の席は無人というなんとも狐につままれたようなラッキーに恵まれて始まった旅。

飛行時間は2時間強。

窓越しに見える広大な砂漠にアメリカ大陸の大きさを改めて感じる。






しばらくすると ロッキー山脈がうねうねと続くのが見える。
そして、思い出した。
「ロッキー山脈はアメリカの背骨」というフレーズ。
確かに、と納得の景色。


そうこうしているうちに デンバーへと降下が始まる。

どんなとこかな?
のどかな田舎町に違いない。
きっと 畑しかないんじゃないの? と、勝手に想像を膨らませる。

だんだん地上が近くなる。

と、住宅密集地も見受けられる。
が、やはりロサンゼルスに比べるとだいぶゆとりがありそうだとわかる。

飛行場の周りには建物がない。季節的にも冬だから 草木は枯れている。
なんか田舎だぞ!

ロサンゼルスの喧騒からはほど遠いなあ。田舎かも。
なんだかすごく広々している。

無事にランディングして 駐機場に到着。

機体が止まると 乗客たちは、順番に飛行機の外へ。

出かける前に、どのくらい寒いのか娘に聞くと、
「寒いよー!家の中は暖かいけど」
との返事。
寒いんだろうなあと警戒しつつ 、普段のオレンジカウンティでは 全く用のないダウンのコートを着込み いざ、外へ。

機外の空気 やっぱ、冷たい!
寒い!どんだけ〜。
なーーんて思いながら 到着ゲートを出る。

さあて これからどっちへ行ったら良いのやら?

とりあえず、バゲージクレーム(預けたスーツケースの受け取り場所)の表示に従って歩く。

デンバーは アメリカで一番大きな飛行場と聞いている。
果たして荷物を無事に受け取って娘に会えるのか?

しばらく歩くと バゲージクレームの矢印は エスカレーターで下に降りると出る。

素直にエスカレーターを降りると電車(モノレール?)のホームへ。

乗るの?電車に?
わけがわからない!

けど、バゲージクレームへというのをたどってここに来たから乗るしかないよね。

で、ちょっと待つと 直ぐに電車が来る。 どうやら電車は、地下を走っているらしい。

乗り込むと 自分が到着したのがゲイトBで 電車は ゲイトCからAとターミナルを繋いでいると分かる。

きっとバゲージクレームはターミナルにあるのだろう。

と考えているうちに 電車はターミナルに到着。
電車を降り 又しても巨大なエスカレーターで上の方へ。

ロサンゼルス空港も大きくて迷子になりそうだが それ以上だ。
キョロキョロ見回しながら進む。

娘と会うためにはまずは、荷物を取らなくては。
それからどこかで待ち合わせだろうなあ。

さてさて、ジョンウェイン からの荷物はこの広大なターミナルのどこに出てくるのか?

感を頼りに 進む。
と、スーツケースがレールに乗って運ばれてくるあのお馴染みの場所に出る。
よっしゃあ!
あれかな?
でも、空っぽだなあ。
マンモス空港で 大丈夫か?私は。

と、ちょっと不安になりつつ。。。
が、その日の私は ついていた。

空っぽのバゲージクレームから次のマシンの方へと目を移すと ちょうど自分のスーツケースがレールに乗って運ばれているのが見える。

やったあ!荷物ゲット!

そして 娘に電話をする。
「荷物も取れたよ。どこに行ったら良いの?」
と。


すると、次の瞬間、なんと彼女がそこに。
彼女は 私が迷子になるに違いないと踏んで そこまで迎えに来てくれていた。

あはは!
こんなこともあるのね。
超ラッキー!

ということで 、デンバーという巨大空港を難なく通り抜け なんともスムーズに 娘に会えて びっくりぽん。

数分後には、娘の運転する車に乗って 彼女の新居へと 夕暮れのデンバーを走り抜けていた。。。


続く

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM