雪の降る夜のナイトメア

  • 2019.10.28 Monday
  • 13:10

デンバーは 昨日から雪が降り初めて 
一晩中降り続き 朝になっても降り続いている。

静岡県出身で 今は 南カリフォルニアに暮らして四半世紀の身には
滅多にお目にかかれない雪。

雪の降る街に〜 雪の降る町に〜 思い出だけが通り過ぎてゆく。。。

雪の降る夜は 楽しいペチカ。。。

しんしんと夜中に降り積もる雪は
街の騒音も
車の行き交う音も
何もかもを 吸い込んでの静寂をもたらす。。。

はずだったが。。。

甘かった!

娘の家は デュプレックスのコンドミニアム(一棟2軒長屋)。
お隣の家とは壁一枚で 分けられている。

そして 不運なことに昨夜は お隣が年に一度開くという
どんちゃん騒ぎのパーティーの日だった。

数日前から 
「すっごくうるさいと思うよ。一晩中 100人くらいで大騒ぎするから」
と娘。
「耳栓してね」
とあらかじめ渡されていた。

が、この大雪だ。外で騒げるわけもなく お客さんだって 少ないはず。

夜 10時を過ぎる頃 どうやらパーティーが始まった様子。
音楽が聞こえ始める。
が、くぐもった音がするだけで それほどのこともない。

しかーし、
甘かった!

夜がふけるほどに それから どんどんボリュームアップ。

それでも、寝てみようと 耳栓をして 横になる。

が、
低音がズンジャカ ズンジャカ。
ワイワイガヤガヤ。
騒ぐ人の声が音楽に混じり 床やら壁が大音響とともに振動。

寝てみたけれど うとうとの挙句に 

追いかけられ
殺されそうになる夢を見て目が覚める。

「隣との騒音で殺人にまで発展」とかよく刑事ドラマであるけど
そのお気持ちがわかるかも。。。

これ以上の悪夢はごめん被りたいので  隣との壁一枚の部屋(ゲストルーム)から脱出。
ベッドはないけど 娘が 仕事部屋に使っている隣の部屋に退避。
床で寝ることに。

が、その部屋の床まで震えてる!

2時過ぎに あまりの騒音に娘がお隣さんにテキストを送って
ボリュームダウンをお願いし 眠れるくらいの音まで 下がる。

そして、やっと少し寝る。

朝、またしても不思議な夢をみて目が覚める。

なんだか 寝たような寝ていないような。。。

アメリカだわあ。
夜を徹したどんちゃん騒ぎ。

ちなみに カリフォルニアの我が家の周りでは 
夜10時過ぎの騒音は 御法度!禁止されている。

デンバーでは そういう法令はないのかしら?

とんだ雪の降る夜を経験したわあ。


娘に聞いたら デンバーにも騒音法令はあるらしい。



テレビ 壊れたの?

  • 2019.09.26 Thursday
  • 13:57

皆さん、テレビ 普通に観ることができていますか?

 

と、いうのも・・・

先週末のこと、テレビが映らないという事態が発生。

 

普段から、現地のテレビは 殆ど見ないが 最低限のニュース、

数少ない日本語番組(ウィークデーの朝1時間、日曜の夜の1時間半)と

週末の現地ゴルフ番組を見るために ケーブルテレビを契約している。

それが、突然、映らなくなった。

 

その数週間前から テレビの録画機能が 変だった。

予約している番組を観ようとすると予約時間より1時間も前の部分から

録画されている。

追っかけ再生すると、早送り機能が作動しない。

それでも まあ、観ることはできたので 我慢した。

 

が、全く映らなくなった。どういうわけ?

観るためにお金払っているのに お気に入りの数少ない番組を

観られないとは??おかしい!

 

こんなことなら ケーブルテレビなど無駄だから 即、契約解除だわ。

最近、テレビの不具合などなく 調子良かったけどなあ。

 

で、意を決して(アメリカ生活24年、この期に及んでも 

英語で文句をつけるとなると ちょっと二の足を踏む)

ウェブサイトで 電話番号を調べ、ケーブルテレビに電話する。

 

いつものことだけれど、人間につながるまでにかなりの時間を要し、

やっとのことで繋がる。

 

3日前からテレビが映らないと状況を説明。                                                                                            

すると、なんと大本の地域の停電のため修理中なので その不具合に対して

20ドルのリファンド(返金)をするとの答え。

そして、直るのはその日の午後だという。

 

リファンドは嬉しいけど、もしかして 文句を言わなかったらそのままにされたのかなあ?

これって 文句を言ったもの勝ち?

アメリカだねえ。と 久しぶりにアメリカを感じ・・・。

 

さて、翌朝のこと、テレビをつけると映るようにはなっていた。

だが、録画されているはずの番組が 再生できず・・・。

何?まだおかしい。

 

というわけで またまた電話。

 

最近のテクノロジーはすごい。

まずは 受話器の向こうの機械を相手に メニューを選ぶのだが、

機械は、こちらの電話番号を認識して、前日のクレームについて

覚えていて 同じ問題で電話しているのか?

と人間につながる前に聞いてくる。

 

幸か不幸か似てはいるけれど 同じ問題ではないので

その質問はパス。またしても 人間に繋がるまで じっと待機。

暫く待つと、やっとこさ人間につながる。

これこれ云々と説明するとそれはテクニカルな問題だから

電話を回すので と言われ また、そちらにつながるのを待つ。

不便極まりなく、こちらの落ち度でもないのに時間を取られ

不愉快になる。

違う不具合なんだから 前日のように即リファンドがあればいいのになあ。

と、いらぬことまで考えたりする(口には出さなかったけど)。

 

そして、テクニカルチームへと電話は取り次がれ

結局、電話の向こうから遠隔操作で我が家のケーブルテレビの

受信機をリセット。

機械が再び立ち上がるまで、電話をつないだまま 事の次第を見守ことに。

 

しばらくして 動くようになったが、

その日の録画番組は消えてしまった。

あーーあ!

録画が、消えた!というと、電話のスタッフは、

その問題は これ以上解決できないので 修理の人を我が家に派遣するという。

録画機能は だいぶ前からおかしくなっていたから 診てもらうしか無い。

が、修理というと また 待ち時間が長い。

が、ここまでケチが付いたら直さなくては気がすまない。

 

そして、予約は 翌々日の夕方ということに。 

 

そして、その翌朝、恐る恐るテレビをつけると・・・

機械は 普通に機能している。

録画機能も 普通に動いている。

 

なんか普通じゃん。

普通ってことがこんなにうれしいとは・・・。

無性に嬉しかった。

日常にもっと感謝しないといけないなあ。

こんなちっぽけな不具合でも こんなふうに日常が乱れるわけだから・・・

 

問題は解決されたようなので、修理の予約もキャンセル。

めでたし、めでたし。

 

 

 

JUGEMテーマ:家庭

静岡県人?

  • 2019.08.23 Friday
  • 17:14
買い物に行った。

信号が赤で 止まった時
見るとはなしに前を見ると
ローマ字のナンバープレートだった。

全部がローマ字だった。

読んでみると。。。

何?

SUGOIRA
うん?
凄いら?

なんと懐かしい!静岡弁?
島田弁?


南カリフォルニアのローマ字のナンバープレートで有名なものといえば

TOFU =豆腐


豆腐をアメリカに広めたミスター豆腐=雲田氏

それを聞いて
OFURO=お風呂
のプレートをつけた人もいるが。。。

とにかく全てローマ字は珍しい。


証拠写真をパチリ




クリスマスイブです

  • 2018.12.24 Monday
  • 17:49
クリスマスイブです。

近所を散歩してきました。


キャンディハウスのように飾り付けされているおうちが何件もあります。

綺麗なので 写真撮ってしまいました。

















皆様 良いお年をお迎えください!

タイヤ修理 その後

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 15:54

ディーラーに新しいタイヤを買うしかないと言われた

釘の刺さったそれは、運良くタイヤ専門店に行き、

Free=ただ」で直してもらうことができた。

2時間半=修理の間、そこで待たなくてはいけなかったが)

 

兎にも角にも、散財を免れて 喜んで帰路についた私。

 

「なんだかとっても車が軽いぞ!まるで弾むような感じ」

メンテナンスに出した後、車の調子が急に良くなったように感じるのが

常だが、今回も 同じようにやけに軽い。

4本中の1本といえども 空気圧が下がって警告ランプがつくくらいの状態で

それまでは ずりずりと重たい感じで走っていたので

余計に軽く感じるのだけど それにしても すごいハネ感!

 

そこで、走りながら 空気圧をチェック!

警告ランプが点く以前は 全く気にしたことなどなかったが

2ヶ月間というもの減り続ける空気圧をチェックするのが

習慣化している私。

 

すると、おや、まあ!

見たことがないほど 大きな数字が そこに。

40???えーー??いくらなんでも高すぎる。確か しばらく走って

タイヤが温まった後でも32くらいだよねえ。道理で跳ねるはずだわ」

家に向かう20分ほどの時間 高すぎる空気圧に

「タイヤがパンクするのでは?」

と、びくびくしつつ、

「タイヤ専門店で やってくれたことだから大丈夫なのかな?」

とも考え直したりして・・・。

 

でも、ディーラーで 調節してもらったときは

27ぐらいから始まって 上がったときも30くらいまでだったことを

思い出し、やっぱりちょっと心配になる。

 

そこで、ウェブで調べる。

この車の適正な空気圧は??

 

車のドアののり面に空気圧の表示があるということを 突き止め

確認すると なんと冷たい状態(走り出して直後が)で

29 PSIとの表示が。

「やっぱり40はないよなあ」

 

かくして 数日後、そのタイヤ専門店へもう一度出向き

タイヤプレッシャー フリーチェックとの看板が

出ているところに並び、

「タイヤの空気圧 高すぎるからなんとかして!」

と訴え、圧を抜いてもらう。

 

その後、現在は走り続けると34という値に上がる。

それでも高すぎるような気もするが・・・。

まあ、大丈夫かなあ。

それにしても、車のことを全く知らないで乗っていたけど

なにかが起こると ちょっとだけ知識が増えるもの。

 

当分空気圧のチェックは癖になりそう!

 

車のドアにある表示↓

 

 

JUGEMテーマ:気になること

ディーラーのサービス 嘘ばっかし???

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 14:47
今、狐につままれた気分で 待っているところなのだが。。。

事の始まりは、3ヶ月ほど前だった。車の警告ランプがついた。
「タイヤの空気圧が異常。ディーラーに行け!」
と。

「空気を入れて様子を見たら」
とおっとっとが言うので ガソリンスタンドで 空気を入れた。

1ヶ月後 再び 警告ランプ。
また スタンドに行き 空気を入れた。
3週間後 またしても警告ランプ。

あんまり頻繁なので さすがに今度はディーラーに行った。

その時、
「穴もないし 釘も刺さっていない」
とサービスは言った。

そして 空気圧は ちょっとの間 大丈夫だった。
が それから 2週間 またまた 警告ランプ。

ちなみに、タイヤは今年2月に フルメンテナンスを受けた時に
4本とも履き替えたばかりのブランニュー。

車が命のカリフォルニアだ。
こうも頻繁にタイヤの空気がおかしくては 気が気ではない。

もう怒ったぞ!

意気込んでディーラーに乗り込む。
チェックしてもらうと
「小さな釘が刺さっている」
と言う。
にわかには信じられない。だって この間は
「なんでもないって」
言われたのだから。

「この間もチェックして 何も見つけられなかったって言ったよね?」
と食い下がると
「すごく小さな釘だったから」
って 言い訳。
「新しいタイヤをオーダーします。翌々日に 交換できます。
値段はxxx」

高い!
どうも納得いかず 刺さっている釘を見せて貰う。
確かに3ミリくらいのやつが刺さっている。

しかし、素直にそこで 新しいタイヤを買う気にならない。

「別の店で タイヤを探すから」
とそのまま車を引き取って帰ることに。
問題のタイヤには空気を入れてもらって 走るのに支障のない状態で
近くのタイヤ専門店に。

「釘が刺さって 空気圧がおかしいから 新しいタイヤが必要」
と 窓口でいうと
「釘?直せます」
という。
え〜〜?
「ディーラーでは この手のタイヤは修理できないから
新しいのを買うしかない、って言われたけど 本当に直せるの?」
と、なんども確認する。
何度聞いても
「大丈夫 直せる。釘を踏むのは日常茶飯事。
ディーラーでは いちいち直していられないから 直せないっって言うんだよ」
との返事。

そこまで言われたら お願いするしかない。
で、
「いくら?」
と恐る恐るたずねると
「フリー!」
だって。

なんだか狐につままれたような気分!
ほんとに 本当じゃろうか?
まあ だめもとだ!

2時間半くらいかかるって言われて ただ今 大人しく 待っているところ!



タイヤ専門店のロビー↓

モールで涼む?

  • 2017.09.03 Sunday
  • 17:06
暑すぎる日々が続いている。最高気温が 35度から39度の毎日。

いつものカリフォルニアは暑くても湿気がない。
が、この1週間、暑い上に 凄い湿気だ。

午前中からクーラーをつけ始めて 寝る頃まで ずっと使いっぱなし。
日本の夏であれば 当たり前かもしれないが こちらでは非常に珍しいことだ。

そういえば、年々 こういう異常な天気が多くなっていることに気づく。

以前にはなかったこの湿気、こたえる。

暑い!暑い!と大騒ぎ。

テレビのニュースをつけたら もう9月だというのに あちこちの電気店で
棚から扇風機とエアコンが消えているという。
暑さに耐えかねた人々が 店に殺到して それらはSold Out(売り切れ)だって。

なんだか日本のニュースを見ているみたいだ。

天気予報を見ると この暑さも今日までだというが 最後の最後で 朝から曇り空。
お天道様は遮られているものの 湿気はかなりの物。

こんな日はモールで涼むのがいいかも。
というわけで 甥っ子を連れて サウスコートプラザへ 出かけることに。
モールの中にいれば 効きすぎるクーラーの恩恵を受けられる。

モールの冷房といえば、いつもはなんでそんなにバカみたいに冷やすのだろう?
と恨めしくなるほどだが 今回ばかりは ありがたい。

それにしても レーバーデーウィークエンドとて モールはめちゃ混み。

参考)気がつけば9月 ↓
http://americajijo.jugem.jp/?eid=202


どこにいっても 受難は続く。。。


Car Max(カーマックス)へ

  • 2017.08.25 Friday
  • 19:53
中古車販売店 カーマックスに来ている。

最近のおっとっとの趣味は 古い車に乗ること(らしい)。

私は あまりこだわりはなく 車は 走ればいい。
でも、どちらかと言えば、新しい車が好き。

我が家には ただいま 古い車が 数台ある。が、新しい車はない。
まるで 中古屋さん状態。

「そろそろ一台新しくしよう」
という話が出ている。

そこで、それらの値段を調べようとカーマックスへ。

カーマックスは 中古車の売買専門店で 売りたい車を持って行くと
その場で 査定してくれる。

今日は花の金曜日ではあるし 混んでいて 30分ほどかかったが
とにかく手早くていい。


腐ってもベンツ!
知り合いの車屋さんで3年ほど前に譲ってもらった
中古の1991年型ベンツは はてさて いくらかな???


。。。なんと査定200ドル(約24000円)だという。

その5倍の1000ドルだったのに???

なんだかなあ?
がっかり!

おっとっとは ベンツは古い方がエンジンの質がいいんだよと自信満々だったのに。

ちょっとしょげたね。
200ドル?

「売らずに 置いておこう!次のDMV(運輸局)の更新はせずに 庭に置いておこう」
と おっとっと。

うーーん、ということは、我が家の中古屋さん状態は いましばらく続きそう。。。



昭恵夫人はトランプ大統領がお嫌い?

  • 2017.07.26 Wednesday
  • 23:11
昨日 病院へ行った時のこと。

順番が来て 診察室へと案内してくれた看護婦さんが 突然
「日本の首相の奥さんはトランプが嫌いだから
彼に返事をしなかったんでしょう?
彼女、英語が話せないから返事しなかったんじゃないでしょう?」
と思いがけない質問をしてきた。

そういえば 思い出した。
そんなことをニュースでちらっと言ってたなあ。

が、最近の日本のニュースは 加計学園問題やら自衛隊問題やら
阿部さん叩きが激しく昭恵夫人のニュースなど
ちらっとしかでていない。
なので 忘れていた。

こんなところで それが話題になるなんて!

トランプ大統領が
「昭恵夫人は英語を話せない」
とツイートしたことが
こちらではかなりのインパクトで 話題になっているということか?

「嫌いなわけではなく 日本人はシャイだから 返事できなかったと思う」
と答えると今度は
「首相はトランプ嫌い?」
と聞く。
「そんなことない。好きだと思うよ」
と言うと
「メキシコ人はね、トランプ大嫌いなのよ」
と本当に嫌いと言わんばかりの表情で言う看護婦さん、
彼女 よく見ればメキシコ人だわ。

どうやら トランプ嫌いの人たちにとって
返事をしなかった昭恵夫人は 今やヒーローらしい。

もしかして、それとともに日本の株も上がっているのかも。。。

国が変われば ニュースも変わる。
面白いなあ。


ちょっと寂しいバレンタインズデー

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 17:23
今日は2月14日、ヴァレンタインズデー。

アメリカでは 日本とちょっと違って 恋人同士だけでなく 家族(夫婦、親子)
そして、友人同士も とにかく愛を感じる人に愛を表現する日。

一番はやっぱり若い恋人同士が盛り上がるんだろうけど その次に盛り上がるのは 夫婦、年を取っても愛だからね。

どうも日本人としてはちょっとこっぱずかしいが こちらで暮らしていると それが普通になって来て
年取っても愛情を表現するって いいな。。。
と思えるようになり
おっとっともそうあるべし なーんて ちょっと期待したりして。。。

だって、
こちらでは、男性から女性に愛を表現するってのが ヴァレンタインズデーのお決まりなんだもん。
もし、アメリカ人の家庭で この日に夫が 奥さんを無視して何もしなかったら えらいことになる。
愛がない。すなわち 即 離婚だ。

ってのも どうかと思うけど そのくらい大事な日なのよね。
ムーディーなレストランでのディナーとか バラの花束の贈り物は定番みたい。

が、うちの場合、そんなことに影響されるようなおっとっとではない。あくまでも 日本人。
そんなおっとっとがアメリカ式のヴァレンタインズデーを演出してくれるはずもないのよね。

そして、ここはアメリカだ!
というわけで おっとっとへのチョコを用意することもなく。。。

なぜなら、
アメリカ暮らしで学んだヴァレンタインズデーの定義は 日本のそれとはすごく違っていて 何だか変。
もとは アメリカから来ていると思うんだけど どうして チョコレートを送る日になってしまったのかな?

が、何と!おっとっとは可愛らしくチョコなんぞもらえると期待しているらしいということが 昨今判明したのだった。

そこで、今年は 大サービス。
オレンジカウンティーでイッチバン美味しいチョコを 用意したよ。



でもね。 ほんとは 日本式じゃなくて アメリカ式のヴァレンタインズデーがいいなあ。

というわけで、今年もちょっと寂しいヴァレンタインズデーが 過ぎて行くのであった。

アメリカ式はこんな感じだよ。 「日本と違うヴァレンタインズデー」 http://americajijo.jugem.jp/?eid=112

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM