塞翁が馬

  • 2019.07.18 Thursday
  • 06:48

近頃、またまたドクターショッピングしている私。

原因は 5月に日本でついた尻もちの後遺症。

 

日本から戻り、「時差ボケ解消のため、ちょっと歩こう!」

と、犬と散歩。

その2日目のこと、

片方の腰の関節の外側の部分が痛くなり、どうも歩くと痛む。

 

痛いのを我慢して歩いていると

変な歩き方をしたらしく どんどん痛みがひどくなって

ついには 痛すぎて動けないほど ひどくなった。

尻もちをついてからずいぶんと痛かったが、徐々に痛みが軽くなり、

痛み止めを飲むのをやめた途端の出来事で ショックだった。

 

こんなに痛みが長引くのは もしかしたら骨に異常をきたしているのか?

と流石に心配になり とうとう2年以上行っていなかったホームドクターに

診てもらうことに。

 

予約を取り、一週間ほど待ち、やっと診てもらう。

腰回り、尾てい骨のあたりと何枚もレントゲンを取る。

 

そして、骨には 異常なしとの診断。

ホッとしたのだが・・・。

 

異常なしと言われても 痛みは良くならず

日常生活の一挙手一投足が辛い。

 

そこで、フィジカルセラピーに通うことに。

すると、さすがに餅は餅屋、数回で なんとか歩けるようになる。

 

が、どうも 鈍い痛みは続いている。

股関節に何か引っかかっているような・・・

この言いようのない痛み、フィジカルセラピーよりカイロプラクティックで

歪みを直して貰う必要があるかもしれない・・・。

 

そして、ついに カイロプラクティックへ。

前はよく通っていたが、最近は 幸運なことに

辛い腰痛も肩こりもあまりなくなり

カイロプラクティックは、ご無沙汰していた。

なんと3年ぶり!!

 

ちなみに、足首の手術をする前は カイロプラクティックによくお世話になった。

運動と思ってゴルフをすると すぐにぎっくり腰状態になって

常に腰痛、足首の痛みに悩まされていたので 

カイロプラクティックは さながら 私の救世主だった。

 

ご無沙汰していたってことは かなり体調が良かったということで

このまま、カイロプラクティックから卒業できるかもしれない

と錯覚を起こしていたほどだ。

が、そんな簡単に 体の癖は治らなかったわけで・・・。

 

フィジカルセラピーも確かに効果はあるのだが、

この痛みと もっとスッキリおさらばしたい!

そんな気持ちで 診てもらうと・・・。

 

腰回りの筋肉の固まっているところをほぐしてくれ

腰骨のズレを直してくれ 背骨もアジャストしてくれて・・・。

 

結構いい感じ・・・

スッキリ!!

シャッキ!

と、したように一瞬は思えた。

 

が、体というものは そんなに素直ではないようで

その日の夜、さすがにアジャストしたところが鈍く痛いような

重怠いような・・・。

 

ええーっ、治るはずだったのに また別の場所が痛くなるの??

と思ったら

数日後には シャキッ!

スッキリ!!

良かった!

どうやら ドクターショッピングもこれで終わりになりそうな

嬉しい予感!

 

それにしても、

痛くて痛くて「どうして尻もちなんてついちゃったんだろう?」

と、自分のドジを呪っている最中は、川柳も短歌もなかなかできなかった。

体の不具合は 心まで折ってしまう。

それでも、この怪我のおかげで 学ぶこともあったような・・・

 

 

尻もちをついて怪我して一ヶ月塞翁が馬と思いたいけど(高木みつこ)

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

乙女な気分

  • 2019.07.13 Saturday
  • 12:33
日本から帰ってきて 早いもので1ヶ月。

例年より随分と涼しい日が続いていたが
流石にここ数日は 暑い。
といっても 最高気温は28度に行くか行かないかというところ。

先週まで 見事に咲いていたアカパンサスは すっかり元気が無くなっている。


先週までは




今週は




庭から 花を摘んで ちょっと乙女な気分。

ネット難民だあ!

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 15:28
今日も某有名コーヒーチェーン店で お茶しながら、ネット中。

旅行中なので 場所によっては ネット環境が 悪い。

携帯からテザリング(電波を飛ばすこと)できるようにしているが、
使用データ量に限度があるので 四六時中 ネット使用の環境には無い。

必要な時にちょこっと繋げて 最低限のチェックをするようにしているが
フェイスブックを開けたり ラインをチェックしたりすれば
契約容量2Gバイトなど 一週間くらいで使い切ってしまう。

2Gバイトを使ってしまうとどうなるか?

テザリングはできるとしても 使えるデータ量を制限されるので
ググリたいという場合など 全く用をなさないほど遅くなる。

さしずめネット難民状態。

で 今回、初のネットカフェ避難。

セキュリティの甘い無料ワイファイなので PCを持ってくるのは
流石に遠慮しているが
機内モードにセットしたiPhoneのWi-Fiをonにすれば、
フェイスブックやら メールチェック、ラインのチェックなど はスイスイとできて大助かり。

なんと4日続けて Stxxxナンチャラに通っている。

頼むのは コーヒーじゃなく飲んだことのないなんちゃらフラペチーノ。

これも 人生お初の経験。

いくつになっても人間って学ぶものなのね!!





これって セカンドオピニオン?

  • 2019.06.10 Monday
  • 14:44
あまりにも咳と痰に悩まされて 苦しいので
またしても ドクターショッピング。

より専門的な呼吸器内科へ。

最後の「頼みの綱」という感じ。

今回はレントゲンも撮り
息の中の二酸化窒素の分量を計測して 喘息かどうかをも測定。

結果は?
喘息が疑われるという数値が出た。

検査の後 再度先生に会うために またまた待つ。

それにしても 気がつけば 時刻はすでに午後の1時に近い。
病院への到着は 確か11時ごろだったから もうかれこれ 2時間以上になる。

レントゲンと呼気の窒素量測定の結果 怪しい影などはなく 軽い気管支喘息との診断。

しっかり説明を聞き 安心をもらった気分。

そしてやっとお会計を済ませて 薬局へ。

薬局でもまた待つ。

全てが終わったのは なんと午後の2時少し前。

もっと重篤な患者だったら?
具合が悪いのに こんなに待たなくてはならないのは辛いに違いない。

しかし、私の場合 今回は 時間もたっぷりあるので 大丈夫。
ちょっと時間がかかり過ぎて イライラしかけたけど。。。

忍耐力を試されているような。。。

とにかく はっきりと喘息を止める薬を処方してもらい 薬についての効能や注意事項なども
きっちりと説明されて なんだかとっても安心出来るような。。。

これが 最後のドクターショッピングになりますように!


踏んだり蹴ったり

  • 2019.06.09 Sunday
  • 16:08
というのはまさにこのことだろう。

その時、ちょっと咳が出ていた。
が、全く熱はないし アレルギーに違いないから すぐに治るだろうと思っていた。

しかし、甘かった。
軽い咳と思っていたのに 一向に治らず 咳は どんどんどんどんひどくなっていった。

そんな時だ。
出かけた先で こけて 大きな尻もちをついた。

ウィークデーだから空いているだろうと乗り込んだら ひどく混んでいて びっくり!という新幹線の中でだった。
こだま号で 静岡に帰る途中 乗ってすぐのことだった。

次の駅に着く直前、こだまが減速している時、前の席が空いたので
ゆったり座れる方へ移動しようと席を立った時に
急に横揺れがして バランスを崩した。
踏ん張り切れずに お尻から こけた。

痛た!痛ーい!

なにせ公衆の面前、
恥ずかしー!

が、問題は もっと別のところにあった。

骨でも折れたら しばらく動けなくなる。どうしよう?

今は、一時帰国中。
帰る日はもう決まっている。
それまで 予定はないようでいて ぽちぽち入っている。

動けないなんてことになれば。。。

それに 母の様子を見に帰ってきているというのに 役に立たないどころか 迷惑をかけることになる。

ゾ、ゾ、ゾーーーッ!

とにかく痛いけど 立ち上がり 歩ける事を確認し ほっと胸をなでおろす。

動ける!

が、苦難は そこから始まった。

静岡駅で こだまを降り ローカル線に乗り換え なんとか実家にたどり着く。

良かった。
歩けるということは 骨に異常は無かったということ。不幸中の幸い(希望的観測)。

なにせ 何もしなくても いつの間にか骨折をもしかねない年齢なのだ。
たかが 尻もちといっても 骨折へ直結する可能性大。

這々の体で 家にたどり着いて あまりの痛さに 痛み止めを飲んだ。

そして、痛みのため 屈むことが出来ずに顔も洗わず そのままベッドに倒れこんだ。

その間にも 咳は ますますひどくなり。。。

翌日は 腰の痛みのために 一日中安静に。

神さまは意地悪だ。

痛て、痛ててて!
と 苦しんでいるのに
弱り目に祟り目
咳が 「ゴンゴン、ゼロゼロ」とますますひどくなっていく。

私の咳を聞くに耐えないと母は
「その咳は異常だ!病院へ行け」
と仕切りという。

そこで 内科へ。

診察をしてもらい お薬をもらい やっと一安心。
そして、お尻の痛いのは 湿布と痛み止めでなんとかやり過ごす。

怪我が治癒するには 時間が必要だ。

と、気長に構えることに。
痛みは 痛み止めで ごまかして。。。

しかーし、それから2週間以上が経ち。。。

咳は もっと悪化して もう一度内科へ。
そして 薬を飲み切ってもまだ咳が続くので 耳鼻科へ。
というまるでドクターショッピングのごとき事態に。
http://americajijo.jugem.jp/?eid=1256

おかげさまで 三度目の正直、1ヶ月も続いている咳もやっと治まってきたかも。。。

しかし、腰の痛みは まだまだ。

痛み止めは 飲みすぎてはいけないと 内科の先生に言われたので
そろそろやめなくては。。。

しかし、。。。もしかして。。。ということは。。。

「踏んだり蹴ったり」の 「泣きっ面に蜂」の絶不調も
やっとの事で そろりそろりと上を向いてきたのかも。。。

神さま、仏様、今回、これ以上の苦難は 要りません。
もう勘弁してください!

それにしても なんでこんな目にあうんやろ、私は?

それとも このくらいで済んで良かったと思うべき?

やっぱし。そうだよね。

ほんと、このくらいで 済んで 良かったと思うことにしよう(ポジティブシンキングね)!

めでたし めでたし。。。


ドクターショッピング?

  • 2019.06.08 Saturday
  • 14:50
旅行中、咳と痰が1ヶ月も続いている。

どうやら山は越したが。。。

最初、 咳が続いて二週間ほどで 内科に行き 薬を貰った。

が 良くなるどころか 悪化。

ひどい時は 咳をしすぎたらしく痰に血が混じって 「えっ?何?」
と思った。
あまりにも 咳が辛いので
その後 またまた内科に 行った。

抗生物質を処方され きっちり飲みきり ここ数日 少し体を休めるようにしたら
やっと 咳が治まってきた。

しかし、依然として 喉がムズムズして 咳が出るし痰も出る。

薬も切れた。

そこで 今度は 耳鼻咽喉科へ。

お薬を出してもらい 帰り際にネブライザーを3分間。

気分的に 良くなりそうな予感。

今度こそ良くなるかな?
ただ 喉の奥の方で ゴロゴロガサガサと音がする。

お医者様からは 「胸の音は耳鼻科では聞けないので 気になるなら 内科を受診するように」と 言われた。

これ以上のドクターショッピングは 勘弁して欲しいが。。。





憧れの磯物

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 19:21
今日は 大潮。

大雨にもかかわらず 磯物獲りに行かれた知人から頂いた 貝類の数々。





美味しい!


今日は 降ったり止んだり。雨なのに 磯物獲りとは。。。


時々 バケツをひっくり返したような振り方




磯物獲りは こんな感じ↓

http://americajijo.jugem.jp/?eid=1248

茫々の

  • 2019.05.23 Thursday
  • 09:49
故郷 静岡県 熱海の海


茫々の五月(さつき)の海や迫り(せり)上がる
(みつこ)


迷子の子

  • 2019.05.20 Monday
  • 15:41

5月も早三分の二が終わる。

 

ここ数週間を つらつらと思い起こすと

4月終わりからの十連休もあっという間に終わり、

令和の初日の興奮は、それほどの時が経ったわけでもないのに

今や薄れ、

あれは なんだったのだろう?

 

まるで、夢を見ていたかのような・・・。

 

人間というのは なんと忘れやすい動物なんだろうか?

 

 

 

全国に戸惑い走る十連休(高木子猫)

電車移動今浦島は迷子の子(高木子猫)

たっぷりと時間はあれどやらぬだけ(高木子猫)

 

 

 

JUGEMテーマ:川柳、俳句、短歌を作る。

一人飲み

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 22:03

「孤独のグルメ」「一人飯」「個食」など一人の食事に関する造語があるが、

私の場合、「一人飲み」。

 

別に一人で飲んだり食べたりするのが好きというわけではない。

ただ、同行者がなく、一人で飲むしかないことだってある。

それだけのことだが、いくらおばさんになったとはいえ 

女の「一人飲み」は まだまだ少ないのかもしれない。

 

先日のこと、半年ぶりに 母の住む街にたどり着いた日、夕方 6時を過ぎていた。

 

離島から飛行機を乗り継いで 故郷の地方空港に着いたのは 夕方の5時前だった。

スーツケースを引きづってどうやって帰ろうかと考えているうちに、

気が付けば、タクシーを逃してしまった。

哀しいかな。小さな地方の空港には 客待ちのタクシーもそれほど多くない。

その時点で、タクシーを呼ぶより、JRの駅に行くシャトルバスに乗る方が 

手っ取り早いという結果になり おとなしくバスを待つことにした。

飛行機を降りてからバスが出るまで 40分の待ち時間は ちょっと長かった。

思いのほか肌寒く あたたかな南の島にしばらくいた私は 震えた。

 

最寄りの駅行きのオレンジ色で小っちゃくてかわいいシャトルバスに乗ることに。

母は、駅から歩いて5分ほどのところに住んでいる。

スーツケースが ちと邪魔だけど、駅から 歩けばいいのだから、

バスに乗ってみるのも一興と気を取り直す。

 

その日、バスの乗客は 4名だった。運賃500円。

お得だ!

 

40分後 駅に到着。

「何か少しおなかに入れるものがあるだろうか?」

と、宅配の夕食で一人暮らしを賄っている母に電話すると、

「何もない」

と 思った通りの返事だった、

「じゃあ、駅前で何か食べていくよ」

ということに。

 

幸い駅の周りには小さくて感じのいい居酒屋さんが幾つもある。

その中で最近開いたばかりの気になっていた一軒に入ることに。

なかなか賑わっている。

テーブル席とカウンター席がある。

 

「一人なんですが、いいですか?」

というとカウンター席に案内される。

その日は 運よく となりのカウンター席で飲んでいたそのお店の常連さんという

おじ様お二人連れ(途中三人になってまた二人になった)に

お話させていただいて 楽しく飲めた。

 

おばさんの一人飲みって 田舎の街ではきっとあんまりないに違いない。

ましてや 大き目のスーツケースを引きづってちょっと疲れた様子。

一体何者?と思われたに違いない。

 

どんなシチュエーションであろうと、「一人で飲む」ってやっぱりちょっと勇気がいる。

だから、私とて むやみに一人飲みはしない。

 

一人で飲めるようになったのは、いつからだろう?

 

そうそう、あれは 父が亡くなった後のこと。

カリフォルニアから一人で帰国したときだった。

その時、アメリカ暮らしを始めて15年が経っていた。

帰郷するのに 子供を連れないで帰ったのは、それ以前にも祖母が亡くなった時だけ。 

それは2度目の一人旅だった。

成田空港だった。

 

アメリカに帰る前に お寿司屋さんのカウンターへ。

飛行機が落ちたとしても悔いが残らぬようお寿司を食べておこう!

と、お寿司をつまみに 日本酒を飲んで ちっとばかし悲しい気持ちに活を入れて・・・。

という一人ひそかに涙しながらの一人飲みだった。

それに味を占めたのかもしれない。

 

ちょうどその頃の私は 子育ての最終章だった。

その後、子連れでなくアメリカと日本を行き来するようになり

日本からカリフォルニアに戻る日の成田のお寿司とちょっと一杯が定番に。

ささやかな主婦のプチ贅沢となった。

以来、時々 「一人飲み」を試みる。

 

もし、変なおばさんが 一人飲みをしていたら声をかけてくださいませ。

 

 

ふるさとの味 生シラスで一杯。

 

 

JUGEMテーマ:好きな食べ物・飲み物

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM