ただいま オレンジカウンティ!

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 12:12
カリフォルニアに戻って かれこれ一週間。
やっと 徐々に 人間らしい気持ちで 暮らそうという気分。

出かけるときは夏時間だったが帰ってみると冬時間になっていたので
1時間ずれている家中の掛時計を 冬時間に合わせる。


調整前



調整後





これだけで なんだか立派な1日の始まりのような気がするから不思議。

そして、庭の片隅で うまい具合にスプリンクラーの恩恵を受けて
生き残っていたミントの葉のハーブティーで 一服。



ミントも冬っぽいね







移動する生活は 年ごとに気持ち的にも体力的にも しんどさを増すが
できるうちは 頑張ろう!

それにしても 成田を離陸するときにいつも感じる切なさ、寂しさは
どんなに長く日本を離れて暮らしても やはり自分は日本人なのだと
教えてくれる。

カラッカラ、ドライでクール、年中暖かくて、合理的なこの国が
自分にとって いくら住み易くなったとしても。。。

かまいたち

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 13:29

 

やられたよ出会い頭にかまいたち自暴自棄たる腹のあたりを高木みつこ)

 

 

短歌を詠む時間、それは、楽しい時間。

正直な自分に戻る時間。

真っ正直でいい。

憎たらしい自分、嫌みな自分、非日常のマイナスな自分でいい。

 

いつもは、世界からはみ出さないようにいい子でいるとしても、

短歌の創作に優等生はいらない。

そして、そこでは、いつもいつまでも自分だけが

ヒロイン(ヒーロー)でなくてはならない。(高木美津子)

 

 

〜〜〜

鎌鼬かまいたち)は、

日本に伝えられる妖怪、もしくはそれが起こすとされた怪異である。

つむじ風に乗っ現われ人を切りつける。 

これに出遭った人は刃物で切られたような鋭い傷を受けるが、

痛みはなく、傷からは血も出ないともされる。

 

ウィキペディアより

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E9%BC%AC

 

 

JUGEMテーマ:短歌

高知へ(その2、その3)

  • 2017.11.04 Saturday
  • 11:26
高知に行ってみたいその訳は。。。

その2)

コーヒーショップ 「土佐力舎」の深層水コーヒーを飲んでみたい。
土佐力舎というのは 今年(2017年)夏、南国市に新しくできたお店。
「深層水で淹れるコーヒーが売り」
コーヒー豆は イッタコーヒーが提供している
というので 是非行ってみたかった。





お洒落なお店。
コップに出されるお水も 深層水。
そのお味は?
気のせいなのか?なんかちょっと不思議な味。

そして、 コーヒーは?




美味しい!やっぱり微妙で不思議な味がした。


その3)

ブラタモリでやっていた高知、龍馬の生まれた町を歩いてみたい。

ということで 桂浜へ。




県立龍馬記念館の標識に沿って出かけて行くと まだ工事中!!!





だったけど。。。

がっかりしながらも その隣の国民宿舎「桂浜荘」の展望レストランへ。

入口の「リョウマ(ローマ?)の休日!」に大うけ





そして、
国民宿舎桂浜荘 展望レストランで「龍馬カプチーノ」




たっすいがは、いかん

  • 2017.11.03 Friday
  • 09:39
高知に行きたい理由 その1

「たっすいがは、いかん」
=味が薄いのは ダメです
この有名なフレーズを生んだ町や文化に触れてみたいと思った。
これは、キリンビールの悪戦苦闘 営業サクセスストーリーから
有名になった一言。

「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」というラジオ番組を
インターネットラジオで聞いていて 興味を持った。

「キリンビール高知支店の奇跡」田村潤著
営業所の女性事務員さんが 飲み会の席で 営業所を訪れた本社社長に
こう言って直談判したというフレーズを うまく宣伝文句にのせて
高知でのキリンビールの営業を盛り返した(それだけじゃないけど)と
高知営業所所長さんだった田村氏は書いている。


ラジオからの受け売りで 本は読んでいないけど
所長をはじめとする営業所のスタッフの気迫溢れる奮闘ぶりが凄い。

時間外労働が騒がれている昨今、時代錯誤も甚だしいと言われそうだが
女性の事務員さんまでもが、自ら営業に回って
売り上げに貢献するという気迫あるその姿!
とにかく 高知では、女性が強い!元気!だという。


で やってきたというわけ。。。


美味しい鰹のタタキが食べられる!
というので「ひろめ市場」に行くと
あった!
あった!
巨大な広告が。





ひろめ市場のバーで飲みながら カツオの塩たたき





地元の方とも仲良くなり。。。



バー ファミーユ




隣り合わせた地元の方から 「四万十川より仁淀川だ!」
という情報をゲット。
とにかく 水が綺麗!
とのこと。
やっぱり地元でないとわからないことって多いのね。

ということで。。。
バーで出会ったスウェーデンから四万十の写真を撮るために
日本に来ているというご夫婦に「仁淀川がいいよ!」と教えてあげたり。。。






最後は近くのオールディーズのバー(サリーズバー)へ。





ホテルへ戻る途中 しめに紅茶を。

シフォンケーキ 美味しかった!





かくして 高知の夜は楽しく更けて行ったのである。。。

丸亀城

  • 2017.10.30 Monday
  • 22:32
四国 香川にやって来た。

岡山を通って 瀬戸大橋を渡り。。。





丸亀城へ。





小さなお城だが なかなか立派な門構え。





急な坂道を登り 天守閣へ。
(足の手術から一年経過し こんな坂道も登れるようになったことに
改めて 日々遅々たる歩みでも 治りつつあることに気付かされる)

「一国一城の主」という言葉の重みを感じる素敵なお城だ。




友人に お城めぐりをしている人がいる。
丸亀城に来ていると写真を送ると。。。

しばらくして 「地震は大丈夫?」
という返事が返ってきた。
縁起でもない。。。

とはいえ、2年前の出来事を思い出した私。
「熊本頑張れ」
http://americajijo.jugem.jp/?eid=997

台風通過中

  • 2017.10.22 Sunday
  • 16:06
季節外れの大型台風が通過中。

数日前から ニュースでは 警戒するようにと仕切りと言っている。

カリフォルニア暮らしで怖いのは山火事。台風は来ない。

アメリカでは台風は ハリケーンと呼ばれ 東海岸の南の方に上陸し
大きな被害を与えるが
砂漠気候のカリフォルニアでは 無縁。

そんなわけで 20年以上も台風の脅威から遠いところにいたので
どうしたらいいのか ちょっと戸惑い気味。
とりあえず数日間の自宅待機(おこもり)を覚悟して 食料品を買い出し。

テレビをつけていると次々にピロンピロンと音が鳴り 警報が流れる。

幸運にも大阪北部は それほどの雨も降らず 風も穏やか。
このまま台風が通過してくれるといいんだけど。。。


と 思っていたら 夕方 5時を過ぎた頃から突風が吹き始め
窓に当たる音が爆音のようで 怖い!


来る来るぞ圧倒的なその威力覚悟を決めてこうべをたれて(みつこ)

買い出した食料↓




これで数日大丈夫かな?

今日の退屈

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 15:27

だいぶ前になる。

 

大先輩のS氏から、

 

「シニア(引退後)の教育と教養とは何か?

それは、

教育=今日行く(きょういく)ところがあること

教養=今日用(きょうよう)事があること

の二つだと

ラジオの笑い話でね」

 

と、にこやかなお話。

 

最近、身につまされる。

人間、暇を持て余すとろくなことはない。

 

考えれば やることはたくさんあるはず。

なのだが、

頭が働かない。

 

ぼーーーっとしていると時間がすり抜けていく。

 

 

消えていく我が危うさを見つめつつ今日の退屈あくびを一つ(みつこ)

 

JUGEMテーマ:短歌

「世界音痴」穂村弘著

  • 2017.10.15 Sunday
  • 11:18

「世界音痴」穂村弘著

 

「初めての短歌」穂村弘著と出会ってから

すっかり彼の短歌の詠み方のセオリーにはまってしまった。

 

「ユニーク且つまっとうでない短歌」なるものに魅了されて

http://americajijo.jugem.jp/?eid=977

はや、2年の月日が経つ。

 

今回はエッセイ「世界音痴」を読むことに。

 

なんだかなあ。そのかなり変わった世界観。

不器用さ。社会に対する不適合な具合が 覚えがあるわけで・・・。

 

だから彼の短歌のセオリーが無性に心に響いちゃったのかもと

納得の一冊。

 

涙など流して果ててカラッカラ誰が勝ち組?誰がルーザー?(みつこ)

 

 

JUGEMテーマ:短歌

山火事で・・・

  • 2017.10.14 Saturday
  • 20:55

先月から日本に来ている。

あちらを留守している間に 北カリフォルニアと南カリフォルニア(家の近く)で

大きな山火事。

 

北カリフォルニアでは ワインの産地 ソノマカウンティー、サンタローザや

ナパで大きな被害が出た。

同時に 南カリフォルニアの家の近くでも山火事は起こり 

その近くを走っている有料道路が 当分の間 封鎖とのお知らせが 

イーメールで送られてきた。

 

カリフォルニアでは 山火事は毎年のように起こり 

そのたびに怖い思いをする。

 

幸いにして、今回も直接の被害に遭わなかったことに感謝。

 

さて、サンタローザであるが 

今をさかのぼること、130年前、薩摩出身の日本人、長澤鼎が

ワイン作りに成功し、ワインのプリンスと呼ばれ 

現地の人々の尊敬を集めていた。

 

彼の生きた証は、パラダイスリッジというワイナリーの展示室に

保管されていたのだが、

今回の火事で焼失してしまったという。

 

ワインのプリンスに憧れて かの地を訪れたのは 3年前(2014年)の夏だった。

 

形あるものは 壊れ命あるものは死にゆくのが定めだと分かってはいるが・・・。

悲しい。

 

こんな時だから、今一度、思い出は永遠・・・

 

きっかけは、

「ワインのプリンスに恋」(2014年4月)

http://americajijo.jugem.jp/?eid=871

 

 

「やっと会えたプリンス、長澤に」(2014年7月)

http://americajijo.jugem.jp/?eid=892

 

 

「ラウンドバーン(ワインのプリンスの馬小屋)」

http://americajijo.jugem.jp/?eid=891

 

いにしへの苦難を思ひ心するプリンスと呼ばれし薩摩人(さつまびと)  ___みつこ

 

プールサイドでドアダッシュ

  • 2017.09.24 Sunday
  • 15:53
今日は、びっくり2連発。

只今 気温28度。もう9月も下旬というのに 南カリフォルニアは まだまだ夏。

久しぶりにコミュニティのプールへ来ている。

まごまごと長女が昨日から遊びに来ていて
今日は、プールで遊ぶというので お付き合いして プール監督中。

まごまごたちは お昼前から かれこれ4時間近くここにいる。

4歳と7歳。
足の立たないプールで 泳いで遊んで 潜って 浮かんで エンドレス。

ちょっぴり遊ぶだけかと思ったら 二人とも かなり泳げるので ばあばは びっくり!

コミュニティ(町内会?)のプールサイドには大きなキャナピーテントが置かれていて
直接日に当たらないですむので 助かっている。
が、午後の日差しは強く さすがに暑い。

私は彼らから 小一時間遅れて来たのだが それでもすでに3時間以上 経過。
泳ぎもせずに プールサイドで こんがりと焼け続けている。

お昼前から来ているので 1時を過ぎた頃に さすがにお腹が空いて
そろそろ家に戻るのでは?と思ったら。。。

娘がドアダッシュというアプリを使いランチのテイクアウト(持ち帰り)をオーダー。

それは、なんと好みの店で 食べ物をオーダーして
それを自分のいるところまで運んでもらうサービスだという。

テイクアウト(食べ物の持ち帰り)とウーバー(白タク)を合体したようなものらしい。
支払いは クレジットカードで 食べ物の料金と配達の料金を一括で払う。

これが アプリを使って出来てしまう。

近所のテイクアウトの日本食屋さんで
まごまごたちが大好きなカリフォルニアロール、枝豆、親子丼などを頼み
自分で取りに行かなくても まごまごたちが遊んでいるのをみながら
プールサイドに居ながらにして 食べ物を手に入れることができるという。

アプリに オーダーを入れてしばらくすると 娘の携帯に
お店からオーダーを受け付けたと知らせがあり
しばらくして ドライバーが食べ物をピックアップしたとのメッセージ。

オーダーしてから30分。
まごまごたちを監督しながら 無事に食べ物を受け取って
コミュニティプールのプールサイドで ランチタイム。

こんな便利なサービスがあったなんて!
知らなかったわあ。びっくり!

まだまだかえりたくないまごまごたちは 食べてからも また泳ぎ 遊び続け
心置き無く体力を消耗し。。。

それにしても 彼らの泳ぎ、上手!
いつの間に???

居ながらに食べ物の届くアプリ、便利過ぎる!

まあ!びっくりの2連発!


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM