注文の多い料理店

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 11:32
古い本を見つけた。

イーハトヴ童話
「注文の多い料理店」
宮沢賢治著

亡き父の持ち物の中にあった。

宮沢賢治ねえ。
そういえば、「注文の多い料理店」は 怖いお話だったなあ。

有名だけど 細かいところまで覚えてない。
読んでみよう!

開いてみると なんだか古めかしい字体。
旧仮名遣いで 印刷も まだらで読みにくいぞ!

この本には 注文の多い料理店以外にも 8つの作品が収められている。

それらのどれも読んだことがない。
さっそく読み始めた。

「猫山とりぐんど」
何?????

しばらくして気がついた。
横書きのタイトルは、右から左へと書かれている。
「どんぐりと山猫」
だよ!

宮沢賢治の世界。
なんか新鮮。

美しくて 残酷で
悲しくて 優しい。

なんとこの本、
大正13年11月10日印刷
大正13年12月1日発行
定価金 一圓六拾銭

という古書だった。

父の生まれる前だよ。
どういう経緯で この本が父の手に渡ったのか?

そうね。
昔は 時間の流れが 本当に緩やかだったに違いない。


それにしても、
屋久島というのは 懐古趣味に浸るには なんとも 適した場所ではある。








しおさいの詩

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 14:50
昨日の夕方
眼下の海を見ていたら
現地の人が
「そこにウミガメがいるよ」
という。
目を凝らして見たけれど
まだ目撃にはいたっていない。


潮騒が 絶え間無く聞こえ
つい小椋佳の「しおさいの詩」を
ユーチューブで聴いてみたが
いまいち違った。



今更だが、潮騒だけで 満足すべきと学んだ。

昨日は急に蒸し暑かったが
今日は打って変わって爽やか。

目の前に広がる海が うねり
風が潮騒を運んでくる。

時として牙を剥くであろう海。

が、今日は とても穏やかで 優しい。


ググる!「近くでランチ」

  • 2018.05.14 Monday
  • 08:29



これ、魔法の言葉だね。


地の利のないところで 友人と

「お昼を食べよう」

ということになったときのこと。


二人とも どこが美味しいという情報が無い。


「調べてみるね」

友達は言う。


はたと気がついた。

そういう手があった!

ググる(グーグルで調べる)わけね。

ネットの口コミを調べるなら 私にもできる。


早速 ググる。


目的は、現在地から あんまり遠くないところで

美味しいランチにありつきたい。


近いこと。朝食でも夕食でもなくお昼ごはん。

が キーワード。


なので 試しに

「近くでランチ」

と入れてみた。


すると。。。

出てきた!


天ぷら屋

韓国料理

イタリアン

などなど


お料理の写真と口コミの点数、利用者のコメントも 載っている。


コリアン(韓国料理)もイタリアンもいいけど

やっぱり日本食がいい。


美味しい天ぷらは カリフォルニアではなかなかありつけないから

天ぷらだな。


というわけで

天ぷらはいかが?

と友人に連絡。


「良さそうだから行ってみよう!予約するね」

と、すぐに返事が来る。



当日、初めてのお店、ドキドキ!冒険気分。

カウンターの向こうで 天ぷらを揚げてくれるお店だった。

目の前で食べるものを あげてくれるなんて 期待以上だ。

さらに、お値段もお値打ち!

で 大満足。

すごく得した気分。


なんて便利なんだろう!

グーグルの回し者じゃあないんだけど

ググって大正解!


それまで ググったところで たいした店は出てこないと思っていただけに

新発見だった。


以後、何かと使っている。

いつもいつもどこでも当たるとは限らない。

あたりも外れもあるけれど 

どうしようかと迷ったとき とにかくググってみる。

「近くでxxx」

夏落葉

  • 2018.05.13 Sunday
  • 10:34


屋久鹿の鼻先ひらり夏落葉 (高木みつこ)



夏落葉とは?

夏の季語。
若葉と交代する古葉が 新しい命に今後を託し 散っていく。


2年前 4月の終わり頃、屋久島を訪れた。
林道を車で 走っていると 屋久鹿の親子が 道の真ん中で 木の葉を食んでいた。
彼らの頭上から ハラハラと緑の葉っぱが落ちてきて 彼らは 車を止めた我々に 臆することなく
その落ち葉を美味しそうに食べていた。

夏落葉という季語を見たとき
その光景が蘇った。







「緊張感を持って言葉を選ぼう」


作句するとき 覚悟を持って言葉を選ぶ。
自然と生まれてくる言葉があり、それを十分に推敲してのち
一つの作品として 完成させる。(みつこ)



〜〜〜 「なぜ俳句では文語などの言葉を使う?」〜〜〜

文語体を俳人がよく使うのは、簡単な言葉で沢山の内容を伝えらえるから。
また、日頃使わない文語体の言葉は読者に強烈な印象を与えることもある。
もちろん口語体を使う作者もいる。
ただ口語を使うとき注意しなければならないのは、日常の口語体を使って
俳句を詠むだけでは 言葉の緊張が生まれないことだ。

文語への対抗意識をもって口語体を使わないと成功は難しい。
その意味で純粋口語体よりは、文語の流れと口語とをうまく繋ぎ合わせた方が成功作が多い。

街の雨鶯餅がもう出たか(富安風生)

ただし、若い世代が詠む俳句はもうすっかり口語が自然となっている。

〜〜〜〜俳句歳時記新版 角川学芸出版編より〜〜〜〜

棒茶が一番

  • 2018.05.07 Monday
  • 10:05

静岡生まれ。



折しも一番茶の季節。

ニュースによると、
今年は 暖かい日が続き 一番茶の時期はかなり早まったそうだ。

そして かなりの豊作で その分お値段もお値打ちだとか。




さて、

食事には お茶(緑茶)が つきもの。

食事とお茶は同時進行する。



ところが、最近のこと、

テレビ番組で 他県では 食事中のお茶は常識ではないと知った。

驚き!

食事と一緒にお茶を飲むことを普通だと思っていたのに・・・。



で、いつも失敗するのは

静岡人でない方に お茶を出すタイミング。


どうやら いつも早すぎるらしい。


お茶の味にも かなりこだわりがある(らしい)。


お茶所なので 普通においしいお茶を飲んでいる。

お値段も手ごろでおいしいのは、

深蒸し棒茶 

温度も高めで淹れる。

香りもいいし、コクがある。


まるでお茶屋の回し者のよう???


とにかく やっぱり 私、静岡人!





好きな「お茶」の種類、なに?

飛鳥寺

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 13:58
奈良観光は 初めてだ。

どこに行ってみようか悩んだ末に 飛鳥寺へ。

蘇我氏の氏寺だそうで
小さくて 可愛くて 素朴な雰囲気。





写真撮影もokというので ご尊顔をぱしゃり!
なんと1400年以上のお年だという。





思っていたより お顔が大きい!

聖徳太子生誕の方角を向いて鎮座しているのだそう。
ちょっと斜めを向いておすわりになっている。

ぐるりと道順をたどって お宝を拝見。









外に万葉の池があり お地蔵さんが3体。





家内安全、子供の成長、夫婦円満をお祈り。


昨日からの雨で お天気がイマイチではあるものの
素朴な佇まいが 素敵な 初めての奈良見物。



蘇我入鹿の首塚






やっぱり日本はいいね!

ととろな時間

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 14:52
ととろ図書館の貸し出しは 2時から4時。

図書館を始めて20年だが 全く宣伝もせず
不定期な開館で あまり利便性も良いとは言えず
利用者は ごくごく限られている。

が、借りてくれる方はいるわけで
「開館します」
とお知らせした日には 必ず オフィスへと出かけて行って
来館される方を待ちながら 時間を過ごす。

ある時は、

私立図書館だが 蔵書の全てを読んでいるわけではないので
来館者を待っている間に
「今日はどんな本を読もうか?」
と本を探し スマホのユーチューブから お気に入りのカーペンターズを
流しちゃったりして 読書タイム!

ある時は、
ラップトップPCで 原稿書き。

来館してくださる方とのおしゃべりも とても楽しい。

私スタイルととろな時間。

残念だが、このまったりと充実した時間はしばらくお預けだ。

しばらく(明日から6月いっぱい)おやすみだが
7月には 再開する。

8月には20周年記念の会をする予定。

アイデア募集中!



Take me for a walk? (歩こうよ)

  • 2018.04.09 Monday
  • 15:39

ビビビッっと腕が振るえる。

 

見ると腕につけているフィットビットが言っている。

“Take me for a walk?”(歩こうよ!)

 

そういえば、しばらく椅子に座りっぱなしでテレビを見ていたなあ。

 

カウチポテト状態(アメリカでは、カウチ=長椅子に横になり

動かないでテレビを観ているとジャガイモのような体型に

なってしまうからなのか、ごろごろとしながらテレビを

観ている人のことをカウチポテトと呼ぶ)は 

確かに健康に悪い。

 

NASAの研究結果によると歩かなくても30分に一度

立ち上がるだけでも 違うという。

 

座りっぱなしは 老化を早めるんだって。

立ち上がるだけで アンチエイジングになるって 

NHKのガッテンでやっていた。

「座りっぱなし=老化?」↓

http://americajijo.jugem.jp/?eid=1064

 

とにかく、

「動かないといけませんよ」

と、フィットビットが教えてくれているというわけだ。

 

フィットビットのホームページによるとこれは、

 

Reminders to Move

 

Get friendly on-screen messages that encourage you

to reach mini-goals of 250 steps each hour.

 

動かないでいると、スクリーンに メッセージが現れて、

同時に振動し

「250歩以上は動こうね」

と警告が出る。

 

ここには、フレンドリーメッセージだと書いてあるが

ちゃんと気が付くようにバイブレーションが起こり

結構 ハッとするし、

「歩かなきゃ!」

と思わされる。

根が真面目だから 無視できない。

 

いいことなんだよね。

でも、

「疲れているから少しゆっくりしよう!」

というような日には その親切なご提案は 嬉しくない。

 

先週のこと、

「疲れているから、今日一日は 思いっきりぐだぐだしよう!」

とその日は、思っていて

いつもの調子で ごろごろとカウチポテトを決め込んでいると

ビビビッ、ビビビッと腕に振動が・・・。

 

「うるさいなあ、こいつ!」

と思いながらも、

「でも、動かなきゃ!」

と腰を上げる。

「しゃあない。トイレに行くとするか」

とか、トイレに行きたくないときは、コップに水を汲みに行くことに。

 

だったら 外せばいいだけなのだが・・・。

 

毎日の歩数が分かるのが楽しすぎるし

寝ている状態を心拍数から計測して目で分かるように表示してくれるし

自分の健康状態が 目に見える。

 

お風呂に入るときだけは 外して充電するが

それ以外は、24時間、つけっぱなし。

 

こんなに面白いものだとは思わなかった。

こんな小さな電子機器だが、なかなか優れもの。

楽しめる。

 

用事のない日など グダグダしっぱなしになってしまう私には

まさしく必需品。

 

動いたほうがいいってこと分かっていてもなかなかできないし

天邪鬼だから 人に言われても言うこと聞かないし。

 

でも、いくら楽しくっても 休めないのは困るから、

今度からゆっくりすると決めた日は

フィットビットを外して 充電すればいいかもなあ。

 

うん、そうしよう!

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

6ヶ月配信が無い?

  • 2018.04.07 Saturday
  • 22:02
先週のこと。
マグマグからお知らせが来た。
「6ヶ月配信がありません」

何のこと?

「アメリカ事情」というメルマガ(メールマガジン)の配信が
滞っているというお知らせだった。

最近、ブログの更新もちょっとサボり気味。
メルマガ配信は それ以上サボっていた。

マグマグ「アメリカ事情」↓
http://www.mag2.com/m/0000003425.html

前回の配信から あっという間に半年。。。

アメリカ事情を書き始めたのは、98年4月だった。
(同じ年の8月からととろ図書館も始めた)

最初は2週間に一度くらいの割合で配信した(ような気がする)。

95年から始まったアメリカ生活(異文化生活)は びっくりの連続で
それを家族に当てた手紙の要領で メルマガにまとめた。


最盛期にはマグマグ大賞の端っこの方に選ばれたこともある。
(2006年からブログ「アメリカ事情」を始めた)

大分前だが、読者の方から
「最初からの読者です」
というメールを頂き 大感激!
その一言は どんな褒め言葉より嬉しかった。

こんな自堕落な配信元だが、
今も そういう方がいてくれるだろうか?

というわけで、マグマグからのメルマガ配信は、今月で20周年。
20年かあ。
感慨深い。

とにかく、細く長く続けていこう!

マグマグが 配信ツールを使わせてくれる限り
これからも 続けるぞ!


遥かなるオーガスタ

  • 2018.04.06 Friday
  • 21:53
マスターズが始まった。

アメリカ名門コースの一つ、オーガスタナショナル カントリークラブでのゴルフトーナメント、
マスターズトーナメントが 木曜日から始まった。

毎年のことながら、難しいことで知られる有名なトーナメントだ。

普段からそれほど PGAゴルフトーナメントに興味がある
というわけではないのだが マスターズは 特別だ。

毎年 気になる。

その理由が 笑っちゃう!

聞いてくださいませ。

25年以上も前になる。
任天堂のファミコンに「遥かなるオーガスタ」というゲームがあった。

なぜかそのソフトが 我が家にあり スーパーマリオは 不器用な私には無理だったけれど
ゴルフゲームは 上手に出来た。

んなわけで、この難関コースを何度プレーしたことか!

ゲームの中で世界のプロたちと対戦し 何と優勝を獲得したこともある。

なんどもアンダーパーで周り 完璧に攻略した。

ファミコンの仮想世界だけど その時は、コースを完璧に覚えてしまった。

流石に 四半世紀が経ち その記憶もおぼろげになったが。。。

「遥かなるオーガスタ」
今年は 小平が 大活躍の予感。

今年のグリーンジャケットは誰が着るのだろう?





松山頑張れ!

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM